OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/08/13更新

Vol.080

ライター/翻訳者
堀越英美さん  後編

「正しい母」でなくてもいい
自分も子どもも縛らずに
「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

堀越 英美 (ほりこし ひでみ)

神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社、IT系企業勤務を経てライターに。二児の母。主な著書は『モヤモヤしている女の子のための読書案内』『不道徳お母さん講座』(河出書房新社)『女の子は本当にピンクが好きなのか』(河出文庫)『スゴ母列伝』(大和書房)など。訳書に『世界と科学を変えた52人の女性たち』(青土社)、『ギークマム』(オライリー・ジャパン、共訳)『ガール・コード プログラミングで世界を変えた女子高生二人のほんとうのお話』(Pヴァイン)。

女性の生き方やありように焦点を当て、多くの読者を魅了しているライター/翻訳者の堀越英美さん。史実や科学的な視点も織り込まれた作品は、「女性」「母」という呪縛にとらわれた読者の心を軽くしてくれます。著作でも翻訳書でも、著作巻末の膨大な参考文献を見てもていねいに調べられていることがうかがえますが、それができるのは公文式学習のお陰だといいます。今のお仕事に至る道のりや翻訳のコツなどとあわせてうかがいました。また、堀越さんが翻訳され、この9月にくもん出版から上梓されるアメリカの15歳の科学者ギタンジャリ・ラオさんの著作『ギタンジャリ・ラオ STEMで未来は変えられる』についてもご紹介いただきました。

難しいことでも着実に続けていけばなんとかなる
そう思えるのは公文のおかげ

小学生のころ、公文と平行してハマっていたのが、プログラミングです。子どもの頃はファミコンが流行っていましたが、家庭の方針で買ってもらえなかったので、親戚から譲ってもらった古いマイコンでゲームを自作していました。プログラミングで三角関数を使うこともありましたが、すでに公文の数学で学んでいたことが役立ちました。

公文は中学生くらいまで続けましたが、部活が忙しくなったため、この頃やめることに。部活はオーケストラでバイオリンを担当。初心者でしたが、「やり続ければなんとかなる」と信じて、パートリーダーまで務めました。

高校に入っても引き続き公文の貯金で、あまりがんばらなくても勉強はなんとかなったので読書に時間を費やすようになりました。公文の先生に声をかけられて、数学専門で採点する公文のアルバイトをしていたのもこの頃です。当時の愛読書は、フランスの作家ボリス・ヴィアン。独創的な言葉遊びや前衛的な表現のある小説を好んで読んでいました。大学は文学部へ進み、引き続き読書三昧。卒論はブラックユーモアというくくりで語られる各国の作家の笑いのセンスを考察し、「ブラックユーモア論」としてまとめました。

就職氷河期の頃に大学を卒業し、アルバイトを経てIT系の出版社で正社員になりました。趣味でウェブサイトを作っていたのを面接官に見つかり、当時は個人でサイトを作る人も少なかったので面白がられて採用されましたが、特にキャリアを目指したわけではなく、流れに任せて「好きなことをして生きよう」なんて考えていましたね。

ギークマム

結婚退職して、出産後は派遣社員などをしながらネットに記事を書くようになり、今はフリーランスとして独立しています。書いたものに対して、SNSなどでダイレクトに反響がわかるのが、会社勤め時代にはなかった楽しさです。そして、やりがいにもつながっています。

難しいテーマを依頼されることもありますが、「時間をかけて調べればなんとかなる」と思って挑戦することにしています。その根底には、「難しい問題でも着実にやっていけば、わかる日が来る」という経験を公文で身に付けていたことがあるかもしれません。それがなければ「こんなに難しいの、わからない」と、いろんなことをシャットアウトしてしまっていたのではないかと思います。

『ギークマム』の翻訳がきっかけに

関連記事

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!