OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/11/17更新

Vol.049

パティシエ 本間友梨さん  後編

地道に積み重ねることで
知識や技術が身につき
やがて生活のとなる

本間 友梨 (ほんま ゆうり)

大阪府生まれ。地元の高校を卒業後、辻製菓専門学校へ進学。大阪の洋菓子店「なかたに亭」を経て東京へ。日本を代表する料理人、三國清三氏がオーナーシェフを務める「オテル・ドゥ・ミクニ」の菓子部門で修行を積む。同店でシェフ・ドゥ・パティシエ(菓子部門長)を務めていた師匠、寺井則彦氏の独立開業に伴い、パティスリー「エーグルドゥース」へ。29歳のとき単身フランスに渡ったのち、ルクセンブルクで3年半修行。2012年に帰国後、日本初の本格アントルメグラッセの店「GLACIEL(グラッシェル)」の立ち上げメンバーとなり、現在は表参道店でシェフを務める。公文式教室には5歳から10年ほど通う。

日本ではまだ馴染みの薄い「アントルメグラッセ」と呼ばれるアイスクリームでつくったデコレーションケーキのシェフ(製造責任者)として、日本のスイーツ文化に新たな風を吹き込んでいる本間友梨さん。濃厚なアイスクリーム、フレッシュフルーツのシャーベット、香ばしいアーモンドスポンジ生地の三重奏が口の中で広がる“究極のスイーツ”は、味もさることながら、本間さんが考えるハリネズミなどをかたどったキュートなデザインも人気です。「ケーキ屋さんになる」という夢をかなえるために、フランスやルクセンブルクで修業し、言葉や人種の壁を乗り越えて認められ、夢を実現させた本間さん。その道のりやパティシエの魅力、商品開発の秘訣などについてうかがいました。

お客さまの「思い出づくりのお手伝い」
それがパティシエの魅力

本間友梨さん
ハリネズミをモチーフにした「クリソン」

わたしは、ルクセンブルクではアイスケーキもつくっていました。その経験を買っていただき、新しくアントルメグラッセ専門ブランド「GLACIEL(グラッシェル)」の立ち上げを計画していた今の会社に誘われて、現在に至っています。

この夏は「Jolie vacance(素敵なバカンス)」をコンセプトに、楽しそうに飛び回るテントウムシとミツバチを飾ったひまわりの形のアントルメグラッセを販売しました。新商品の発想は日常のいろんなところから出てきますよ。このテントウムシとミツバチも、農地を訪問した際に目にしたことがヒントになりました。

ハリネズミのケーキは、自宅で飼っている猫がじゃれていておしりをフリフリしているのがかわいいなあ、と見ていたところから着想しました。日常生活の中でもいつもお菓子づくりのことを考えています。

本間友梨さん

パティシエというと、華やかな印象があるかもしれませんが、じつは重い材料を運ぶこともありますし、材料をかき混ぜたりする力も必要。地味な力仕事も多いです。でも、みなさんも経験があると思いますが、お菓子やケーキは誕生日やクリスマスなど、特別な日に登場するもの。わたし自身「あのときあんなケーキ食べたな」という思い出があります。パティシエって、そうした思い出を演出する仕事だと思うんです。

そうやってお客さまに喜ばれることはもちろんですが、わたしのモチベーションになっているのは、やはり師匠に「おいしい」と言われることですね。尊敬する師匠に職人として認められるのは、とてもうれしいことです。

わたしは純粋にケーキづくりが大好きだし、ずっと厨房に立っていたいと思っています。また、後進を育てることについては、弟子をとるというよりも、その人その人にあった指導をしていきたいと考えています。ケーキ職人といっても、企業の中で働き続けたいという人、独立開業したいという人、ケーキ教室を開きたいという人など、将来の希望はさまざまですから、それぞれに適した導き方ができればいいのでは、と思います。

本間さんのこれからの夢とは?

関連記事

2017/11/10更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2018/07/20更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!