OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん  前編

自分の手をたくさん動かし続けて
小さな成功体験を積み重ねれば
見える世界は広がっていく

伊与原 新 (いよはら しん)
1972年大阪府生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。2010年、『お台場アイランドベイビー』(角川書店)で第30回横溝正史ミステリ大賞を受賞。2019年には『月まで三キロ』(新潮社)で第38回新田次郎文学賞を受賞。その他の著書に、『プチ・プロフェスール』(角川書店)、『ルカの方舟』(講談社)、『博物館のファントム』(集英社)『ブルーネス』(文藝春秋)『コンタミ 科学汚染』(講談社)などがある。

大学院で地球惑星科学を専攻し、研究者の道を歩んでいた伊与原新さん。研究中に思いついたトリックを元に書いた小説が編集者の目にとまり、執筆を続け、『お台場アイランドベイビー』で小説家デビューを果たします。地球惑星科学の視点が散りばめられたエンターテインメント小説『月まで三キロ』では、悩みや孤独を抱える普通の人々が、偶然、科学の世界に触れたことで、心持ちが変わっていく様子を描き、第38回新田次郎文学賞を受賞。研究者時代は、公文式で身につけた「小さな成功体験の積み重ね」が役に立ったという伊与原さん。なぜ研究者を目指し、どのような思いで小説家へ転身されたのでしょうか。小説家の日常や、創作活動で大切にしていることなどについてもうかがいました。

高校時代から「大学は理学部に進み、地球のことを勉強しよう」と決めていた

1997年 南アフリカ(大学院生時代)
約35億年前の岩石を採取しているところ(ご本人提供)

母は文学少女だったみたいです。今も短歌を教室で教えています。自宅には科学関係以外にもたくさんの本がありましたが、「本を読みなさい」と言われたことはありません。ただ、母は子どもの頃から移動文庫や図書館によく連れていってくれました。「これを借りなさい」ではなく、「何か借りたら?」と言うのです。そういう場に行けば、何かしら「これ面白そう」という本が子どもでも見つけられるものです。

私は3人兄弟の真ん中ですが、そんな両親の特徴を特に受け継いだのかもしれません。よく読んでいたのは、ジュール・ベルヌのSFです。子どもには分厚かったのですが、分厚いのを読むのがかっこいいなと思っていました。シャーロックホームズやルパンシリーズなどもよく読みました。
中学生のときに受験して、国立の中高一貫校に進学しました。小学6年生のとき、母の知り合いのお子さんがそこの学校に行っていると聞いてきたのがきっかけです。それまでそんな中学があるなんて知らなかったので、特別な中学に行くということが「かっこいいな」と感じて受験することに決めました。

高校に入った頃には、「大学は理学部に進んで地球のことを勉強しよう」と決めていました。小さいころから地球や宇宙への興味を持ち続けていたことと、野外に出て調査するというフィールドワークへの憧れがあったからです。天文学や宇宙物理学は数学だけの世界であるのに対し、地球惑星物理学は物を対象にする学問で、数学だけでなく興味のあるフィールドワークも行います。結局、地球惑星物理を学べる地球科学科に進みました。夢は研究者だったので、当時から大学院まで行こうと考えていました。希望どおり東京大学の大学院に進み、博士号を取得してからは富山大学の教員として就職。順調な研究者生活をスタートしました。

私の専門は「地磁気」です。方位磁石が必ず北を向くことからわかるように、地球は磁場を発生しています。この磁場を「地磁気」といいます。地磁気は、地球の内部にあるドロドロに溶けた鉄の「外核」が、自転の方向に動いているため生じるもので、地磁気を測ると、地球内部の活動の様子や、地球がどのように進化してきたがわかるのです。

地磁気は変化を繰り返していて、その様子は岩石や地層となって記録されています。例えば10億年前にできた岩石を取ってきて、それがどんな磁石になっているかを調べると、10億年前の地磁気の方向や強さがわかります。

たとえば、最近話題となった「チバニアン」も、77万年前の地磁気の方向を崖の地層が記録していることからわかったものです。この地層には、地球の磁場が最後に逆転した形跡があり、地球の歴史を表す地質年代の区切りの目印とされています。地層がどんな磁石になっているかを細かく調べると、地磁気がひっくり返った形跡がわかるのです。
私はそういう研究をずっとしていました。オーストラリアや南アフリカなど海外にもよく行き、約35億年前の岩石を採取したりして、地球内部の進化の様子を調べていました。

公文式の「たくさん手を動かし積み上げていく」やり方

関連記事

2019/10/04更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

バックナンバー

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.343
「学習療法」を施設に活かす
可能性をあきらめない
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!