KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/10/25更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(前編)  

自分の持っているに気づき、可能性を知る。
自分にとっての“ちょうどいい”を知り、
働き続ける喜び、幸せを感じる」
その実現のためのサポートをしたい。

障害のある方たちが、就労を目指しさまざまな能力やスキルを育てる場、学ぶ場。それが「就労移行支援事業所(*)」です。東京都大田区にある就労移行支援事業所“でらいとわーく”には、毎日20人ほどの利用者様方が集い、笑顔と活気あふれる学びの場になっています。公文式を就労支援トレーニングの一環として導入してからの事業所の様子を、2回にわたってレポートします。今回は、就労移行支援事業にかけるスタッフの皆様の想いをお伝えします。

*「就労移行支援事業所」
就労移行支援事業所は、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつである「就労移行支援」のサービスを提供します。障害のある方を対象に、仕事をするうえでの必要な能力やスキルを身につけるためのさまざまな職業訓練プログラムを用意するほか、就職活動全般をサポートします。また、「就労移行支援」は比較的新しいサービスです。2006年の障害者自立支援法(2012年改正、2013年に障害者総合支援法)の施行に伴い、それまでの「授産施設」「小規模作業所」(通常の就労がむずかしい障害者のための働く場)のほとんどは、就労そのものの場を提供する「就労継続支援A型(雇用契約あり)」「同B型(雇用契約なし)」、そして就労に必要な能力やスキルの向上を図るための「就労移行支援」などの施設や事業所へと順次移行してきています。

「就職はゴールではなく、働き続けることが大切。だからこそ、利用者様に寄りそっての定着支援が非常に大切だと考えています」

東京都大田区蒲田。JR、東京急行、京浜急行などの鉄道が乗り入れ、羽田空港も近く、交通至便。東京の都心以外では有数の繁華街であり商業地区です。

今回ご紹介する就労移行支援事業所”でらいとわーく”は、JR蒲田駅から徒歩5~6分ほどのビルの4階にあります。周りにはたくさんのお店や商業施設があり、オフィスビルも立ち並ぶ地域。週1回のスーツデイではスーツを着て、でらいとわーくがあるビルに入っていく利用者のみなさんは、ふつうに出社する社員さんのように見えます。

20161018_img1
でらいとわーくには、服装の違いで、「スーツデイ」と「カジュアルデイ」があり、こちらは「カジュアルデイ」の日の様子

毎週月曜から金曜の5日間、利用者様方は、午前は元気な声が室内にあふれるミーティング(朝礼)からスタートし、2時間の就労支援のトレーニング(国語・数学・英語3教科の公文式学習)に取り組み、午後はパソコンやビジネススキルアップなどをはじめ、仕事をするうえで役立つ豊富なプログラム(月毎・曜日毎により多種を用意)を実践します。

まず、就労移行支援事業所が担うものや役割といったことを、でらいとわーくの西浜さん(副施設長)にうかがってみました。

「わたしたちの役割は文字通り、障害のある利用者様方が仕事に就けるように、多種多様な支援プログラムを用意し、能力やスキルを養っていただき、就労に結びつけることです。もちろん、履歴書の書き方の指導や模擬面接から、ハローワークでの求職活動や職場実習などのサポートもしています。

では、仕事に就けさえすればよいかというと、そうではないと思います。就職はゴールではなく、新しい人生のスタートだからです。その意味では、就いた仕事をやりがいをもって続けられるための定着支援も、同じくらい大切にしています。

その第一歩が、わたしたちがよく口にする“利用者様と仕事とのマッチング”です。簡潔に言えば、その方がもっている能力や志しているもの、たとえば、得意なことは何か?どんな能力が高いのか?やりたい仕事は何か?といったことを、利用者様とともに考え、支援プログラムを通して見つけ、その方にぴったり合った仕事や職場をいっしょに探す…ということになるでしょうか。もちろん、このマッチングには、企業様側が求めている人材という要素も含まれます」

ちなみに、でらいとわーくを利用される方の多くは、精神障害(統合失調症やうつ病など)や高次脳機能障害(脳外傷や脳血管系の病気などによる認知面を主とした脳の高次な機能の障害や機能不全)とのこと。「就労移行支援事業所」といっても、その事業所により利用される方たちの障害もさまざまです。

スタッフのみなさんが「こんな人になってほしい」と想う共通のイメージとは?

関連記事

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.179 就労支援としてのKUMON-
でらいとわーく(後編)

「自分の持っている力に気づき、可能性を知る。 自分にとっての“ちょうどいい”を知り、 働き続ける喜び、幸せを感じる」 その実現のためのサポートをしたい。

KUMONグループの活動  2015/10/06更新

Vol.106 就労支援としてのKUMON-諫早ワークスサテライト

“社会の役に立てる人” “その職場になくてはならない人” そんな人になってほしいと思っています 就労移行支援事業所、諫早ワークスサテライトでの公文式導入

KUMONグループの活動  2016/03/29更新

Vol.144 就労支援としてのKUMON-フォレスト

「“働きたい”を尊重し、育てています。 できることをじっくりと、 一緒に伸ばしていきましょう」

KUMONグループの活動  2015/01/13更新

Vol.070 就労支援としてのKUMON-愛光園

「愛光園の利用者さんたちと われわれスタッフは ともに“就労”という 明確な目標をもった同志です」 「働きたい」という意欲と自己肯定感が未来を拓く

KUMONグループの活動  2016/12/06更新

Vol.184 就労支援としてのKUMON-
S&Jパンドラ(後編)

障害のある人を “自信と誇りに満ちた働き手”に プロデュースしたい

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/10/13更新

Vol.375 受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!

日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!

KUMONグループの活動  2020/10/09更新

Vol.374 感染対策の中での学習療法

こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~

KUMONグループの活動  2020/10/06更新

Vol.373 浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」

神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~

KUMONグループの活動  2020/09/29更新

Vol.372 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>

学習者・OBOG  2020/09/25更新

Vol.371 公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?

フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.064 前編
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!