OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/09/07更新

Vol.057

イラストレーター ももろさん  前編

成長していこうと思う限り
学び終わりはなく、
人生を拓くきっかけになる

ももろ (ももろ)

神奈川県生まれ。地元の小学校を卒業後、公文国際学園に進学。理系の大学・大学院に進み、一般就職。働きながら各種コンテストに応募したり、展示会に出展したりすることを機に、イラストレーターの道へ。笑い声が聞こえてくるような生き物の動きや、楽しくなる色の組み合わせを大切に、ストーリー性のある外国の絵本タッチのイラストを制作。雑貨やステーショナリー、ぬいぐるみのデザイン、教材の挿絵なども手がける。オリジナル雑貨ブランド Bitte Mitte も展開中。

思わず「かわいい!」と声をあげてしまうような愛らしい動物たちのイラストを得意とする、ももろさん。書籍の挿絵や絵本の制作などのほか、自身の雑貨ブランドをもつなど、幅広く活動されていますが、実は絵を仕事にするとまでは考えていなかったそうです。そんなももろさんが、イラストレーターとして活躍されるまでには、どんな道のりがあったのでしょうか。公文国際学園に通学するようになったきっかけや、学園生活のエピソードもあわせてうかがいました。

「いろんな可能性に挑戦できて楽しそう」と、公文国際学園に進学

イラストレーターももろさんの作品

中学からは公文国際学園に進学しました。地元の公立中学に進むつもりでしたが、6年生のとき、母から「別の選択肢もあるんだよ」と渡されたパンフレットを見たら楽しそうで、挑戦してみることにしました。学園祭を見学し、自由な雰囲気でいろんな可能性に挑戦できそうなこと、生徒数が多すぎず、「自分の学校」と感じられる規模なのもいいな、と思いました。実際に入学してみると、個性的な子が多くて居心地がよかったですね。

印象に残っているのは体育祭です。中高一貫校なので、6学年が4団に分かれて戦います。そのとき、各団を応援するパネルを描くパネル委員という係があり、私はその委員を毎年頑張っていました。縦割りで中1から高3までのパネル委員が、体育祭まで3~4ヵ月をかけて、ベニヤ板を10枚以上合わせてひとつの作品を描くのです。一人で制作するのと違って、それぞれの得意なことを生かしつつ、協力して仕上げることのおもしろさを知りました。

学園では週1回、公文式学習の時間があり、私は国語、数学、英語、ドイツ語を選択しました。それまで公文式の経験はありませんでしたが、やりたいことを、やりたいときに、やりたいだけ進められるので、私には合っていたと思います。毎日コツコツやることの大切さも学びました。いま、絵の仕事をしていますが、仕事の有るなしにかかわらず、自由制作のイラストを毎日コツコツ描くようにしています。毎日やることでしか見えないものがあると感じています。

部活は美術部。木炭でクロッキーを描いていました。これはいまのタッチにも少し影響しています。そのころタブレットを買ってもらい、ペンツールを使ってイラストを描くようになりました。愛犬ももちゃんのホームページをつくって写真やイラストをアップすると、愛犬家の方から反響をいただいたりしてうれしかったです。

高校では、学園祭に向け、有志で恐竜のジオラマをつくったりポスターを描いたりして、ものをつくる楽しさや、いろんな人に見てもらえる喜びも知りました。でも、絵を描くのは趣味であって、将来は獣医さんなど動物に関係する仕事をしたいと考えていました。

後編を読む

関連リンク
ももろ ホームページ
ももろ Twitter
ももろ Facebook
『ミルクが、にゅういんしたって?!』
※こちらの児童書はももろさんに挿絵をご担当いただきました。


 

イラストレーターももろさん  

後編のインタビューから

-ももろさんがイラストレーターを目指すことになったきっかけとは?
-ももろさんがイラストを描く上で大切にしていることとは?
-ももろさんから子どもたちへのメッセージ

後編を読む

関連記事

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!