OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/04/23更新

Vol.076

産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん  後編

突き詰めれば価値が出てくる学びがある
地道な努力を怠らずに力をつけよう

二橋 亮 (ふたはし りょう)

富山県生まれ。県立高岡高校を卒業後、東京大学理科一類に入学。同大学大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 博士課程を卒業。日本学術振興会 特別研究員などを経て、2009年から産業技術総合研究所の研究員として着任、現在に至る。東京大学ほかの大学講師,京都大学の客員准教授なども務め、2012年に日本動物学会奨励賞、2014年に日本進化学会研究奨励賞、平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞などの受賞歴も持つ。

子どもたちに人気の昆虫のひとつトンボ。童謡にもうたわれるなど馴染みのある昆虫ですが、意外にも解明されていないテーマが多いそうです。その謎を解明しようと研究を続けているのが生命科学博士の二橋亮さん。子どもの頃から昆虫の中でも特にトンボに興味を持ち、“トンボ愛”を育む一方で、公文式教室では持ち前のチャレンジ精神を発揮し、学びの土台を固めてきました。やがて“昆虫に関わる仕事”という子どもの頃からの夢をかなえます。二橋さんが“好き”を仕事にできた道のりやトンボ研究の魅力などについてうかがいました。

一見ささいな子どもの興味の“価値”を認めてあげよう

二橋 亮さん

今後は「やりたいこと」と「できること」を、時間を有効に使って研究していきたいと思います。「やりたいこと」とは、例えば“見た目の違い”を解明することです。トンボの中にはメスとオスの見た目が違う種が多いのですが、よく調べてみると、オスとそっくりなメスと、オスと見た目が全然違うメスが同時に存在する種もいます。そのパターンは種ごとにさまざまで、それが遺伝的なものか環境的なものか、メカニズムがわかっていないので、それを解き明かしてみたいです。

また、自分で発見した新しいタネが、応用研究につながることを期待しています。現在進めているのは、シオカラトンボのオスが分泌する“紫外線を反射するワックス”に関する研究です。シオカラトンボは、小学校のプールなど木陰がない水辺でも生息できるのですが、それはこのワックスが太陽の強い日差しから細胞を守っているからではないかと考えています。このメカニズムを、たとえば化粧品など、人が使うものに応用できると素晴らしいなと思っています。

この例のようにイメージしやすいトンボの魅力が解明されれば、より多くの人に興味もってもらえるのではないかと思っていますし、研究を進めれば、ほかにもいろんな発展のある発見につながることを期待しています。特に昆虫は子どもが興味を持ちやすいテーマなので、子どもたちに「昆虫や生きものなど身近なところにおもしろいテーマが残っている」ことを知ってもらえたらうれしいですね。

私がそうだったように、子どもたちには「やりたいことがあったらそれに集中しよう。するとそれが糧になる」と伝えたいですね。ものごとを究めようとすると、結果的にいろんなことを勉強することになりますから。一見すぐに何の役に立つかわからないことでも、ある程度突き詰めれば急に価値が出てくることがあります。一見ささいな子どもの興味の“価値”を、大人が認めてあげると、子どもはやる気になります。おうちの方はぜひ、それをうまくサポートしてあげてください。

子どもは「これをやりなさい」といってもやらないものです。わが家では、読ませたい本があれば何も言わずに、さりげなくリビングに置いておきます。すると自然に読むようになります。親が子どもの興味に一緒に関わるのもいいですよね。私自身は、そもそも父が昆虫好きで、一緒に昆虫を追いかけていましたが、子どもの興味を親が伸ばすというのは、いざ自分が親になってみると、それがいかに難しいことか分かります(苦笑)。現在、小学生の息子は、昆虫も好きですが、最近は将棋に熱中しているので、私は得意ではありませんが一緒にやっています。両親が私にしてくれたように、私も本人がやりたいことをサポートしながら、成長を見守っていきたいと思います。

 

前編を読む

関連リンク

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
生物共生進化機構研究グループ


 

二橋 亮さん   

前編のインタビューから

-身近なトンボの知られざる体
-0歳からの昆虫採集
-公文式学習で学んだ見通しを立てる大切さ

前編を読む

 

関連記事

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2017/04/14更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2021/12/10更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!