スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2013/09/27更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生  後編

人間は学び続ける存在
「自分が向上した」という
自覚がもてる学びを

藤永保 (ふじなが たもつ)
1926年山口県生まれ。東京大学文学部心理学科卒業。
現在、お茶の水女子大学名誉教授、NPO法人保育:子育てアドバイザー協会理事長

人の心がどう変化・成長していくのかを解明する、発達心理学。その第一人者・藤永保先生に、発達心理学が今の世の中にどう生かされているか、またご自身の学びを究めてきた道のりについてうかがいました。

*藤永保先生は2016年1月21日にご逝去されました。故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

子どもの成長のカギはどこにあるのか、それを解明するのが発達心理学

大学院に入って心理学を学びなおすことにした私は、子どもの思考や認識がどう発達していくかを研究することにしました。たとえば、2歳くらいであれば、色の名前ははっきりわからないけれど、大人にとっては何でもない色の名前がどうして幼児には難しいのか、といった研究です。

当時、子どもは大人と違うのだから、色の名前がわからないのは当たり前、という考え方が支配的でした。しかし私は、もちろん子どもの発達には独自の特徴があるけれども、それは発達の過程でいろいろな条件に促されてしだいに変わっていくものだと考えたのです。

実は、私が心理学を学び始めたころは、「発達心理学」という分野はありませんでした。当時は、児童期や青年期というように年齢で区切り、発達というのは青年期までで終わり、それ以降は安定期になるという考えでした。

「人間はいくつになっても変化・成長し続けていくもの」との考えが出てきて、発達心理学という言葉がしきりに使われるようになったのは、ここ30~40年くらいのことでしょう。

「発達心理学」を英語で表すと、developmental psychologyです。西洋文化の中では「遺伝」や「素質」が子どものなかにあらかじめ固定されていて、加齢にともない表に出てくる過程がdevelopmentなのだと考えられていました。しかし日本や中国など東洋では、「子どもの成長は教育の力や文化によるものであり、能力や素質よりも努力が大事」という儒教主義の考え方が昔から強くありました。

西洋的な概念で遺伝や素質を強調しすぎるのも偏りですが、日本や中国でのように、「子どもがもっている能力や素質とは別に、頑張りさえすれば何とでもなる」という見方にも、これはこれで別の偏りがあります。

両方のバランスの上に正しい解決の処方があると思いますし、これらの考えをうまく重ね合わせることで、「子どもの成長のカギは本当はどこにあるのか」が、わかるのではないでしょうか。それを解明していこうというのが、発達心理学ともいえます。

子どもにとっていちばん重要な発達環境とは?

関連記事

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

2014/10/02更新

Vol.013 年間ハイライト

人との関わり、師との出会い、紆余曲折、探求への目覚め、そして学びを究める

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2014/03/28更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.375
受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!
日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!
Vol.374
感染対策の中での学習療法
こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~
Vol.373
浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」
神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~
Vol.372
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!