KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/12/06更新

Vol.184

就労支援としてのKUMON-
S&Jパンドラ(後編)  

障害のある人
“自信と誇りに満ちた働き手”

プロデュースしたい

障害者の就労には大きな課題が2つあるといわれています。ひとつは、就職そのもののハードルが高いこと。もうひとつは、せっかく勤めても離職してしまう。つまり定着率の低さです。公文式学習を導入している就労移行支援事業所「S&Jパンドラ」は、就職率はもちろん、定着率の高さでも評価の高い施設。この「S&Jパンドラ」での取り組みについて、2回にわたってお届けしています。

“努力する人” “がんばる人”だからこそ、周りから必要とされ、手を差しのべてもらえる

前編では、パンドラの就労支援の取り組みと、その一環として公文式を導入した理由や実際の学習、指導の様子などについて坂口所長やスタッフの方々に語っていただきました。次に、認定NPO法人パンドラの会(パンドラの経営母体)の代表理事、岡部さんのお話を聞いてみましょう。


岡部代表理事

「どの就労移行支援施設にも共通していることだと思うのですが、これから初めて就職するという方もいらっしゃれば、会社をリタイアして再就職をめざす方もいます。リタイアの理由は、周囲の理解不足、仕事や職場の人との相性など、じつにさまざまだと思います。

しかし、ご本人に課題があるケースも少なくないと感じています。その課題を、ご本人とともに見つけ、所長の坂口をはじめとしたスタッフで解決に向けての支援プログラムを考え、実践していく。そうすると、ご本人が変わるんですね。周囲に対しての見方や考え方も変わります」
 
さらに、岡部さんはこう続けます。

「例えばですね、自分では努力しないで、できないのを仕方のないこととあきらめてしまう方もいます。こういう方に、ただ“努力しなさい”“がんばりなさい”と言っても、なかなか状態は変わらないことが多いです。それもそのはずで、人は認められて、ほめられて喜びを感じ、がんばってみようという気持ちが生まれると思うからです。

これは、仕事も公文も同じですよね。だから、このパンドラでそういう体験をたくさんして、努力できる人、がんばれる人になってほしいのです。努力する人だからこそ、周りから必要とされるし、手を差しのべてもらえると思います。このことは、障害のあるなしは関係ないはずです。そうして、障害者と健常者が同じ立場になったとき、はじめて互いを認め合い、本当に理解しあえるようになるのではないでしょうか」

パンドラで大切にされていることは、普通に仕事に就くとき、仕事を続けるときのポイントと同じですね。パンドラのスタッフのみなさんは、“障害”というものを、あまり意識しないで話され、利用者さん方に接していらっしゃると感じましたが、その理由は岡部さんのお話を聞いて納得できました。

公文式を学習する利用者さんの声とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2016/11/29更新

Vol.184 就労支援としてのKUMON-
S&Jパンドラ(前編)

障害のある人を “自信と誇りに満ちた働き手”に プロデュースしたい

KUMONグループの活動  2016/10/25更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(前編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

KUMONグループの活動  2016/03/29更新

Vol.144 就労支援としてのKUMON-フォレスト

「“働きたい”を尊重し、育てています。 できることをじっくりと、 一緒に伸ばしていきましょう」

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(後編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!