OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/07/14更新

Vol.045

国連UNHCR協会 島田祐子さん  後編

どんなに難しい問題でも
プロセスを踏めば解決できる
自分は何ができるのかを考えてみよう

島田 祐子 (しまだ ゆうこ)

京都生まれ横浜育ち。地元の公立小・中・高を卒業後、都内の大学にて社会学を学ぶ。卒業後は外資系金融機関に就職、企業のM&Aの提案書作成などに携わり、結婚を機に退職。育児をしながら在宅で企業レポート作成などに従事。その後コンサルティング会社や税理士法人などを経て、2014年から国連UNHCR協会に勤務。現在は企業や団体などの法人を中心に普及活動を担当する。

紛争や迫害などで故郷を追われた人びとを支援するUNHCR(ユーエヌエイチシーアール:国連難民高等弁務官事務所)。本部はスイス・ジュネーヴにあり、活動は各国政府の拠出金のほか、個人や企業など、民間からの寄付によっても支えられています。その民間への広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、島田さんが勤務する特定非営利活動法人国連UNHCR協会です。外資系企業でキャリアを積んできた島田さんが、転身を図ったのにはどのような背景があったのでしょうか。日本では遠い話になりがちな「難民支援」。島田さんが見出した、そこに関わることの意義、自らのやるべき仕事観について、UNHCRの役割なども含めてうかがいました。

極限状況にあった人たちが発する
「人のために何かしたい」というメッセージの重み

島田祐子さん
©UNHCR/B. Diab

私自身が直接現場に行くことはなくても、難民となった当事者から話を聞く機会はあります。そうした現場の話が、働く上での一番のモチベーションになっています。

たとえばアフガニスタン出身の少数民族の男性は、10代で父と生き別れ、母と幼い兄弟と親戚の家を点々とするも、親戚が目の前で殺されてパキスタンに避難しました。UNHCRの旗を見たときようやく「これが平和だ」と感じたそうですが、本当の平和は日本に来てはじめて知ったと言います。彼は日本語を習得し、昨春から日本の大学院で学んでいます。また、イラク出身の20代の女性の場合は、密航業者に騙されて家族と引き離され、ヨーロッパを転々としましたが、今はコペンハーゲンに落ち着き、弁護士を目指して勉強中です。

どちらの方も、ようやく語れる状況になったからこそつらい体験も語ってくださったわけですが、共通しているのは、静かな目をして淡々と語られること。そして「いま自分には何ができるんだろう」と考えていることです。極限状態を体験したのに、それでも「人のために何かしたい」と思う。人間はここまで崇高になれるんだと、ヒューマニズムの力強さを感じると同時に、同じ人間なのに、なぜこうしたことが彼らに起きたのか、怒りや理不尽さも強く感じます。

私が企業や団体の担当者に伝えなくてはならないのは、この怒りや理不尽さの感覚であり、そういう気持ちになっていただくような報告をしなくてはならないと肝に銘じています。人間界には「難民」や「避難民」という人種はなく、これらの言葉は人が置かれた「状況」を指しているにすぎません。彼らは難民・避難民である前に、親であり、子どもであり、恋人であり、職業人なのです。

私たちと同じ人、誰かにとってかけがえのない大切な人であり、「6560万人の難民・避難民」と数字ですべてを語れるものではありません。だからこそ、私たちのような仕事、一人の人間としての視点で、人間としてのストーリーを紹介する仕事に意味があるのだと思っています。もっともっと、「難民・避難民当事者の声」を日本の皆さんに届けたいと思っています。

島田祐子さん
©UNHCR/Olivier Laban-Mattei

私は法人チームの担当者として、日本の主要な企業のCSR報告書すべてに「難民・人道支援」の項目が掲載される日を夢見ています。現在、協会への寄付収入の9割近くは個人からの寄付で、法人担当としては法人の割合を増やしたいですが、一方で、個人の方からの継続的な支援が重要なのは言うまでもありません。

月々の安定したご支援があるからこそ、迅速な援助活動が可能になります。協会では月々一定額のご寄付を続けていただく「毎月倶楽部」を設けています。ぜひ国連UNHCR協会のサイトを見ていただきたく思います。(※「毎月倶楽部」については、次ページ末尾の関連リンクからご確認ください。)

島田さんから子どもたちへのメッセージ

関連記事

2017/07/07更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2018/07/20更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!