スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/09/20更新

Vol.024

早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生  前編

学びは本来わくわくする楽しいもの
「知りたい!」という欲求
「食べたい!」と同じ
人間の根源的欲求

井上 達彦 (いのうえ たつひこ)

1968年兵庫県生まれ。1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、経営学博士。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教、早稲田大学商学部助教授などを経て、2008年より現職。独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニアフェローなどを歴任。おもな著書に『模倣の経営学』『ブラックスワンの経営学』(いずれも日経BP社)など。

アメリカのように、日本でも「起業」を目指す若者がもっと増えてほしい――そんな思いで大学生に「実践の経営学」を教える井上達彦先生。さまざまな企業の事例研究を通じて、「模倣」がイノベーションを生み出すことを論じ、関連書籍も多数出されています。その着眼点や、アメリカで身につけた体系的なまとめ方は、研究者だけでなく実業界の方々からも注目されています。理論ではなく「実践の経営学」に興味をもったきっかけなどを、生い立ちを振り返っていただきつつ、うかがいました。

心理学者の母について大学のゼミへ「大学ってこんなに楽しいのか!」と理想を描く

早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生

でもぼくは、小さいころから経営学の研究者になりたかったわけではありません。そもそも「何になりたい」というのは、あまりなかったですね。ただ、父は社会学者で母は心理学者。その影響は受けているかもしれません。

とくに母が関係する大学のゼミには、幼いぼくもよく連れて行ってもらい、そこで「ゼミって楽しそう」と感じたことを覚えています。毎日のようにゼミ生が集まって、論文を輪読したり社会調査のアンケートを検討したり、ワイワイと議論していて、すごく魅力的に見えました。母のおかげで、「大学とはこんなに楽しく、いきいきとしたものなのか」と印象づけられましたね。

母については、こんな思い出もあります。共働きでカギっ子だったぼくは、あるとき、カギを忘れてしまい、何時間も家の前で待っていました。母はなかなか帰ってこないので、事故にでも遭ったのかと心配していたら、帰ってきたとたん、「自分のことは自分で守らなきゃあかんやろ。なんでカギ忘れるんや!」と怒られて。ぼくは「さびしかったやろ」とか慰められると思っていたのですが……。そんなふうに自立を促すような親でもありました。

子どものころは、鉄道模型にはまったり、キャンプをしたり、魚釣りをしたり。のびのびと過ごし、いろんなことに熱中していました。夏休みは姫路の父の実家にずっといて、自然の中で自分で工夫して遊んでいたのが、「考える力」を養うことになったように思います。いたずらもよくして、怒られましたね。でも、「学習のサイクル」で考えると、「いたずら心」があることは大事なのだと、後に知りました。失敗して怒られると、なぜ失敗したかを振り返ったり、怒られないように工夫したりするからです。だから、いい経験をしたのだと思います(笑)。

 

いろいろと考えてたどりついた進路だったのに…?

関連記事

2015/09/25更新

Vol.024 早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生

学びは本来わくわくする楽しいもの「知りたい!」という知の欲求は「食べたい!」と同じ人間の根源的な欲求

KUMONグループの活動  2018/09/18更新

Vol.273 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生

経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」

2015/02/06更新

Vol.017 多摩大学大学院名誉教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生

自己肯定感を心に抱き 「いまを生き切る」ことで 人間の可能性は花開く

2017/03/31更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2018/04/27更新

Vol.048 書写書道教育研究者
宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.457
つくってみよう!遊べる浮世絵
くもん子ども浮世絵コレクションの 「おもちゃ絵」を 実際につくって、遊んで、楽しみましょう!
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 後編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!