OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/09/27更新

Vol.064

小説家
伊与原新さん  前編

自分の手をたくさん動かし続けて
小さな成功体験を積み重ねれば
見える世界は広がっていく

伊与原 新 (いよはら しん)

1972年大阪府生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。2010年、『お台場アイランドベイビー』(角川書店)で第30回横溝正史ミステリ大賞を受賞。2019年には『月まで三キロ』(新潮社)で第38回新田次郎文学賞を受賞。その他の著書に、『プチ・プロフェスール』(角川書店)、『ルカの方舟』(講談社)、『博物館のファントム』(集英社)『ブルーネス』(文藝春秋)『コンタミ 科学汚染』(講談社)などがある。

大学院で地球惑星科学を専攻し、研究者の道を歩んでいた伊与原新さん。研究中に思いついたトリックを元に書いた小説が編集者の目にとまり、執筆を続け、『お台場アイランドベイビー』で小説家デビューを果たします。地球惑星科学の視点が散りばめられたエンターテインメント小説『月まで三キロ』では、悩みや孤独を抱える普通の人々が、偶然、科学の世界に触れたことで、心持ちが変わっていく様子を描き、第38回新田次郎文学賞を受賞。研究者時代は、公文式で身につけた「小さな成功体験の積み重ね」が役に立ったという伊与原さん。なぜ研究者を目指し、どのような思いで小説家へ転身されたのでしょうか。小説家の日常や、創作活動で大切にしていることなどについてもうかがいました。

公文式で「つまずいてもちょっと頑張ればできる」という感覚を身につけた

伊与原新さん新田次郎文学賞 受賞式(撮影 新潮社)

公文式教室に通い出したのは、中学2年か3年のときで、高校卒業するまで数学をやっていました。数学は最後のほうまでいくと、大学生で習うくらいの力学や電磁気学など、物理的な内容も含むようになるのです。私は、教科書がなくてもプリントを段階を追ってやっていけばわかるようにできている公文式学習が好きで、その教室には大学生になっても、採点のスタッフとして通っていました。

そもそも公文式教室に通うようになったのは、母が教室の先生と知り合いだったことがきっかけでした。その先生はすごく立派で、成績不良や素行不良の中学生を、何とかして高校に入れてあげたいという思いを持たれていました。学力的には高校合格が厳しい中学生も多く通っていて、そのような生徒も小学校の算数からやり直して、ちゃんと高校に合格する姿をたくさん見てきました。これはすごく勉強になりました。

算数や数学が不得意な子というのは、直感的に数学がわからないからつまずいてしまうんだと思います。でも公文式だと少しずつ積み上げていく。「こうだな」「こうだな」という論理のステップが細かく刻んであるので、できるようになっていくのです。そして、たくさん同じことを繰り返し、たくさん手を動かして書きます。その繰り返しがきついという子もいると思いますが、特に算数・数学が苦手な子にこそ、ふさわしいやり方だと思います。

私自身、数学が得意ではなかったので、コツコツ積み上げていくやり方は自分に合っていました。「つまずいても、ちょっと頑張ればできる」という感覚を知ることができたのは、研究者をめざす上でもとてもよかったと思います。

後編を読む

関連リンク
伊与原新 Facebook


 

伊与原新さん  

後編のインタビューから

-今につながる編集者の一言
-「面白くてためになる」小説を意識
-「やればできる」という成功体験がすべて

後編を読む

 

関連記事

2019/10/04更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

KUMONグループの活動  2016/01/18更新

Vol.130 香港でのKUMON

未知の内容を自分で考えて 学ぶことは心を強くする

バックナンバー

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
Vol.413
スイス公文学園初!オンラインサマースクール
スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間
Vol.412
子どもの興味と世界の国々を関連付け、
より一層、世界について知りたくなる!
世界への興味を広げる 『くもんの世界地図パズル』
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!