OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/07/14更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん  後編

どんなに難しい問題でも
プロセスを踏めば解決できる
自分は何ができるのかを考えてみよう

島田 祐子 (しまだ ゆうこ)
京都生まれ横浜育ち。地元の公立小・中・高を卒業後、都内の大学にて社会学を学ぶ。卒業後は外資系金融機関に就職、企業のM&Aの提案書作成などに携わり、結婚を機に退職。育児をしながら在宅で企業レポート作成などに従事。その後コンサルティング会社や税理士法人などを経て、2014年から国連UNHCR協会に勤務。現在は企業や団体などの法人を中心に普及活動を担当する。

紛争や迫害などで故郷を追われた人びとを支援するUNHCR(ユーエヌエイチシーアール:国連難民高等弁務官事務所)。本部はスイス・ジュネーヴにあり、活動は各国政府の拠出金のほか、個人や企業など、民間からの寄付によっても支えられています。その民間への広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、島田さんが勤務する特定非営利活動法人国連UNHCR協会です。外資系企業でキャリアを積んできた島田さんが、転身を図ったのにはどのような背景があったのでしょうか。日本では遠い話になりがちな「難民支援」。島田さんが見出した、そこに関わることの意義、自らのやるべき仕事観について、UNHCRの役割なども含めてうかがいました。

「なんで?」という根本的な問いかけをし続けよう

難民を取り巻く状況は、残念なことに悪化の一途をたどっており、現地からの報告は厳しい内容にならざるを得ません。時には支援者から「状況が改善されていない」などお怒りの電話をいただくこともあり、落ち込むこともあります。

けれどもそんなとき、同僚とは、「『なぜこの仕事をしているか?』と疑問を感じずに取り組める仕事だよね」と励まし合っています。1円でも多く送ることができれば、確実に成果につながるのです。「目の前に助けられる命があるから助ける」というぶれない信念があり、意義ある仕事だと思っています。

最近は、子どもの将来の夢に「国際支援」があがるようになってきたと聞き、うれしい限りです。夢の実現には、英語のほかにもうひとつ言語をマスターしておくと、可能性がさらに広がりますよ。「海外とつながる仕事」を目指していなくても、ニュースをよく見て「なんで?」と根本的な問いを持ち続けることはとても大事だと思います。

理不尽を強いる現実に「なんで?」と反発する力と、そうした状況に置かれている人への共感や、「自分だったらどうだろう」と想像する力は、人として生きるうえでの基本になるはずです。

想像する力を伸ばすには、本を読んで知識として吸収するだけでなく、読後はすぐ次の興味対象に移る前に、「この感情はなんだったのかな」と考えたり、自分が主人公になった気分になったりして、「頭を遊ばせる時間」を持つことが大事ではないでしょうか。私自身の経験から、それが共感する力や想像力につながるのではないかと思います。

自分自身を含め、最近の親御さんは何でも「早く」と子どもを急がせがちですが、中学生くらいまでの感受性が豊かな時期に、なんの制約もなく頭と心を開放して、好きなように想像する自由、そのための時間をたくさん用意してあげることをおすすめしたいです。

最近、わが家の大学生と高校生の娘たちも、多少わたしの仕事を理解してくれているのか、積極的に家事をしてくれるようになりました。もし娘たちが「国際支援の現場に行きたい」と言い出したら……危険もあるので、正直、親としては少し躊躇するでしょうが、でも、もちろん応援したいと思っています。

前編を読む

関連リンク
国連UNHCR協会
第12回UNHCR難民映画祭公式サイト
国連UNHCR協会「毎月倶楽部」


 

 

前編のインタビューから

-国連UNHCRの活動
-外国に興味を持つきっかけとなった子ども時代の経験とは?
-外資系企業から国連UNHCR協会に転職したきっかけとは?

前編を読む

関連記事

2017/07/07更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2017/11/17更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/11/10更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!