OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2022/04/01更新

Vol.087

ピアニスト
中川優芽花さん  後編

まずは行動して失敗して学ぶプロセスは
音楽にも勉強にも大切なもの
失敗しても、すべての経験は力になる

中川 優芽花 (なかがわ ゆめか)

2001年ドイツ・デュッセルドルフ市生まれ。日本人学校を経て小学3年生から現地校へ編入。4歳でピアノを習いはじめ、10歳となった2012年から18年まで学校の勉強と平行してデュッセルドルフ市のロベルト・シューマン音楽大学のジュニアコースで学ぶ。高校時代にはイギリスで最も古い専門音楽学校The Purcell School for Young musicianに留学。現在はドイツのフランツ・リスト・ワイマール音楽大学在学中。2022年3月には日本でソロリサイタルを開催。

若手ピアニストの登竜門として知られるクララ・ハスキル国際ピアノコンクールにおいて、19歳で見事優勝された中川優芽花さん。「ここまでこられたのは、周囲の方々のおかげ」と感謝の気持ちをのべる中川さんは、ドイツで生まれ育ち、学校やピアノのレッスンに加え現地の公文式教室にも通われました。そこで身につけた集中力や理解力は、現在にも活かされているそうです。現在住んでいるワイマールの街が大好きという中川さんに、ピアニストを目指すまでの道のりのほか、街の魅力やドイツでの日常生活など幅広くうかがいました。

自信を失い「ピアノをやめよう」と思ったことも

ピアニスト 中川優芽花様さんワイマールの街中で(カール・アウグストの騎馬像)

ドイツの教育制度は日本とは少し異なります。小学4年生から5年生になる10歳くらいの早い時期に自分の道を決めるのです。ドイツの小学校は実際には4年生までしかなく、小学5年生から先は、5種類ほどの進学の道があり、そこから選択します。私はギムナジウムという8年制の中・高等学校一貫コースに進学しました。だいたい大学を目指す人が通うコースで、日本でいえば小学5年生から高校3年生までが同じ学校に通学しているイメージです。

ギムナジウムに進むのと同じ10歳の頃、ロベルト・シューマン音楽大学のジュニアコースに合格し、2週間に1回週末に音楽理論と歴史の授業を受けに通い、それ以外にも週に1度師事している教授からレッスンを受けられました。その時期からコンサートで演奏させてもらえる機会も増えていき、ピアノは私にとって一段階上の存在になりました。ピアノは楽しいけれど、あくまでも趣味という位置づけから、プロへの道を考えるようになっていったのです。

そうして学業とピアノを並行していたのですが、15歳の夏、「もうピアノはやめよう」と思ったことがありました。同じ年代の子と自分を比べてしまって、自分に自信がなくなってしまったのです。趣味のレベルではなくなってから、世界的なコンクールに触れる機会が多くなり、そこで受賞する子たちをみて、「自分はここまでの才能はないのでは」と感じてしまいました。ピアニストではなく、普通の職についたほうがいいかもしれない、と考えることもありました。

その思いが変わったのは、あるアカデミーの合宿レッスンでピアニストの海老彰子さんに話しかけられたことがきっかけでした。「やめようかな」と思う前に予約していたため、迷う気持ちの中参加した合宿レッスンでした。そこで私が演奏するピアノを聴いてくださった海老さんから演奏後に話しかけられ、「がんばってね」と言ってもらえたのです。それがうれしくて、「自分はそこまでダメではないのかも」と勇気をもらいました。海老さんから掛けられた一言で気持ちが前向きになり、「自分はピアノを続ける」と決心がつきました。

「立体的に」演奏するとは?

関連記事

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2014/05/09更新

Vol.009 ピアニスト 河村尚子さん

世界中の人々と音楽の喜びを共有しながら自分自身も成長を続けていきたい

2014/05/16更新

Vol.009 ピアニスト 河村尚子さん

世界中の人々と音楽の喜びを共有しながら自分自身も成長を続けていきたい

2020/09/18更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2021/10/22更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!