スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/09/20更新

Vol.024 早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生  前編

学びは本来わくわくする楽しいもの
「知りたい!」という欲求
「食べたい!」と同じ
人間の根源的欲求

井上 達彦 (いのうえ たつひこ)
1968年兵庫県生まれ。1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、経営学博士。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教、早稲田大学商学部助教授などを経て、2008年より現職。独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニアフェローなどを歴任。おもな著書に『模倣の経営学』『ブラックスワンの経営学』(いずれも日経BP社)など。

アメリカのように、日本でも「起業」を目指す若者がもっと増えてほしい――そんな思いで大学生に「実践の経営学」を教える井上達彦先生。さまざまな企業の事例研究を通じて、「模倣」がイノベーションを生み出すことを論じ、関連書籍も多数出されています。その着眼点や、アメリカで身につけた体系的なまとめ方は、研究者だけでなく実業界の方々からも注目されています。理論ではなく「実践の経営学」に興味をもったきっかけなどを、生い立ちを振り返っていただきつつ、うかがいました。

「商い」は問題解決の手段起業を目指すような学生を育てたい

たとえば新幹線500系の先頭の形状は、カワセミのくちばしを模倣しています。これはトンネル進入時の騒音問題を解決するため、自然界からヒントを得たものです。このように自然界や異業種、あるいは過去など、「遠い世界では当たり前だけど、自分の世界に持ち込むと新しいものになる」というのが「模倣」の大原則です。

模倣というと、否定的なイメージがありますが、イノベーションを生み出した企業の多くは、模倣をうまく取り入れています。ぼくは反面教師も模倣だと思います。たとえば、バングラデシュで貧しい人たちへの少額融資(マイクロファイナンス)を成功させたグラミン銀行も、既存の銀行と逆のことをして成功しました。また、KUMONのように「模倣できそうでできない」会社もあります。このように、ぼくは模倣とイノベーションの関係性を解き明かそうと、企業の事例研究を続けています。

大学のゼミでは「ビジネスモデルと競争戦略」をテーマに学生と向き合っています。「ビジネスモデル」とは、要は「価値を創造するしくみ」です。どのようなしくみがあれば、社会の役に立つことができるか。お客さまの声に耳を傾けたり、お手本となるモデルを探したりして「事業をデザインする」方法について学んでいます。日本では商いというと、「金儲け」のイメージが強いかもしれませんが、民間企業には政府やNPOでは解決できない社会問題を解決する力もあります。

ただ、事業は継続していくことが大事で、良いものをつくるしくみができている会社でも、突然倒産してしまったら、利用者は困ります。そうならないよう継続的に収益を上げ続けることが必要です。ぼくのゼミでは、そうした「事業継続できるビジネスモデルを考えられる人」、もっと言えば、「起業を目指す人」を育てたいと考えています。新しく会社ができて新陳代謝が起きれば、経済は成長するからです。ヒトの細胞と同じで、死んでいく細胞のスピードが、新しい細胞が生まれるスピードを上回ると、老化現象が起きてしまいます。経済の成長は将来の雇用にも関わりますから、ビジネスの老化は死活問題なのです。

「考える力」を養った子ども時代の経験とは?

関連記事

2015/09/25更新

Vol.024 早稲田大学商学学術院教授 井上達彦先生

学びは本来わくわくする楽しいもの「知りたい!」という知の欲求は「食べたい!」と同じ人間の根源的な欲求

KUMONグループの活動  2018/09/18更新

Vol.273 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生

経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」

バックナンバー

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!