OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/07/07更新

Vol.045

国連UNHCR協会 島田祐子さん  前編

どんなに難しい問題でも
プロセスを踏めば解決できる
自分は何ができるのかを考えてみよう

島田 祐子 (しまだ ゆうこ)

京都生まれ横浜育ち。地元の公立小・中・高を卒業後、都内の大学にて社会学を学ぶ。卒業後は外資系金融機関に就職、企業のM&Aの提案書作成などに携わり、結婚を機に退職。育児をしながら在宅で企業レポート作成などに従事。その後コンサルティング会社や税理士法人などを経て、2014年から国連UNHCR協会に勤務。現在は企業や団体などの法人を中心に普及活動を担当する。

紛争や迫害などで故郷を追われた人びとを支援するUNHCR(ユーエヌエイチシーアール:国連難民高等弁務官事務所)。本部はスイス・ジュネーヴにあり、活動は各国政府の拠出金のほか、個人や企業など、民間からの寄付によっても支えられています。その民間への広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、島田さんが勤務する特定非営利活動法人国連UNHCR協会です。外資系企業でキャリアを積んできた島田さんが、転身を図ったのにはどのような背景があったのでしょうか。日本では遠い話になりがちな「難民支援」。島田さんが見出した、そこに関わることの意義、自らのやるべき仕事観について、UNHCRの役割なども含めてうかがいました。

両親の影響で外国の人々と
触れる機会があった子ども時代

島田祐子さん

私がいま、こうした仕事をしているのは、チャリティ活動を楽しそうにしていた母の影響があるかもしれません。私が育ったのは横浜で、港が近くて外国人も多い土地でした。母は外国の方たちと一緒にバザーなどを企画運営し、その収益で地元の児童養護施設や高齢者施設を支援する「国際婦人会」という団体で活動していました。

支援そのものにも関心がありましたが、企画運営を楽しそうに行うおばさまたちの活発な姿が印象に残っています。私も手伝うことがあり、母が英語を使っていろんな国の人とおしゃべりしている姿に憧れました。

でも、その頃の私の夢は、じつは「ムツゴロウ動物王国の飼育係」。動物が大好きだったんです。ファンタジーや冒険物語を読むこと、お話を想像して絵を描くのも好きでした。一方で、友だちと自転車に乗って遠くまで行ったり、貝塚の「化石堀り」にはまって工事現場で発掘ごっこをして怒られたり。時間がいくらでもあって、自由な子ども時代でした。

勉強の方は、小4の時に算数でつまずきました。水ぼうそうにかかって1週間学校を休んだら算数がまったくわからなくなり、5年生で完全に算数嫌いに。ちょうど近所に公文式教室ができて、母のすすめで通うようになりました。最初は簡単すぎると感じましたが、苦手意識をもっていた算数がスラスラ解けるようになり、どんどん進ませてもらえるので、通うのが楽しくなりました。大きな花丸もうれしかったです。3年間ほど続け、難しい問題でもシンプルに筋道を立てることで解決の糸口が見えるということを学び、粘り強さを身につけられたと思います。

中学で英語に触れてからは、一貫して海外とのつながりのある仕事がしたいと思っていました。大学で化学を研究していた父が留学生をわが家に招いていたこと、母の活動の手伝いでいろんな国の人と触れ合ったことで、「自分とは違う環境の人がいる」ことを肌で知り、「英語ができれば、外国の人とおしゃべりができるんだ」と、英語を一生懸命勉強するようになりました。

外資系企業勤務から国連UNHCR協会に転職したきっかけとなったある方の一言とは?

関連記事

2017/07/14更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

2016/12/02更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」を イメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/04/08更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!