スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/08/23更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん  前編

「なりたいこと」「欲しいもの」
ために 叶うまで努力をする
「できる」喜びが未来を拓く

浮ヶ谷孝夫 (うきがや たかお)
1953年埼玉県川口市生まれ。1978年に渡独してベルリン芸術大学指揮科のヘルベルト・アーレンドルフ教授に師事。1986年にはポメラニアン・フィル(ポーランド)のドイツ演奏旅行の指揮者に抜擢され、欧州でデビューを果たす。その後は欧州のさまざまな交響楽団の客演を経て、2003年にはブランデンブルク国立管弦楽団フランクフルトの首席客演指揮者に就任。現在はドイツ在住。夫人はフルート奏者の浮ヶ谷順子さん。

ドイツのブランデンブルク国立管弦楽団の首席客演指揮者であり、現在は日本の交響楽団にも招聘され、多くのファンを持つ指揮者、浮ヶ谷孝夫さん。鋳物職人の一家に生まれ、音楽とは縁遠い環境ながら、「指揮者になりたい」という夢を一途に追い、それを叶えられました。コネもなく経済的にも厳しい逆境から、どのように夢を実現したのか。音楽、そして無限の可能性を持つ子どもたちへの熱い思いをうかがいました。

夢の熱さと人一倍の努力で自らチャンスを引き寄せる

しかし音楽のレッスンを受けるような余裕は我が家にはなく、しばらくは独学で音楽を勉強していました。それが、高校生のときに入ったジュニアオーケストラの先生に「君は指揮者になりなさい」と言われ、「月に1,000円だけ持ってきなさい」と形だけのレッスン代で、毎週その先生に1回3時間くらいレッスンをしていただけるようになりました。

高校3年生のときには、高校の合唱部で、モスクワで行なわれた教育音楽フェスティバル(ISME)に参加しました。そこで国立モスクワ音楽院学長であった世界的作曲家カヴァレフスキー教授から彼の指輪を与えられ、「奨学金も住むところも与えるから、ここで学ばないか?」とおっしゃっていただきました。とても嬉しかったけれど、通訳をしてくださった方のアドバイスもあって、モスクワでのお話は辞退して、ドイツ留学を目指すことにしました。音楽の本場で自分が通用するかチャレンジしたかったし、日本で音楽を学ぶのはお金がかかりますが、ドイツの学校は入学さえできれば授業料はタダ、というのも魅力だったんです。

フルート奏者の妻と結婚をしたのち、20代でドイツに渡る決心をしました。現地では師事したい教授がいて、まっさきにその方を訪ねました。紹介状を書いていただいて、話が通っていると思っていたのに、それがまったくの勘違いで……。「キミはいったい誰だ?」という状況でした(苦笑)。

でもドイツに渡ってきた以上、なんとかその方のもとで勉強したい。彼はたくさんのレッスン希望者が順番を待っているような大変高名な先生でしたが、私は教授が振り切ろうとするのも無視して、1~2時間は粘ったんじゃないかな。ついに教授が根負けをして、「わかった、次のレッスンに聴講生としてなら来てもいいよ」ということになりました。

そして聴講生としてやってきたそのレッスンで、たまたまひとりの正受講生が病欠をしたんです。先生から「タカオ、ちょっと指揮をしてみるか?」と声をかけていただきました。私は勉強してきた楽譜を積み上げて、「どの曲でも振ることができます!」とアピールし、指揮をしました。その結果、「キミの実力は認めるから、改めて受験してみなさい」ということになり、先生のもとで学ぶことができるようになったのです。

指揮者デビューの舞台、緊張を解いた妻の言葉とは?

関連記事

2015/08/28更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!