KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2013/11/19更新

Vol.012 Baby Kumon  

開発者に聞く!
Baby Kumonのヒミツ

2012年6月にリリースされた0-2歳の親子のためのBaby Kumon。Baby Kumonには、くもんが半世紀以上にわたって親子から学んできたことが凝縮されています。今回は、Baby Kumonの開発担当者に制作秘話を聞きました。

「お母さんに“楽しい!”と思ってもらえるものに」

Baby Kumon1号のやりとりぶっく
Baby Kumon1号のやりとりぶっく

0-2歳の子どもたちにとって、お母さん自身が楽しんでいて笑顔あふれる時間は、何よりも幸せな時間。そんな“親子の幸せな時間”のために、私たちはまず、「お母さんに楽しいと思ってもらうことが大切」と考えました。開発を通じてこだわり続けたのは、この点です。

例えば、Baby Kumonセットに入っている「やりとりぶっく」。Baby Kumon1号の「やりとりぶっく」は、“いないいないばあ”のあそびから始まり、食べ物や身近なものでまね遊びができる「ものあそび」、子どもが大好きなリズムのある言葉を使った「ことばあそび」と続きます。

あそびの順番について、机上の議論ではさまざまな意見が出ます。それでも最終的にこの順番でいこうと決めたのは、モニターで直接お母さんと子どもの様子を見て、「“いないいないばあ”はどの親子でも笑顔になってくれる」ことを確認したから。

このように、Baby Kumon1号~Advanced6号までの全18セットの随所に実際のお母さんの声、子どもの様子、親子のやりとりの様子を反映した工夫が盛り込まれています。

日々の思い出を楽しく残せる「れんらく帳」が大好評!

Baby Kumonの「れんらく帳」
Baby Kumonの「れんらく帳」

Baby Kumonセットの中でも「れんらく帳」はお母さんたちに大変好評です。1か月の親子のやりとりや気づいたことなどを記録するものなのですが、リリース前には“記録をとる”ということがお母さん方にとって負担になるのではないかという不安もありました。

しかし、ふたを開けみると、お母さん方は予想以上にこの「れんらく帳」を活用してくださっていました。お母さんは日々の何気ないわが子との楽しい思い出を残したいと思っていたのです。ただ、忙しい毎日の中でそれになかなか取り組めなかった。

Baby Kumonの「れんらく帳」が、日々の思い出を気軽に楽しく残したいというお母さんの願いにこたえられたことは、制作者として大変うれしく思っています。お母さんの愛情のこもった「れんらく帳」は、親子にとっての大切な宝物になります。

“母親の私も元気が出る!”Baby Kumonタイム

Baby Kumonでお母さん方が、歌や読み聞かせ、そして記録を上手に継続できるカギの一つが、くもんの先生の存在。毎月1回のBaby Kumonタイムでは、くもんの先生が一緒に子どもの成長を喜びます。

お母さんの日々のがんばりを、くもんの先生は見逃しません。お母さん方からは「毎月私も子どもも先生に会うのが楽しみで仕方ありません」「ほめたり励ましてもらったりして、母親の私も元気が出る」といった声が聞かれています。

Baby Kumonには、くもんが半世紀以上にわたって親子から学んできたことが凝縮されているのです。

<Baby Kumonとは>

「親子のきずなをはぐくみ、まなびの土台をつくる」をコンセプトに、歌と読み聞かせを中心とした親子のやりとりをご家庭で楽しんでいただくための「Baby Kumonセット」と、月に1回公文式教室でくもんの先生から親子のコミュニケーションについてのサポートを受けられる「Baby Kumonタイム」を組み合わせた、教育サービスです。

関連リンクBaby Kumon | 公文教育研究会

0・1・2歳の親子のためのKUMON
Baby Kumon
歌や読み聞かせなどの「ことばのやりとり」を通して親子のきずなを育み、伸びる子どもの土台をつくる。
詳細をみる

 

関連記事

KUMONグループの活動  2017/06/13更新

Vol.213 Baby Kumon 5周年

毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!

KUMONグループの活動  2016/07/05更新

Vol.160 Baby Kumonに新ラインアップが登場

2歳児の発達に寄り添って 「親子で一緒に」から 「自分一人で」に少しずつ挑戦! ~Baby Kumon Advanced 7~12号リリース~

KUMONグループの活動  2018/12/18更新

Vol.287 Baby Kumonが目指すもの

親子にちょうどよい 豊かな子育てを目指して

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!