OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/11/10更新

Vol.049

パティシエ 本間友梨さん  前編

地道に積み重ねることで
知識や技術が身につき
やがて生活のとなる

本間 友梨 (ほんま ゆうり)

大阪府生まれ。地元の高校を卒業後、辻製菓専門学校へ進学。大阪の洋菓子店「なかたに亭」を経て東京へ。日本を代表する料理人、三國清三氏がオーナーシェフを務める「オテル・ドゥ・ミクニ」の菓子部門で修行を積む。同店でシェフ・ドゥ・パティシエ(菓子部門長)を務めていた師匠、寺井則彦氏の独立開業に伴い、パティスリー「エーグルドゥース」へ。29歳のとき単身フランスに渡ったのち、ルクセンブルクで3年半修行。2012年に帰国後、日本初の本格アントルメグラッセの店「GLACIEL(グラッシェル)」の立ち上げメンバーとなり、現在は表参道店でシェフを務める。公文式教室には5歳から10年ほど通う。

日本ではまだ馴染みの薄い「アントルメグラッセ」と呼ばれるアイスクリームでつくったデコレーションケーキのシェフ(製造責任者)として、日本のスイーツ文化に新たな風を吹き込んでいる本間友梨さん。濃厚なアイスクリーム、フレッシュフルーツのシャーベット、香ばしいアーモンドスポンジ生地の三重奏が口の中で広がる“究極のスイーツ”は、味もさることながら、本間さんが考えるハリネズミなどをかたどったキュートなデザインも人気です。「ケーキ屋さんになる」という夢をかなえるために、フランスやルクセンブルクで修業し、言葉や人種の壁を乗り越えて認められ、夢を実現させた本間さん。その道のりやパティシエの魅力、商品開発の秘訣などについてうかがいました。

小さい頃から食べることが大好きで
将来の夢は「ケーキ屋さん」だった

本間友梨さん
アントルメグラッセ(アイスケーキ)
「バルーンドフリュイ」

私は今、表参道にある「GLACIEL(グラッシェル)」というアントルメグラッセの店で、シェフを務めています。「アントルメグラッセ」とは、フランス語でアイスクリーム(グラス)を使ったデコレーションケーキ(アントルメ)のことをいいます。

「シェフ」と言うと、料理人をイメージすると思いますが、正確には「製造責任者」を指します。ただおいしいものをつくって終わりではなく、企画・開発から原料調達、配送まで、幅広く関わっています。とくにアイスケーキは配合によっては溶けやすくなるため、配送や保管方法の改善検討も必要だったり、さまざまな業務をしています。

フルーツなど材料についても、直接産地に行って「この人から買いたい」と思うものを買わせていただいています。日本には各地にすばらしい農家さんがいらっしゃって、特徴あるフルーツをつくっていますが、当の農家さんがその価値に気づいていないこともあります。新鮮な材料でつくり、その価値を製品を通じて発信することで、少しでも日本の農家さんの力になれたら、という気持ちもあります。

わたしは幼稚園の頃から食べるのが大好きで、「ケーキ屋さんになりたい」と思っていました。朝ごはんを食べたら昼ごはんのことを考え、小学校の作文にも遠足がテーマなら「お弁当がどうだった」とか、必ず食べ物のことを書いていたくらい。誕生日には必ず母の手作りケーキが登場するような、料理もお菓子づくりも好きな母に育てられたことも影響していると思います。小さい頃は母と一緒にお菓子づくりをし、小学校に入ると、自分でお菓子の本や材料を買ってきて、勝手につくっていました。

本間さんが公文で学んだこととは?

関連記事

2017/11/17更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!