OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/10/14更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん  後編

可能性限界はない
目標大きな山と考えれば、
登り方はいくらでもある

岡島 礼奈 (おかじま れな)
鳥取県出身。東京大学理学部天文学科卒業。同大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号を取得。卒業後は、ゴールドマン・サックス証券戦略投資部にて債券投資事業に従事。2011年9月、人工流れ星を用いたエンターテインメントビジネスを展開する株式会社ALEを設立。2018年の人工流れ星実現に向けて準備を進める。

人工の流れ星を作る――そんな夢のような話が今、着々と実現へ向けて進んでいます。天文学の博士課程から、世界有数の証券会社を経て、現在は人工流れ星を作るプロジェクトの中心となっている「株式会社ALE」を経営する岡島礼奈さん。独創的なプロジェクトの立ち上げに至るまでの経緯と、そのアイデアを現実にする力は一体どこからやってくるのか、お話を伺いました。

物理法則を変える以外のことは何でもできるはず

私の夢は宇宙をエンターテインメント空間にすることです。今までは、宇宙を直接感じられるのは、一部のエリートや富裕層だけで、ほとんどの人は、宇宙をテレビやPCの画面を通してしか感じられませんでした。宇宙ベンチャーがさかんなアメリカに行っても、我々の事業は驚かれます。「クールでクレイジー」だと。

でも、こういう宇宙の利用の仕方ってこれから増えていくと思うんです。変な言い方ですが、研究者として頭が良すぎたら、こんなことやろうとは思いつかなかったかもしれませんね。実際、専門家の人には「無理」と言われてしまう。まともに考えたら不可能、「お金どうするんだよ?」みたいな。でもチャレンジしてみたら、もちろん壁やハードルはありますけど、意外とできそうなんです。何かが変わっていく、ワクワクするような気持ちがある。

だって、物理法則を変える以外のことは何でもできると思うんですよ。光の速さは変えられないけど、人間がやっていることなら何とかなる。このプロジェクトが面白いのは、様々な人が様々な角度から関わっていること。当社のプロジェクトにはアーティストも所属しているんですよ。研究者と資金調達担当だけじゃない、色々な人の色々な能力が必要な事業です。それが今までの宇宙ビジネスのベンチャーとは異なるところじゃないでしょうか。

宇宙物理学者になりたいと思っていたけれど、結局は科学に関わりたい、もっといったら「科学と社会をつなげたい」のが自分の夢なのだと分かりました。なりたい「職業」は決めないほうがいいと思う。だって「医者になりたい」という夢は、医学部に入れなかった時点で終わってしまいます。でも「病気の人を助けたい」という夢なら、ケアする人、薬を作る人……色々な道がある。点にしぼらず、大きい山として目標を考えれば、山の登り方はいくらでもある気がするんです。

一人で何でもできる必要はない。得意なことをひとつ持って、別の得意なことを持っている人とコラボレーションすればいい。それも今の事業で気づかされたことです。何かをコツコツやってきた人が、何人も集まって、色々な限界を取り払って考えてみたら、すごいことができそうじゃないですか。だからこそ、「継続は力なり」。一度突き詰めて、向いている・向いてないがわかるレベルまでやってみることだと思います。

前編を読む

関連リンク
株式会社ALE


 

 

前編のインタビューから

-「なんで?」ばかり言っていた子ども時代
-宇宙に興味を持ち、愛読していた漫画とは?
-学生時代に初めての起業を経験

前編を読む

 

 

関連記事

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2015/12/04更新

Vol.027 株式会社コルク 代表取締役社長
佐渡島庸平さん

時代の変化のスピードは早い 自分にとって何が楽しいかを知り、 追求すれば未来は広がる

2015/07/10更新

Vol.021 天文学者 布施哲治さん

10年後の夢や目標を思い描いて たくさんの”引き出し”を持とう

2015/07/03更新

Vol.021 天文学者 布施哲治さん

10年後の夢や目標を思い描いて たくさんの”引き出し”を持とう

2017/02/03更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!