OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/09/15更新

Vol.047

女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん  後編

の実現は楽しく、そして根気強く
つらくなったら初心を思い出し
もう一度がんばろう

カロリーナ・ステチェンスカ (かろりーな・すてちぇんすか)

1991年、ポーランドの首都ワルシャワ生まれ。外国人女性として初めて研修会に入会し、女流棋士資格を取得。師匠は片上大輔六段。16歳のときに将棋に興味をもち、ワルシャワの大学で情報工学を学んでいた20歳のとき、プロ棋士に招待され初来日。2013年に山梨学院大学経営情報学部に編入、現在プロ棋士として活動しながら同大学大学院に在学中。公文式日本語プログラムの学習経験者。

2017年2月20日、外国人初の女流プロ棋士が誕生しました。ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさんです。外国人棋士の誕生は男女を通じて史上初。この4月には女流1級に昇級し、次の目標に向かって進んでいます。日本語はほぼ話せない状態で来日したカロリーナさん。「日本でプロ棋士になりたい」という夢を実現させるために、どのような努力をされてきたのでしょうか。今に至るまでのあゆみや将棋の魅力、異文化で生活するうえでの心構えなどについて、流暢な日本語で話してくださいました。

将棋を知らない人のために将棋についての本を書きたい

カロリーナ・ステチェンスカさん

これからの目標は、将棋でどんどん強くなりたい、ということ。そして、いつかタイトルをとりたいです。それから、世界に将棋を普及していきたいです。そのために本を書くのも夢です。将棋をまだよく知らない人のために、将棋についておもしろく書いて興味をもってもらいたいと思っています。その本は英語かポーランド語で書きたいですね。

将棋は、わたしの人生そのものです。もし将棋に出会わなかったら、日本語も話せなかったでしょうし、まったく違う人生になっていたでしょう。

夢を実現するには、楽しくやればいいだけです。あとは、逆のことを言うようですが、根気強く続けることも大事です。わたしにもこんな経験があります。

女流棋士には、下は3級から最高は六段までの全部で9階級があり、2級以上が正式な女流プロ棋士です。2級に昇級するには、大変厳しい条件があります。わたしは3級から昇級しようと試合に出ましたが、なかなか勝てなくて。そのときのプレッシャーは言葉では説明できません。

でもそこで、「なぜ将棋を好きになったか」「なぜプロになりたいか」と、最初の気持ちを思い出したんです。それで力がわいてきて、もう一度頑張ろうと思いました。その後3連勝して、プロになることができました。毎日努力を続けながら、始めた理由や好きな理由など、最初の気持ちを忘れないようにした方がいい。まさに「初心忘るべからず」ですね。

将棋でも日本語でも、くり返し勉強すれば上達します。でも上達したなと思ったら危ない。なまけてしまいますから。そうならないよう、さらに強くなり、そして将棋をもっと世界に普及するように、これからもがんばりたいと思います。

前編を読む

関連リンク
公文式日本語
K・ステチェンスカ|女流棋士データベース|日本将棋連盟公式サイト


 

カロリーナ・ステチェンスカさん  

前編のインタビューから

-ポーランドでの子ども時代
-カロリーナさんが将棋と出会ったきっかけとは?
-日本でプロ棋士をめざすことになった経緯とは?

前編を読む

関連記事

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2018/07/20更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!