KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/11/28更新

Vol.237 「高次脳機能障害」支援拠点病院でのKUMON  

笑顔で、できることを増やす
リハビリテーション
その日々の先に職場、学校への復帰が見えてくる
~よりそう医療、伴走しながらのサポートをめざして ~

みなさん、こんな経験はありませんか?インフルエンザにかかり高熱が出て体調がよくないとき、いつもは難なくできる仕事や学習が、その段取りもうまくできず、注意散漫で失敗。できないことにいら立ち、さらにできなくなってしまう…。でも、ある日突然の事故や病気が原因で、そんな状態が長く続くことがあります。そう考えると「高次脳機能障害」は、ある意味身近な障害とも言えます。今回は、高次脳機能障害の方たちを支援する大分県の拠点病院からのレポートです。

【おことわり】この記事でコメントくださっている方たちは医療従事者(公文式学習者のお二人は除く)であり、コメント中には患者様の個人情報も含まれるため、個人情報保護、また医療機関としての守秘義務もあり、詳細に記述できない箇所が少なからずあります。どうぞご了承ください。

患者さんたちの社会復帰の大きなポイントのひとつは
地域連携のサポート


浅倉部長(作業療法士)

大分県大分市。JR大分駅から豊肥本線で一駅の滝尾駅から歩いて5分と少し、静かな住宅街の一角に諏訪の杜病院(医療法人光心会)はあります。整形外科やリハビリテーション科をはじめ10以上の診療科がある病院ですが、大分県では高次脳機能障害(以下「高次脳」と表記)の方たちを支援する拠点病院として知られています。

朝8時すぎから三々五々患者さんたちが来院し、9時前には玄関すぐの待合室はほぼ満席です。「おはようございます」、「きょうの体調はいかがですか」など患者さんたちと病院スタッフとの元気なあいさつがそこかしこから聞こえてきます。この方たちの大半は、高次脳をはじめさまざまな病気やケガなどの回復のためのリハビリテーション(以下「リハ」と表記)をするために来院されています。

まず、高次脳の拠点病院としての役割や課題などを、諏訪の杜病院の浅倉部長(作業療法士)にうかがってみました。

「拠点病院そのものの役割としては、高次脳の評価や診断を適切に行うことはもちろん、そのあとリハの訓練で認知機能を高め、代償手段も使いながらさまざまな機能回復をめざします。それと、復職や復学なども含めた退院後のサポートのため地域の支援機関や支援者と連携し、支援体制の構築に努めています。拠点病院はそれらに加え、高次脳への理解を広めるための啓発活動や幅広いネットワークづくりに力を入れています。」(浅倉部長、以下同じ)

「国が定める狭義の高次脳はそのリハも含め、本格的な治療の対象となってからまだ10年ほどです。そのため言葉自体のなじみもまだまだ浅く、症状がお一人おひとり異なることもあり退院後のサポートが大きな課題です。当院に来られる患者さんは比較的若い方の割合が高いこともあり、退院後の目標は復職・復学が多いですね。子育てを含めた主婦業にもどりたいというご希望の方も少なくありません。そのときポイントになるのが身近な地域のサポートなのです。」

「公文式学習者で印象に残っている方がいます。医療機関としての守秘義務があるので、詳しくはお話しできないのですが…。脳炎で集中治療後、当院に来られた方です。身体のマヒなどはないのですが、全般的に高次脳の影響で入院当初は基本的な日常生活も声掛けなどの介助が必要な状態でした。まずは、通常のリハに加え、公文式学習も併用し、注意集中力や作業スピードの向上に努めました。ご本人は、毎日大忙しの入院生活です。1か月ほど経過すると全般的に高次脳に改善を認め、記憶障害が主な症状として表面化しました。そこで作業療法のリハで調理を開始。開始当初は、イチゴヨーグルトを作るときボールにイチゴを入れ、その上にヨーグルトをかけると “あっ、イチゴがない!”という状態。そこで毎夕の病院食をいったんお休みにして、作業療法士といっしょに夕食を作って食べるというリハを追加しました。それに慣れてきたら、一緒にバスに乗ってスーパーへ行き、1週間分の食材を買うトレーニングもしました。そんなリハをくり返しようやく退院を迎えました。」

「けれど、ご本人がたいへんなのはここからです。家事、子育てと自分以外の生活にも目を向けないといけません。退院前には、自宅近くの高次脳をフォローできる病院探し、お住まいの地区担当の保健師さんとの連絡調整、家族への障害説明や指導などを行いました。このように地域のいろいろな支援者を巻き込み、家族を含めた生活支援の体制を整える必要があります。幸いなことにご実家が近く、毎日の料理をご実家のお母さんと作り、自宅へ持って帰るという生活が確立しました。いつも感じることですが、こうした地域の連携があるからこそ、患者さんたちはふつうの生活に近づき、社会復帰ができます。ほんとうに感謝の言葉しか浮かびませんね。」

※高次脳機能障害・・・脳卒中などの脳血管系の病気、交通事故による脳挫傷などの脳損傷が原因で、脳の機能のうち、言語や記憶、注意、情緒といった認知機能に起こる障害を高次脳機能障害と言います。記憶力や注意力の低下、感情のコントロールが困難になるなどの症状も現れますが、その症状は百人百様です。

諏訪の杜病院での公文式学習の様子とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2014/02/04更新

Vol.022 外部から見たKUMON-外部識者

心理学、認知リハビリ、脳科学、 小児科から見た公文式 外部識者が発信する新たなKUMONの価値

2015/03/27更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、 人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、 ときには背中を押す

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!