KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/11/29更新

Vol.184

就労支援としてのKUMON-
S&Jパンドラ(前編)  

障害のある人
“自信と誇りに満ちた働き手”

プロデュースしたい

障害者の就労には大きな課題が2つあるといわれています。ひとつは、就職そのもののハードルが高いこと。もうひとつは、せっかく勤めても離職してしまう。つまり定着率の低さです。公文式学習を導入している就労移行支援事業所「S&Jパンドラ」は、就職率はもちろん、定着率の高さでも評価の高い施設。その“定着率”にスポットをあてたレポートを、2回にわたってお届けします。

「利用者様とともに、その方がもつ強みを活かせる職種や職場を探すことを目ざしています」

愛知県刈谷市。愛知県のほぼ中央に位置し、トヨタグループの会社や工場が数多く集まる日本有数の自動車系工業地域です。今回ご紹介する就労移行支援事業所S&Jパンドラ(認定NPO法人パンドラの会が運営母体、以下パンドラ)は、名鉄一ツ木駅から徒歩10分ほどの幹線道路沿いにあります。毎日15人ほどの利用者さんたちが集い、元気なあいさつからスタート、午前は公文式学習(数学と国語)、午後はさまざまな支援プログラムに取り組んでいます。

パンドラが公文式を導入したのは2013年12月から。その理由は、「利用者様一人ひとりに合った内容を学ぶことで、集中力や持続力、そして確かな学力と学び続ける力をつけること」。さらに、「“できた!”という体験をたくさんすることで、がんばれる自分に出会い、自己肯定感を育ててほしい」という想いからだったといいます。なお、パンドラを利用される方たちの半数以上は発達障害で、精神障害や知的障害の方たちもいます。

パンドラの所長、坂口さんに、利用者のみなさんが就職するだけでなく、長く働き続けるために大切にしていることをうかがってみました。

就労支援としてのKUMON-S&Jパンドラ 坂口所長
坂口所長

「この仕事をはじめてしばらくの間、ぼくには何となく違和感があったんです。利用者様の就職先や仕事の内容までも、就労移行支援事業に携わっているわれわれが決めてしまうことに…、です。この事業所でさまざまなプログラムに取り組むなかから、ご自身の強みを知り、それに合った職業や会社を探すほうがいいと思ったのです。人間は、一人ひとりみんな違うし、強みもいいところも違いますから。それに、企業のニーズも一社一社違います。

ある会社が“こんな人材がほしい”と考えていたら、それに合った人をわれわれがご紹介する。それができれば、企業活動の支援になり、なによりそこで働く利用者様も幸せだろうし、長く働くことができます。そうはいっても、それを恒常的に実現していくのはたいへんです。なんとか頑張っていきたいですね」。

坂口所長は控えめにこう話されますが、パンドラを巣立って就職された方々の定着率は現状100%です。

 

障害のある人を、自信と誇りに満ちた働き手にプロデュースする

「われわれは“障害のある人を自信と誇りに満ちた働き手にプロデュースする”というミッションを掲げています。単に働いているというのではなく、良い意味でプライドをもって、やりがいもあるという状態で働いてほしいと思っています。そのためには、まず自信をもってほしいですし、コミュニケーション力も必要ですね。就職というのは、別の見方をすると、一気に人とのかかわりが増えることでもありますから。また、過去に就労の経験があり、ちょっとしたことで職場に不適応を起こし、“自分はできない”“ダメだ”と思っている方には自己肯定感を取りもどし、元気になっていただくことが、ここでのスタートになるのだろうと考えています」
 
そんな坂口さんにとって、パンドラを巣立ってデータ管理系の会社で働いているKさんは印象深い方だといいます。Kさんは発達障害があり、「がんばっても就職なんて無理」「どうせ自分はダメな落ちこぼれ」といった発言が目立ち、暴言も多かったといいます。

「いまKさんは、勤めている会社にとって欠かせない人材になりつつあります。データ入力や確認作業など、仕事の正確さや処理能力の高さが評価されているようです。けれど、現在のような状態になるまでに、Kさんは本当に努力してきました。公文の学習に集中して取り組んでいる様子にわれわれが注目し、ほめる。時間はかかりましたが、その積み重ねで、Kさんは大きく変わりました。メンタル的にも落ち着きましたし、自己肯定感を取りもどし、暴言もなくなりました。そして、トライアル雇用から、正式採用へとなりました。さらにKさんとは、就職してからもメールで定期的に連絡をとりあい、ときどきは直接会って様子を聴き、アドバイスすることも続けています。会社で何か問題が起きても、小さなうちに相談や解決ができれば、仕事は続けていけると思いますから」
 
なるほど、パンドラでは就労支援だけでなく、定着支援、キャリア支援というところまでこだわって活動していることがわかりました。「定着率100%」もうなずけます。

パンドラでの公文式学習の様子とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2016/12/06更新

Vol.184 就労支援としてのKUMON-
S&Jパンドラ(後編)

障害のある人を “自信と誇りに満ちた働き手”に プロデュースしたい

KUMONグループの活動  2016/10/25更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(前編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

KUMONグループの活動  2015/10/06更新

Vol.106 就労支援としてのKUMON-諫早ワークスサテライト

“社会の役に立てる人” “その職場になくてはならない人” そんな人になってほしいと思っています 就労移行支援事業所、諫早ワークスサテライトでの公文式導入

KUMONグループの活動  2016/03/29更新

Vol.144 就労支援としてのKUMON-フォレスト

「“働きたい”を尊重し、育てています。 できることをじっくりと、 一緒に伸ばしていきましょう」

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(後編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

バックナンバー

調査・研究・アンケート  2021/09/14更新

Vol.415 公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート

障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?

KUMONグループの活動  2021/09/07更新

Vol.414 KUMONレポート-子ども文化史料編

江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~

KUMONグループの活動  2021/08/31更新

Vol.413 スイス公文学園初!オンラインサマースクール

スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間

KUMONグループの活動  2021/08/10更新

Vol.412 子どもの興味と世界の国々を関連付け、
より一層、世界について知りたくなる!

世界への興味を広げる 『くもんの世界地図パズル』

KUMONグループの活動  2021/08/03更新

Vol.411 浮世絵に描かれた江戸時代の学び「鳥つくし」

手軽に入手できた「物尽し絵」で 物の名前と一緒に読み方の習得も ~学びに使われた浮世絵~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.078
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!