OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/06/16更新

Vol.044

仕掛学者 松村真宏先生  後編

予想は裏切られた方がおもしろい
ゴールに向かう道の途中大切に

松村 真宏 (まつむら なおひろ)

1975年大阪生まれ。大阪大学基礎工学部システム工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2004年より大阪大学大学院経済学部研究科講師、2007年より同大学准教授、現在に至る。研究テーマは「仕掛学」。著書に『仕掛学: 人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)。近著は『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所)。公文では小1から中2まで、算数・数学を学習。

「仕掛学」という新しい学問分野を切り開き、研究に取り組まれている松村真宏先生。ものごとを多面的に考えることにつながる仕掛学を、子どもたちにも学んでもらいたいと、仕掛学のまんが本を上梓される予定です。先生いわく「仕掛学は一般教養」。いったい仕掛学とはどういうもので、そもそもなぜ仕掛けに関心を寄せるようになったのかをうかがいました。

うまくいかなくても焦らなくていい
予想は裏切られたほうがおもしろい

松村 真宏

大学院を修了後、工学研究科にいた私が大阪大学の経済学研究科に講師として赴任したのは、経営学でもデータ分析が求められることから声をかけていただいたのがきっかけです。そのため授業では「データマイニング(大量のデータを分析して有益な知見を得る手法)」を教えています。一方ゼミでは「仕掛学」という、ここでしか学べないことにゼミ生と取り組んでいます。

今の学生は就活やインターンシップなどですごく忙しそうですね。彼らにアドバイスするとしたら、これはぼくの生き方かもしれませんが、“皆が向かっている方向には行かない方がいいかもしれない”ということでしょうか。大勢がいるところでは競争が激しいし、一時の勢いで流行ったものはすぐにすたれてしまうことが多い。ですから、一歩引いて考えた方がいいこともあるよ、と伝えたいです。

たとえば今は人工知能がすごくはやっていますが、ぼくはそこから線を引いています。これまで人工知能を研究してきたので、人工知能ができることとできないことがわかるのがぼくの強み。それで、仕掛学では人工知能ができないことを対象にしようと思っているのです。

仕掛けの実験は、たいてい最初は失敗します。もちろん、取り組むときには失敗するとは思っていないのですが、どこかで「失敗してほしい」とも思っています。なぜかというと、「こうしたらこうなるだろう」と仮説を立て、そうならなかったということは、「自分の知らなかった原因がそこにある」ことに気づくきっかけになるからです。

つまり、最初の仮説は「思っていること」で新発見でも何でもないんです。その仮説が覆された後に、分析や再実験をしたら違うことが見えてきて新発見につながることがよくあります。そう考えると失敗がスタートだといつも思っています。

松村先生のこれからの目標とは?

関連記事

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2014/01/17更新

Vol.005 ロボットクリエイター 高橋智隆さん

 “1人1台ロボットと暮らす夢”を挑戦や試みを積み重ねて具現化する

バックナンバー

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.406
児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式学習(前編)
子どもの“できた”が自信を育み 職員のステップアップにも 互いが磨き合う理念が実現
Vol.405
KUMONのインターンシップ
「皆さんの成長」を後押ししたい! それがKUMONのインターンシップ ~KUMONが目指すチーム力と自己成長~
Vol.404
浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「行水」
水無月の「行水」 ~浮世絵から見える旧暦6月の暮らし~
Vol.403
国内最大の『KUMONすくえあ』、
紀伊國屋書店富山店・新潟店にオープン!
「見て、触れて、体感」し、 子どもたちに「できた!」という喜びと 達成感を感じてもらえる、知育空間が登場!
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.068 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.068 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!