OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/06/06更新

Vol.010

化学者 北野政明さん  前編

にぶち当たったときは
自分が変わるチャンス
その経験が、また自分のになる

北野 政明 (きたの まさあき)

1979年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業、同大工学研究科応用化学分野博士課程修了。2013年より東京工業大学元素戦略研究センター准教授に。

若くして東京工業大学の准教授となり、国家プロジェクト「元素戦略プロジェクト」の拠点の1つである同大・元素戦略研究センターで活躍する北野政明さん。意外にも高校では理系科目が苦手だったとのこと。研究者を志す原点や研究に注ぐ思いをうかがいました。

何かよくわからないことがあれば、徹底的に調べる性格

化学者 北野政明さん

ところが、アンモニアの材料となる窒素は気体として非常に安定していて、ほかの元素と反応させるのが難しいのです。例えば、缶コーヒーを開けるとプシュッと音がしますよね。あれは、空気だとコーヒーが酸化されて味が落ちるので、窒素ガスが詰められています。そういった食品保存にも使われるほど窒素は他の物質と反応しにくいのです。

だからこそ、触媒を使って低エネルギーで窒素を反応させようというのは、サイエンスとしてかなりやりがいのある分野だと言えます。純粋にサイエンスとして面白いことをやりたいという思いと、世の中に役立つ研究をしたいという、2つの気持ちが強くあり、そこで選んだ研究テーマのひとつが、触媒によるアンモニアの合成だったのです。

研究テーマといえば、研究の目標が途中で変わったり、後付けで決まったりすることも多々あります。「こんな反応をする物質を作ろう」と目指していても、途中で新たな性質や使い方に気付いて、「じゃあこっちに応用できるんじゃないか?」と、研究の方向が変わるといったこともめずらしくありません。もちろん、研究成果を発表するときには、いかにも「初めからこれを狙っていました」みたいに話しますけどね(笑)。

そんなこともあるので、研究のプロセスでできた物質でも、その性質や特性を徹底的に調べるようにしています。研究の始めの段階では幅広い視野で研究を行いますし、社会的な課題などに対するさまざまな情報収集も必要です。そうした意味で大変な部分もありますが、僕の場合は、ずっと研究者になりたいと純粋に思っていましたし、研究することが大好きなんです。おそらく子どものころから、何かよくわからないことがあったら、それがわかるまで徹底的に調べてみたいという性分なんですね。

小学生時代に興味津々だったこととは?

関連記事

2014/06/13更新

Vol.010 化学者 北野政明さん

壁にぶち当たったときは 自分が変わるチャンス その経験が、また自分の力になる

2021/08/13更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
Vol.459
英語で社会の課題解決策を考えよう
地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!