スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/02/17更新

Vol.041

宇宙飛行士 山崎直子さん  前編

興味を温めていれば
やがて道はつながる
自分がいる今を大切に歩もう

山崎 直子 (やまざき なおこ)

千葉県生まれ。1993年東京大学工学部航空学科卒業。1996年同大学航空宇宙工学専攻修士課程修了後、宇宙開発事業団(NASDA、現JAXA)に勤務し、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」のシステム・インテグレーション(開発業務)に従事。1999年2月、ISSに搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者に選定され、2010年4月、スペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗。著書に『夢をつなぐ 宇宙飛行士・山崎直子の四〇八八日』(角川書店)、『宇宙飛行士になる勉強法』(中央公論社)など。

ロマンと謎に満ち、人々を魅了する宇宙。その宇宙で、日本人2人目の女性宇宙飛行士として任務を果たしてきた山崎直子さん。夢に向かって努力を重ね、宇宙飛行士候補者に選ばれましたが、搭乗まで11年を費やしました。その間に結婚・出産されるなど、働く母としての苦労や重圧もあったはず。それをどう乗り越え、夢を実現させてきたのでしょうか。

宇宙に関心をもつようになったのは小2のとき
「星を見る会」に参加したことがきっかけ

宇宙飛行士 山崎直子さん

現在私は、内閣府宇宙政策委員会の委員として、宇宙開発利用に関する政策の企画立案などに携わっているほか、宇宙のことをさまざまな世代に知ってもらう「宇宙教育」の普及に力を入れています。

子どもたちが宇宙のこと、地球やいのちの大切さを学ぶ「日本宇宙少年団(YAC)」という団体でアドバイザーを務めたり、理事を務める「日本ロケット協会」では、航空宇宙分野に携わる女性たちと「宙女(そらじょ)」というネットワークをつくり、その委員長として勉強会やワークショップ、イベントなどを行ったりしています。大学の客員教授として学生に宇宙について講義したり、自治体から招かれて各地で宇宙に関する講演もしています。

宇宙開発はもちろん、宇宙船もどんどん進化しています。船内ではインターネットが使えますし、空き時間には家族や友人とIPフォンを使って電話ができます。長期滞在の宇宙飛行士の中には、テレビ電話越しに子どもの宿題を見ていたりすることもあるほど。開発が進めば、そんなふうに日常生活の延長のように、誰もが宇宙に旅立つ時代がきっとやってくるでしょう。そのためにも、多くの人に宇宙の素晴らしさを伝えたい、もっと宇宙に関心を持つ人が増えてくれたら、と考え、さまざまな活動を続けています。

私は千葉県松戸市で生まれ、幼稚園から小学2年生までは、自衛官だった父の転勤で札幌で暮らしました。北海道は星がきれいでしたね。札幌も松戸も当時はのどかで、子ども時代はのんびりと過ごしていました。

宇宙に関心をもつようになったのは、小学2年生のとき、「星を見る会」に参加したことがきっかけかもしれません。望遠鏡で月のクレーターと土星の輪がくっきり見えたのです。そのときには「宇宙を目指そう」とまでは思いませんでしたが、「宇宙ってすごいな、おもしろそうだな」と感動しました。自分の目で見たり、体験したりしたことは、印象に残りやすいのかもしれません。

その後再び松戸に戻ると、ちょうど近所にプラネタリウムができたんです。季節ごとに星座の話があり、よく聞きに行きました。『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』など、宇宙を描いたアニメも好きでしたし、そうしたことが重なって少しずつ宇宙に興味が出てきたのだと思います。

山崎さんの子ども時代とは?

関連記事

2017/02/24更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.432
「第10回 日本医師会 赤ひげ大賞」功労賞に
田仲みすず先生
高齢者がいくつになっても 生きがいを持てる 質の高い生活を支える認知症サポート医 ~学習療法・脳の健康教室を活かした14年間の功績~
Vol.431
公文書写-夫婦で長く続けることが目標
夫婦で楽しく学べる書写は、 二人と町をつなぐ糸 ~ゆっくり丁寧に、 優しい気持ちで続けていきたい~
Vol.430
浮世絵に描かれた江戸時代のくらし
「雪のあした」
お正月の井戸端の様子を描いた 「雪のあした」 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
Vol.429
KUMONの各事業トピックス2021
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2021年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.085 後編
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
Vol.085 前編
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
Vol.084
劇団四季 俳優
金子進太郎さん
奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい
Vol.083
映画監督
大川史織さん
「楽しい」を真ん中に やりたいことを全力で続けていれば 出会いを手繰り寄せられる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!