OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/08/06更新

Vol.080

ライター/翻訳者
堀越英美さん  前編

「正しい母」でなくてもいい
自分も子どもも縛らずに
「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

堀越 英美 (ほりこし ひでみ)

神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社、IT系企業勤務を経てライターに。二児の母。主な著書は『モヤモヤしている女の子のための読書案内』『不道徳お母さん講座』(河出書房新社)『女の子は本当にピンクが好きなのか』(河出文庫)『スゴ母列伝』(大和書房)など。訳書に『世界と科学を変えた52人の女性たち』(青土社)、『ギークマム』(オライリー・ジャパン、共訳)『ガール・コード プログラミングで世界を変えた女子高生二人のほんとうのお話』(Pヴァイン)。

女性の生き方やありように焦点を当て、多くの読者を魅了しているライター/翻訳者の堀越英美さん。史実や科学的な視点も織り込まれた作品は、「女性」「母」という呪縛にとらわれた読者の心を軽くしてくれます。著作でも翻訳書でも、著作巻末の膨大な参考文献を見てもていねいに調べられていることがうかがえますが、それができるのは公文式学習のお陰だといいます。今のお仕事に至る道のりや翻訳のコツなどとあわせてうかがいました。また、堀越さんが翻訳され、この9月にくもん出版から上梓されるアメリカの15歳の科学者ギタンジャリ・ラオさんの著作『ギタンジャリ・ラオ STEMで未来は変えられる』についてもご紹介いただきました。

女児を出産して「女の子」について考えるように

本を書いたり海外の書籍を翻訳したり、というのがいまの私の生業です。女性の生き方をテーマにしたものが多いのですが、とくにその分野を専門的に学んでいたわけでもなく、女の子を出産してから子どもの発達や男女差について関心を持つようになり、自然と多く手がけるようになりました。
じつは子どもを産むのなら、「男の子のほうがいい」と思っていました。私の子ども時代は、勉強で成果を出しても「どうせ主婦になるんだからそんなにがんばらなくても」という風潮がありましたし、女の子は人間関係にとらわれて好きなことを追求できないイメージがあったからです。

でも、実際生まれてきたらそんなことはない。女の子でもアンモナイトの化石を欲しがったり、いろんなことに関心があります。「その興味関心をつぶさなければいいんだ」と思いました。女の子がもっといいところを伸ばせるようにしてあげたい。のびのびと自分を認め、社会からも認められるようになってほしい。そう考えるようになり、女性のありよう、社会との関係性などテーマに執筆するようになりました。

書籍:女の子は本当にピンクが好きなのか

たとえば、『女の子は本当にピンクが好きなのか』は、国を越えて多くの女の子がピンク色を好むのはどういうわけなのか、私の素朴な疑問が発端です。カルチャーから政治まで、国内外のピンクと女の子について考察しています。

自分の本を書いているときは、調べなくてはならないことも多くて、「これは本当に本になるのだろうか」と五里霧中で書き進めているような状態です。一方、翻訳は自分の知らないことが書かれているのでとても勉強になっておもしろい。英文をいかに適切な日本語に訳すか、謎の文章を解読するような、パズルを解くような楽しさもあります。

でも、自分が翻訳者になるとは夢にも思っていませんでした。最初の翻訳本『ギークマム』は英文を読んですごくおもしろくて。コミック、SF、サイエンスなどのテクノロジーや空想の世界を愛する「ギーク(意味:卓越した知識があること・人)」な母親が、身近な素材で子どもと楽しめる工作や実験、料理などが紹介されている本で、日本で紹介したいと思ったんです。それで、「誰か翻訳してくれませんか?」とツイートしたら、プロの翻訳者の方が「一緒にやりましょう」と提案してくださって、日本語への翻訳が実現しました。

自分を高める競争とは?

関連記事

2021/08/13更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

KUMONグループの活動  2019/10/29更新

Vol.328 「Forbes誌が選ぶ30歳未満30人 - 2019/科学」に選出

中学生の発明家、ギタンジャリ・ラオさん KUMONから学んだことは課題に取り組む姿勢

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

バックナンバー

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
Vol.413
スイス公文学園初!オンラインサマースクール
スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!