KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2013/11/19更新

Vol.012 Baby Kumon  

開発者に聞く!
Baby Kumonのヒミツ

2012年6月にリリースされた0-2歳の親子のためのBaby Kumon。Baby Kumonには、くもんが半世紀以上にわたって親子から学んできたことが凝縮されています。今回は、Baby Kumonの開発担当者に制作秘話を聞きました。

「お母さんに“楽しい!”と思ってもらえるものに」

Baby Kumon1号のやりとりぶっく
Baby Kumon1号のやりとりぶっく

0-2歳の子どもたちにとって、お母さん自身が楽しんでいて笑顔あふれる時間は、何よりも幸せな時間。そんな“親子の幸せな時間”のために、私たちはまず、「お母さんに楽しいと思ってもらうことが大切」と考えました。開発を通じてこだわり続けたのは、この点です。

例えば、Baby Kumonセットに入っている「やりとりぶっく」。Baby Kumon1号の「やりとりぶっく」は、“いないいないばあ”のあそびから始まり、食べ物や身近なものでまね遊びができる「ものあそび」、子どもが大好きなリズムのある言葉を使った「ことばあそび」と続きます。

あそびの順番について、机上の議論ではさまざまな意見が出ます。それでも最終的にこの順番でいこうと決めたのは、モニターで直接お母さんと子どもの様子を見て、「“いないいないばあ”はどの親子でも笑顔になってくれる」ことを確認したから。

このように、Baby Kumon1号~Advanced6号までの全18セットの随所に実際のお母さんの声、子どもの様子、親子のやりとりの様子を反映した工夫が盛り込まれています。

日々の思い出を楽しく残せる「れんらく帳」が大好評!

Baby Kumonの「れんらく帳」
Baby Kumonの「れんらく帳」

Baby Kumonセットの中でも「れんらく帳」はお母さんたちに大変好評です。1か月の親子のやりとりや気づいたことなどを記録するものなのですが、リリース前には“記録をとる”ということがお母さん方にとって負担になるのではないかという不安もありました。

しかし、ふたを開けみると、お母さん方は予想以上にこの「れんらく帳」を活用してくださっていました。お母さんは日々の何気ないわが子との楽しい思い出を残したいと思っていたのです。ただ、忙しい毎日の中でそれになかなか取り組めなかった。

Baby Kumonの「れんらく帳」が、日々の思い出を気軽に楽しく残したいというお母さんの願いにこたえられたことは、制作者として大変うれしく思っています。お母さんの愛情のこもった「れんらく帳」は、親子にとっての大切な宝物になります。

“母親の私も元気が出る!”Baby Kumonタイム

Baby Kumonでお母さん方が、歌や読み聞かせ、そして記録を上手に継続できるカギの一つが、くもんの先生の存在。毎月1回のBaby Kumonタイムでは、くもんの先生が一緒に子どもの成長を喜びます。

お母さんの日々のがんばりを、くもんの先生は見逃しません。お母さん方からは「毎月私も子どもも先生に会うのが楽しみで仕方ありません」「ほめたり励ましてもらったりして、母親の私も元気が出る」といった声が聞かれています。

Baby Kumonには、くもんが半世紀以上にわたって親子から学んできたことが凝縮されているのです。

<Baby Kumonとは>

「親子のきずなをはぐくみ、まなびの土台をつくる」をコンセプトに、歌と読み聞かせを中心とした親子のやりとりをご家庭で楽しんでいただくための「Baby Kumonセット」と、月に1回公文式教室でくもんの先生から親子のコミュニケーションについてのサポートを受けられる「Baby Kumonタイム」を組み合わせた、教育サービスです。

関連リンクBaby Kumon | 公文教育研究会

0・1・2歳の親子のためのKUMON
Baby Kumon
歌や読み聞かせなどの「ことばのやりとり」を通して親子のきずなを育み、伸びる子どもの土台をつくる。
詳細をみる

 

関連記事

KUMONグループの活動  2017/06/13更新

Vol.213 Baby Kumon 5周年

毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!

KUMONグループの活動  2016/07/05更新

Vol.160 Baby Kumonに新ラインアップが登場

2歳児の発達に寄り添って 「親子で一緒に」から 「自分一人で」に少しずつ挑戦! ~Baby Kumon Advanced 7~12号リリース~

KUMONグループの活動  2018/12/18更新

Vol.287 Baby Kumonが目指すもの

親子にちょうどよい 豊かな子育てを目指して

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!