スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/02/24更新

Vol.041

宇宙飛行士 山崎直子さん  後編

興味を温めていれば
やがて道はつながる
自分がいる今を大切に歩もう

山崎 直子 (やまざき なおこ)

千葉県生まれ。1993年東京大学工学部航空学科卒業。1996年同大学航空宇宙工学専攻修士課程修了後、宇宙開発事業団(NASDA、現JAXA)に勤務し、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」のシステム・インテグレーション(開発業務)に従事。1999年2月、ISSに搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者に選定され、2010年4月、スペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗。著書に『夢をつなぐ 宇宙飛行士・山崎直子の四〇八八日』(角川書店)、『宇宙飛行士になる勉強法』(中央公論社)など。

ロマンと謎に満ち、人々を魅了する宇宙。その宇宙で、日本人2人目の女性宇宙飛行士として任務を果たしてきた山崎直子さん。夢に向かって努力を重ね、宇宙飛行士候補者に選ばれましたが、搭乗まで11年を費やしました。その間に結婚・出産されるなど、働く母としての苦労や重圧もあったはず。それをどう乗り越え、夢を実現させてきたのでしょうか。

大切なことは、どの道を選ぶかよりも
選んだ道をどう歩んでいくか

宇宙飛行士 山崎直子さん
打ち上げ・帰還時訓練(C)JAXA/NASA

宇宙での仕事は、さまざまなミッションを同時並行にやらねばならないので、案外と女性向きかもしれません。しかし、歴代500人強いる宇宙飛行士のうち、女性はたった1割。そもそも宇宙飛行士候補の応募段階で男女比は9:1です。もっとたくさんの女性が興味を持って応募してくれれば、その比率も変わってくると思います。長期間の訓練はありますが、私もJAXAで育児休暇を取得しましたし、制度的には整ってきています。あとはいかに柔軟に運用していくかでしょう。

仕事と家庭の両立は、今でも試行錯誤の連続です。私は、常に100%を目指すのではなく、その時々の状況に応じてバランスをとるように心がけてきました。また、一人ではすべてをできないので、周りとのコミュニケーションや、感謝の気持ちも欠かせません。近くを見ると波に酔ってしまいますが、遠くの地平線を見ると酔いにくくなります。仕事と家庭で悩む女性には、ぜひ長い目で人生をとらえてくださいと伝えたいですね。

また、子どもたちに伝えたいのは、インターネットが発達しているからこそ、自分の体験を大切にしてほしいということです。いま情報はたくさんあって、情報を手にしただけでわかったような気になってしまいがちですが、世の中まだまだわからないことだらけ。自分の手足を使って、「嬉しかった」「悲しかった」など、いろいろな感情を芽生えさせて、体験を積んでいってほしいと思います。

私自身、現在14歳と5歳の娘がいますが、それぞれの個性の良いところを伸ばしてあげたいと思っています。ある程度の年齢になれば、親ができることは見守ることくらい。私は今でも夜には必ず「生まれてきてくれてありがとう」と娘たちに言っています。親に愛されているという安心感を基盤にして、子どもたちには自立していってほしいと思っています。

また、夢や目標は決してひとつである必要はないと思います。とはいえ、進路などひとつに決めなくてはならないときは悩みます。でも大切なのは、どの道を選ぶかよりも、選んだ道をどう歩いていくか、ではないでしょうか。ある道を選んだことで一度は離れてしまったように感じることがあっても、しばらくしてから離れてしまったと感じたことが案外つながってくることもあるからです。

私もかつては学校の先生になりたいと思っていましたが、今、宇宙教育を教える立場にいて、こういう形で「先生」をしていることを感慨深く思います。ですから、思い通りにならなかったり、遠回りになっても大丈夫。自分の興味にアンテナを張りながら、自分のペースで、今歩いている自分の道を大切にしてください。

 

関連リンク
山崎直子さんTwitter
日本ロケット協会
※山崎直子さんは日本ロケット協会の理事を務められています。


 

宇宙飛行士 山崎直子さん  

前編のインタビューから

-現在山崎さんが力を入れていることとは?
-山崎さんの子ども時代
-宇宙開発に携わりたいと思うようになったきっけかけとは?

 
関連記事

2017/02/17更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2017/12/26更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.420
英語最終教材修了された野菜ソムリエプロ・
緒方湊さんが語る学び続ける大切さ
好きなことを探求する先に出合う無限の可能性
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.082 後編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.082 前編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!