OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/07/14更新

Vol.045

国連UNHCR協会 島田祐子さん  後編

どんなに難しい問題でも
プロセスを踏めば解決できる
自分は何ができるのかを考えてみよう

島田 祐子 (しまだ ゆうこ)

京都生まれ横浜育ち。地元の公立小・中・高を卒業後、都内の大学にて社会学を学ぶ。卒業後は外資系金融機関に就職、企業のM&Aの提案書作成などに携わり、結婚を機に退職。育児をしながら在宅で企業レポート作成などに従事。その後コンサルティング会社や税理士法人などを経て、2014年から国連UNHCR協会に勤務。現在は企業や団体などの法人を中心に普及活動を担当する。

紛争や迫害などで故郷を追われた人びとを支援するUNHCR(ユーエヌエイチシーアール:国連難民高等弁務官事務所)。本部はスイス・ジュネーヴにあり、活動は各国政府の拠出金のほか、個人や企業など、民間からの寄付によっても支えられています。その民間への広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、島田さんが勤務する特定非営利活動法人国連UNHCR協会です。外資系企業でキャリアを積んできた島田さんが、転身を図ったのにはどのような背景があったのでしょうか。日本では遠い話になりがちな「難民支援」。島田さんが見出した、そこに関わることの意義、自らのやるべき仕事観について、UNHCRの役割なども含めてうかがいました。

「なんで?」という根本的な問いかけをし続けよう

島田祐子さん

難民を取り巻く状況は、残念なことに悪化の一途をたどっており、現地からの報告は厳しい内容にならざるを得ません。時には支援者から「状況が改善されていない」などお怒りの電話をいただくこともあり、落ち込むこともあります。

けれどもそんなとき、同僚とは、「『なぜこの仕事をしているか?』と疑問を感じずに取り組める仕事だよね」と励まし合っています。1円でも多く送ることができれば、確実に成果につながるのです。「目の前に助けられる命があるから助ける」というぶれない信念があり、意義ある仕事だと思っています。

最近は、子どもの将来の夢に「国際支援」があがるようになってきたと聞き、うれしい限りです。夢の実現には、英語のほかにもうひとつ言語をマスターしておくと、可能性がさらに広がりますよ。「海外とつながる仕事」を目指していなくても、ニュースをよく見て「なんで?」と根本的な問いを持ち続けることはとても大事だと思います。

理不尽を強いる現実に「なんで?」と反発する力と、そうした状況に置かれている人への共感や、「自分だったらどうだろう」と想像する力は、人として生きるうえでの基本になるはずです。

想像する力を伸ばすには、本を読んで知識として吸収するだけでなく、読後はすぐ次の興味対象に移る前に、「この感情はなんだったのかな」と考えたり、自分が主人公になった気分になったりして、「頭を遊ばせる時間」を持つことが大事ではないでしょうか。私自身の経験から、それが共感する力や想像力につながるのではないかと思います。

自分自身を含め、最近の親御さんは何でも「早く」と子どもを急がせがちですが、中学生くらいまでの感受性が豊かな時期に、なんの制約もなく頭と心を開放して、好きなように想像する自由、そのための時間をたくさん用意してあげることをおすすめしたいです。

最近、わが家の大学生と高校生の娘たちも、多少わたしの仕事を理解してくれているのか、積極的に家事をしてくれるようになりました。もし娘たちが「国際支援の現場に行きたい」と言い出したら……危険もあるので、正直、親としては少し躊躇するでしょうが、でも、もちろん応援したいと思っています。

前編を読む

関連リンク
国連UNHCR協会
第12回UNHCR難民映画祭公式サイト
国連UNHCR協会「毎月倶楽部」


 

島田祐子さん  

前編のインタビューから

-国連UNHCRの活動
-外国に興味を持つきっかけとなった子ども時代の経験とは?
-外資系企業から国連UNHCR協会に転職したきっかけとは?

前編を読む

関連記事

2017/07/07更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2018/07/20更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!