KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/09/18更新

Vol.273

KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生  

経営学の専門家・井上達彦先生が語る
模倣できない公文式「究極の学びの場」

KUMONは2018年、創立60周年を迎えました。KUMONを知る識者の方々に、それぞれのご専門の観点からKUMONについてうかがっていくスペシャルコンテンツ。第3弾となる今回は、早稲田大学商学学術院教授・井上達彦先生です。KUMONが持つ優位性について、経営学の観点から紐解いていただきました。

KUMONを研究する中で「あり得ない!」場面に何度も遭遇した

Q.井上先生がKUMONにご注目されたきっかけについて教えていただけますか。

私は自身の研究として、「模倣」と「イノベーション」の関係性を解き明かそうと、企業の事例研究を続けてきました。KUMONに関心を持ったのは、ライバル他社から真似できないような、独自の仕組みを築いておられるからです。

そもそも、教育サービス業はグローバル化が難しいと言われています。その原因のひとつに、サービス業自体に標準化がなかなか進まない難しさがあるという点が挙げられます。もうひとつは、教育は文化や社会制度に根付いているために海外展開が難しいという点です。しかし、KUMONは50の国と地域で学ばれています。それがなぜなのか、不思議で仕方がありませんでした。もともとKUMONがユニークだということは聞いていたので、一体その秘密は何かということで、事例研究の一社として興味を持ちました。

KUMONが模倣できない秘密は、「ソリューション」と「コミュニティ」に隠されている

Q.なぜ、KUMONは模倣できそうで模倣できない仕組みになっているのでしょうか?

KUMONの方々にはいろいろな現場に案内いただきましたが、教室見学や指導者の学びの場など、私にとっては「あり得ない!」と感じるような場面にいくつも遭遇しました。特に、フランチャイズの教室の指導者同士が熱心に話し合って、自分たちのメソッドを切磋琢磨しているという点には驚きました。ライバル他社がなかなか模倣できないKUMONの独自の仕組みを簡単に説明すると、「標準化された教材を軸に、自学自習とちょうどの学習を実現するために指導者と事務局がネットワークを作っている」と言えると思います。

かつて、外部の方がKUMONを模倣しようと、教材をコピーしたり、同じような教材を作るなど、試みた例があったとうかがいました。ところがどこもうまくできない。単純に考えると、教材自体は真似して同じようなものを作れるのかもしれません。しかし、KUMONの強みは教材だけではないのです。経営学では「ソリューション」と言うのですが、教材を誰に、どのタイミングで、どういう風に渡すかというこの「教材の渡し方」にノウハウが隠されているのです。指導者は、学習者がKUMONで学び始めたばかりの頃にはやや簡単な教材を渡して勢いをもたせたり、徐々にちょっと背伸びをするような難易度の教材を渡したりと、一人ひとりの「ちょうど」がどこにあるかを見極めているといいます。また、その子の教材を解く様子や家庭の状況、その日の気分やモチベーションなど……指導者はそれらも勘案して、その日の教材を渡しているともうかがいました。しかし、「これがどうしてどの教室でも実現できるのだろう?」というのは不思議で仕方ありませんでした。

研究を進めていくと、それを実現しているのは、小集団ゼミ活動や自主研究会という学びの場にあることがわかりました。指導者が同じ教材で、同じ目的を持って、子どもたちのために、お互いのノウハウや悩み、そのための解決策や意見を言い合って切磋琢磨している。そういうコミュニティがあるから、「ちょうどの学習」を各教室で実現できることがわかりました。このようなことは、なかなか他にはできないというか、世界中を探してもないと思います。

Q.KUMONが持つ可能性について先生のお考えをきかせていただけますか?
KUMONには、教室でなければ与えられない価値があると思っています。教室だからこそ、その場でその脈絡で子どもをほめることができる。それに対して子どもが喜ぶというこの瞬間ですね。公文式の教材、教室、指導者という3つがそろうからこそ、それが可能になるのだと思います。これから教育のICT化で、人々の学びはどんどん進化していくでしょう。KUMONには標準化されたスモールステップの教材がある。そして、それを決して教える形ではなく自分で気づかせる形で、「ちょうど」のタイミングで渡す。これを磨いていく中で、ICTではできない部分をKUMONは開拓していかれるのではないかと感じています。

Q.KUMONに関わる全ての方々に向けて、先生からメッセージをいただけますか?
日本の教育を良くしていただきたいですね。児童期という多感な時期に、のびのびと、そして自信を持って自学自習していくという習慣をつける。本当に基礎の部分が、その後の一生を大きく左右するという実感を持っています。そういう意味で、世界の学びをよりよくするということにぜひ今後も取り組んでいただきたいと思います。

関連リンク
早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生|KUMON now! スペシャルインタビュー
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)片平秀貴さん|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2)田島信元先生|KUMON now! トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4)伊藤健先生|KUMON now!トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)千葉杲弘先生|KUMON now!トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6)多賀幹子さん|KUMON now!トピックス

関連記事

KUMONグループの活動  2018/11/13更新

Vol.281 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)
千葉杲弘先生

ユネスコで要職を歴任した千葉杲弘先生が語る 世界の未来と呼応するKUMONの活動

KUMONグループの活動  2018/12/11更新

Vol.285 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん

ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄

KUMONグループの活動  2018/10/09更新

Vol.276 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生

社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業

KUMONグループの活動  2018/07/31更新

Vol.267 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん

ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?

KUMONグループの活動  2018/08/21更新

Vol.270 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2) 田島信元先生

発達心理学者・田島信元先生が語る 公文式学習は「自己効力感」の積み重ね

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!