トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > アート・トランスレーター/Art Translators Collective主宰 田村 かのこさん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/08/21更新

Vol.071

アート・トランスレーター
田村 かのこさん   後編

今ある“型”にはまらなくていい
自分にできることを一つずつ進めていけば
自ら“型”をつくることができる

田村 かのこ (たむら かのこ)

東京都生まれ。都内の中学校を卒業後、スイスのアメリカンスクールを経て、2008年タフツ大学工学部土木建築科(米国)卒業、2013年東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。2016年から2018年まで、東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻で助教を務めたのち、同大で非常勤講師としてアーティストのためのコミュニケーション授業「アートコミュニケーション」を担当。アートを専門とする通訳・翻訳者の活動団体「Art Translators Collective」主宰。札幌国際芸術祭2020では、コミュニケーションデザインディレクターとして、展覧会と観客をつなぐメディエーション(媒介)を実践。NPO法人芸術公社所属。

現代アートや舞台芸術のプログラムを中心に、日英の通訳・翻訳、編集や広報など、幅広く活動されている田村かのこさん。「アートと人と言葉の間に立つ媒介者でありたい」と、自身の職業を「アート・トランスレーター」と名付けて活躍されています。幼い頃から絵を描くのは好きだったそうですが、それを仕事にすることは考えず、学生時代は将来を思い悩み、紆余曲折があったと振り返ります。公文式で学んだことをきっかけに数学好きになり、アメリカで土木工学を学んだ経験もお持ちです。公文の教室での思い出なども含め、現在に至るまでの道のりや、心がけてきたことについてうかがいました。

「想像も及ばないことを考えている人がいる」
ことを知るのはおもしろい

田村 かのこさん

私は22歳で藝大に入学したので焦りもあり、この4年間で、今後の身の振り方を考えたいという気持ちがすごくありました。周回遅れで入学したからこそ、結果として大学で提供されている学びを最大限享受できたと思います。

藝大では、アーティストを目指している同級生に囲まれて、作品の見方、おもしろがり方なども学びました。この分野で何かしていきたいと思うと同時に、自分はアーティストになる才能はないとも感じました。であれば、自分ができることで美術の世界で貢献し、自分自身もアートに関わり続けられる方法を探そうと、学内外のさまざまなプロジェクトに参加。在学中からアーティストやキュレーターのアシスタント、コーディネーターなどをしていました。

そうしているうちに、何かをつなぐ――たとえば、ある職業の人とまた別の職業の人や、違う文化を持つ人たちの間に立ってつないでいく、といったことに喜びを感じ、それが得意だと気づきました。さらに、そこで私が活かせるツールは「言葉」だと思ったのです。

私は留学して言葉を獲得していくなかで、言葉そのものにとても興味を持ちました。外国語を使いこなせない不自由さや、同じ意味だとされている単語でも意味が少しずつ違っていて、そこに文化も紐づいていたりすることなどがおもしろく、言葉自体をアートに関わっていくときの取っ掛かりにしようと決めました。

語学習得についていえば、私の場合、問答無用で留学することになったので、英語は習得せざるを得なかったという事情があります。そんな私が思うに、語学習得の秘けつは、「言葉の通じないこの人と会話がしたい!」「自分の思いを伝えたい!」という経験をなるべく早く持つことです。

「英語はやった方がためになる」といくら人から説明されても、それ以上のモチベーションがないと勉強の域を出ません。私は中1で初めてサマースクールに行って英語がまったくわからず、友達ともまともに会話ができず、大変悔しい思いをしました。そういう経験があると「完璧な英語でないと恥ずかしい」と言っている場合ではなくなるはずです。

自分とはまったく違う国や文化で育った人と言葉を交わすことは、ほかに代えがたい経験です。はじめはゲームを通じてでも、自動翻訳機を使ってでもいいのです。自分の知らない世界を知りたいという好奇心が芽生えてはじめて、語学習得がただの勉強ではなく自分ごとになります。

日本は、前提として共有されているものが多い社会なので、みんな同じように考えていると思いがちですが、「自分がまったく想像も及ばないことを考えていたり、自分が知らない世界を見ていたりする人がいる」ということ自体を知らないと、いまのやり方で行き詰まったとき、方向転換できないのではないかと思います。語学は、目の前の世界だけに縛られない生き方をするための大きな力になります。

恩師からの「田村かのこになれ」という言葉の意味とは

関連記事

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2016/04/15更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

2021/04/23更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
Vol.452
KUMONの取り組むSDGsを考える③後編
公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!