トップ > KUMON now! > トピックス > 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391

公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?  

自学自習でコツコツ学習することで、
「やればできる」経験を積み、

その先の挑戦へ!

公文式は自学自習が中心の学習法です。日本語教室は現在約580教室あり、様々な国籍の子どもから社会人まで幅広く学んでいます。今回は2019年5月に入会し、C教材(初級前半レベル)から始められ2020年10月に最終教材を修了された、北海道立小中学校ALT(Assistant Language Teacher/外国語指導助手)として英語を教えるデニス マイケル サリバン ジュニアさん(アメリカ出身)にお話を伺いました。デニスさんの学習の軌跡をたどりながら、最終教材修了生が語る自学自習の魅力に迫ります。

自分のペースで進んでいく教材と学習法に出合い、「これだ!」と決めた

イングリッシュサマーキャンプでの活動風景イングリッシュサマーキャンプでの活動風景

大学2年生の頃、日本に6か月間留学していたことがあるデニスさんは、現在北海道立小中学校でALTとして子どもたちに英会話や英文法などを教えています。また、ボランティアとして地域の小学生を対象としたイングリッシュサマーキャンプでリーダー役を引き受けたり、観光プロモーションにも出演を依頼されたりと社会活動にも積極的に参加されています。デニスさんに公文式日本語を始めるきっかけを伺いました。

“日本語をシステム的に学習できる教材を探していた時に、友人に見せてもらった公文式教材を見て、「これだ!」と感じました。学生の頃から、一斉授業を受けるスタイルが苦手だったので、自分のペースでコツコツ学習できて、教材が進むにつれて学習の進歩を目で見て分かる公文式の学習スタイルは、自分に合っていました。また、子どもたちに教えながら、授業と授業の合間の空き時間に教材を持ち込んで学習ができたのもとても良かったです。公文の教材を解いている時に、周りの同僚や生徒たちからも応援をしてもらい学習の励みになりました。“

コロナ禍での学習を前向きに捉え日本語最終L教材を修了、現在は国語のCⅠ教材を学習中

日本語G教材の学習の様子日本語G教材の学習の様子

もともと独学で日本語を学習していたデニスさんのスタート時の学習教材はE教材(初級後半レベル)からでしたが、日本語学習の単元の中で、助詞の使い方が苦手だと先生に伝え、C教材からの出発に変更してスタートしました。スモールステップで毎日無理なく学習を続けていた頃、コロナの影響で学校が休校になりました。授業がなくなったこの時の学習ペースは1日5時間公文の教材を解いていたというデニスさん。自粛中、今できることに集中しようと気持ちを切り替えて公文の学習を加速させました。G~I教材(中級レベル)に進んだ時には日本語の文法が徐々にわかるようになっていました。「日本の小説を読めるようになりたい」という目標を持っていたデニスさんは、J~K教材(上級レベル)の読み物教材まで進んだ時には、実際の小説に載っている文章(学習者用に易しく書き直していない元のままの文章)を学習教材で読めたことがとても嬉しかったと言います。特に、『高瀬舟』『注文の多い料理店』『雪女』の教材は面白く、今でも印象に残っているとのこと。ある日のこと、学習に集中して疲れた時には、一週間ほど教材を解かない時もありました。その時、『休日は家でゴロゴロしよう』という内容の教材を学習し、改めて休むことの大切さを知り、家での休養を前向きに考えられたと言います。コロナ禍での学習を前向きに捉え継続していった結果、「最終L教材が終わる頃には、街中で目にする自然な日本語の文章が理解できるようになり、大きな自信につながった」そうです。2020年10月に最終L教材を修了後、12月に日本語試験N3を受験し、結果みごと合格されました。現在は、国語のCⅠ教材の学習を始めています。高教材を見た時、大学で学んでいた哲学の読み物なども出てくることを知り、そんな本が読める日を楽しみに今日も学習をしています。

学習開始時の丁寧なコミュニケーションがその後の学習モチベーションを後押し

デニスさんが自立して学習を進められた背景には、教室の指導者である斎藤千里先生の存在がありました。学習スタート時に助詞の使い方の復習から入るのがデニスさんにとってよいだろうと、学習開始時に丁寧にコミュニケーションを重ねながら信頼関係を築いていかれた斎藤先生。デニスさんの学力や気持ちをきちんと把握したうえで「ちょうどの学習」ができるようにサポートされたことで、デニスさんも目の前の学習に集中でき、自信を持って学習を進めることができました。

日本語学習への道のり「そのもの」を楽しんでほしい

最後に、これから日本語を学習する(している)方へのメッセージを伺いました。
“これから日本語学習をされるみなさん、公文式日本語教材を手に取って自分に合うかぜひ試してみてください。最終教材までの旅はとても長い道のりです。あまりに長くてモチベーションを保つのが難しい時もありますが、ぜひ日本語学習への道のりそのものを楽しんでほしいと思います。楽しんで学習することが言語学習にはとても大切です。Have fun!”

日本語最終L教材を学習中、音読が好きだったデニスさんの高瀬舟の音読は大変すばらしく、斎藤先生も驚くほどだったと言います。以前から子どもに日本語の絵本の読み聴かせをしてみたいという想いから、今年は図書館で紙芝居の読み聞かせパフォーマンスをされる予定です。デニスさんの日本語を活かす場は広がっています。

周りの人たちとの関係を築きながら、日本での社会生活をよりよくしていこうとさらなる挑戦をされている頼もしいデニスさん。自学自習でコツコツ学習する中で、「やればできる」という経験を積むことで、学習意欲が芽生え、次々と高いレベルの内容を学習していく姿勢は、これから公文式日本語教材を学習するみなさんの一助となることと思います。

英語版はこちら English version

関連リンク
KUMON日本語プログラム
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標―動画レポート |KUMON now!
日本語学習で夢をかなえる-公文式日本語プログラム動画レポート|KUMON now!
日本語もKUMON-動画レポート |KUMON now!

関連記事

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

KUMONグループの活動  2017/10/24更新

Vol.232 日本語学習で夢をかなえる
-公文式日本語プログラム動画レポート

日本語力の向上が競技人生を支える

学習者・OBOG  2020/09/25更新

Vol.371 公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?

フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに

2020/03/13更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/08/03更新

Vol.411 浮世絵に描かれた江戸時代の学び「鳥つくし」

手軽に入手できた「物尽し絵」で 物の名前と一緒に読み方の習得も ~学びに使われた浮世絵~

KUMONグループの活動  2021/07/20更新

Vol.410 公文書写~5姉妹で学習~

書くことが楽しい! ~公文エルアイエル

KUMONグループの活動  2021/07/13更新

Vol.409 じっくり取り組める夏休みにオススメ

長い夏休み、 くもん出版この夏オススメの3冊

KUMONグループの活動  2021/07/06更新

Vol.408 浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「七夕」

浮世絵に見る「七夕」 ~書道や裁縫の上達を願って~

KUMONグループの活動  2021/06/29更新

Vol.407 福岡県大川市×永寿園の脳の健康教室

「介護予防」「認知症の重度化予防」として 自治体が学習療法導入施設に委託 ~大川市の脳の健康教室~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.079 後編
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.079 前編
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.078
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
Vol.077
株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん
人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.068 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.068 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!