スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/08/23更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん  前編

「なりたいこと」「欲しいもの」
ために 叶うまで努力をする
「できる」喜びが未来を拓く

浮ヶ谷孝夫 (うきがや たかお)
1953年埼玉県川口市生まれ。1978年に渡独してベルリン芸術大学指揮科のヘルベルト・アーレンドルフ教授に師事。1986年にはポメラニアン・フィル(ポーランド)のドイツ演奏旅行の指揮者に抜擢され、欧州でデビューを果たす。その後は欧州のさまざまな交響楽団の客演を経て、2003年にはブランデンブルク国立管弦楽団フランクフルトの首席客演指揮者に就任。現在はドイツ在住。夫人はフルート奏者の浮ヶ谷順子さん。

ドイツのブランデンブルク国立管弦楽団の首席客演指揮者であり、現在は日本の交響楽団にも招聘され、多くのファンを持つ指揮者、浮ヶ谷孝夫さん。鋳物職人の一家に生まれ、音楽とは縁遠い環境ながら、「指揮者になりたい」という夢を一途に追い、それを叶えられました。コネもなく経済的にも厳しい逆境から、どのように夢を実現したのか。音楽、そして無限の可能性を持つ子どもたちへの熱い思いをうかがいました。

与えられた指揮者デビューの舞台緊張を解いたのは妻の言葉

ベルリンの学校で学んだ後、国際コンクールでの受賞はありましたが、仕事はなかなかありませんでした。留学して8年目、妻と「そろそろ(帰国の)潮時かな……」と話すこともありました。あるとき、知り合いの紹介でブダペストフィルのメンバーによる、アンサンブルのCD録音の指揮を代理で務めました。そして、その録音を見ていたコンサートエージェンシーから電話がかかってきたんです。フィルハモニア・ポランスカというポーランドのオーケストラの、ドイツ公演の指揮をお願いしたい、という依頼でした。

ポーランドにリハーサルに出かけたのですが、指揮には自信があったものの、それまでプロのオーケストラの指揮経験はほとんどなく、気持ち悪くなるほど緊張してしまいました。練習が始まってもガチガチで、しっぽを巻いて逃げだそうかと思ったほどでした。休憩時間に妻が、「力を抜いて、タコみたいにぐにゃぐにゃになってみたら?」と言ってくれて、それが効きました(笑)。力を抜いたら、自由に動けてオーケストラが思い通りに動かせるようになり、コンサートも大成功。終了後にオーケストラの団長から、「正式にうちの指揮者になっていただきたい」と依頼されたのです。

それからは幸いとんとん拍子で指揮者の仕事がまわりはじめました。ちょうど当時はLP盤レコードからCDへの過渡期ということもあって、レコード会社からたくさん録音のお仕事をいただいたのです。そしてそれが幸いにも、フランスやアメリカの音楽誌でその年のベスト・ディスクに選ばれるようなことが続きました。

もともと日本を出て30年はドイツで頑張ろうと思っていましたが、30年が経った5年前からは、NHK交響楽団や新日本フィルハーモニー交響楽団など、日本の主要な楽団とも仕事をするようになりました。歴史的建造物の保存を支援するためのチャリティコンサートという東京都のプロジェクトに関わったり、ドイツの演奏家たちを来日させて愛知県豊橋市の中高生350人に教えるオーケストラキャンプで音楽監督をしたり、最近は日本での仕事も増えてきています。


 

後編のインタビューから
-チャンスをつかむのに大切なのは「できるまでやること」と「願うこと」
-浮ヶ谷さんが考える「いくらあっても荷物にならないモノ」とは?
-「圧倒的な感動」を与えられる指揮者になりたい

後編をよむ

関連記事

2015/08/28更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!