OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん  前編

楽しいこともつらいことも
すべてのことには意味があり
「学び」「チャンス」につながる
経験となる

Lily/福嶋 真由子 (リリー/ふくしま まゆこ)
福岡県生まれ。高校時代はスイス公文学園で学び、ヨーロッパの歴史ある様々な芸術・文化に触れる。相手を想いながら作るハンドメイドならではの温かさに魅了され、独学でジュエリーを作り始め、その後本格的にジュエリーアーティストの道へ。2010年には自ら「ROSE&CIGAR」を立ち上げる。2016年にK18・天然素材を用いた「irodori by You&Lily」もスタート。オンラインストア、百貨店などでの展示販売のほか、ハワイのセレクトショップでも販売している。

中学3年生のとき、オーストラリアでホームステイを体験したことで、海外留学に関心をもった福嶋さん。父親を説得してスイス公文学園(KLAS)へ進学し、様々な体験を重ねました。俳優をめざしていた時期もありましたが、病気で断念。それから間もなく、ハンドメイドジュエリーの温かさに感銘を受けます。人生でのつらい時期に何度も仕事につながる転機が訪れ、現在はジュエリーのデザインだけでなく、制作や販売、自身のブランドのPRなどを行い、幅広く活躍中です。その行動力やチャレンジ精神、現在のお仕事につながる感性は、KLASで培われたそうです。スイスではどのような生活を送られ、どのようにして現在のお仕事をするようになったのでしょうか。

先生方との距離が近いスイス公文学園
自然豊かなアルプスのふもとで得た一生の財産

KLASは全寮制なので安心感があり、見るものすべてが新しく、毎日が刺激に富んだものでした。校内の公用語は英語なので、最初は戸惑いもありましたが、少人数制でしたので、わからないことがあっても積極的に質問することができる空気感があり、何より先生方との距離が近いのが良かったと思っております。

KLASには「ファカルティ・ファミリー」というシステムがあります。先生方が「両親」、各学年の生徒たちが「兄弟・姉妹」となって一つのファミリーを構成し、各ファミリーで定期的に集まり、交流を深めると同時にサポートし合うというものです。何かに悩んだり困った時には相談することができたので、大変心強いものでした。

KLASがあるレザンという町は、とにかく自然が美しく、季節ごとに変化があるのですが、とくに冬は、白い雪山に夕陽が当たると美しいピンク色に染まっていくのが見られます。雄大な自然の中にいると、「自分の悩みなんてたいしたことない」と前向きになることができたものです。


ヴェネチアで友人たちと (ご本人提供)

寮生活では、3年間友人たちと濃い時間を共にしてきました。最初は異国の地での寮生活に戸惑いもありましたが、同じ環境で切磋琢磨しながら様々な経験を共にする内に、お互い真剣に向き合い、違いを認め、理解・信頼・尊重し合いながら共に成長することができました。この時の友人たちは家族同然で、一生の宝物です。国内外問わずそれぞれ活躍していますが、心の距離が近く、今でも折に触れ集まっております。

スイスはヨーロッパの真ん中にあるので、いろいろな国の文化を肌で感じることもできました。シティマラソンに出場したり、ホームステイ先のカナダでオーロラを見たり、ルーマニアへボランティアに赴いたり、イタリアでは友人4人と路上ライブをしたり……。海外留学は大学生や社会人になっても経験できますが、10代の感受性豊かな時期に経験すると、吸収することも違うのではないかと思います。

KLASで得たことを改めて振り返ると、3つのことが思い浮かびます。まず、トラブルに冷静に対応できるサバイバル能力が身についたこと。2つめは、世界のどこに行ってもものおじせずに話せる度胸とコミュニケーション力が培われたこと。そして最後に、日本文化の美しさを再確認できたこと。日本に住んでいると気づかなかった繊細で細やかな日本文化に誇りを持つようになりました。

後編を読む

関連リンク
スイス公文学園高等部
スイス公文学園高等部 卒業生インタビュー動画
ROSE&CIGAR
irodori by You&Lily


 

 

後編のインタビューから

-ジュエリーデザイナーになろうと思ったきっかけ
-壁にぶつかったときの幸運な出来事
-これからの夢と子どもたちへのメッセージ

後編を読む

 

関連記事

2019/12/20更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.371
公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?
フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!