KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/01/27更新

Vol.072 大学生意識調査 -東京大学編  

東大生がいまふり返る
に残った教育”とは?
「子どものころ、親にしてもらって感謝している教育とは?」現役東大生100人が回答

現在、KUMONでは公文式学習者OB・OGのみなさんと連携したさまざまな活動をスタートしています。今回ご紹介する「大学生意識調査」もその一環。東京大学の学生さん3名※(うちふたりが公文OB・OG)とKUMON広報部の社員が、子どものころの成育環境や受けた教育について話をしていたことがきっかけで始まりました。子どものころどのような生活をし、また、どのような教育を受け、それが現在の自分にどのようにつながっているのでしょうか。

親にしてもらって感謝していることの№1は「本の読み聞かせ・いっしょに本を読んでくれたこと」40人

100人中40人の東大生が「本の読み聞かせ」を選択。

回答の補足として記入されたコメントでとくに印象的だったのは…

「母が、わたしの理解度や年齢に合わせて本を選んで読み聞かせてくれました。考え方や生き方のヒントになっています」(文系3年・女)

お母さんの愛情の奥深さを垣間見るような気がしますね。

ほかにも、読み聞かせの効果の多彩さがうかがいしれるコメントがたくさんありました。その代表的なものをご紹介しましょう。

「いろんな絵本を読み聞かせしてくれたことで、多くの世界観を知って、想像力が豊かになったと思います」(理系2年・女)
「ボキャブラリーの豊かさや学ぶことの大切さを知ることに如実に効果があった」(文系2年・女)
「絵本から図鑑に至るまで、とにかくたくさん読み聞かせをしてくれ、内容もですが、その時間自体が楽しかった」(文系3年・男)

「親にしてもらって感謝していること」の第3位、“ほめること”にも多くのコメントが寄せられています。

「何事にも積極的に取り組めるようになった」(理系3年・女)
「自己肯定感はこれでかなり高まったように思う」(文系3年・男)
「ほめてくれることで、いつも自分に自信をもてるようになりました」(理系3年・女)

ほめることは、やはり子どもたちの心の成長に大きな影響を与えているようですね。

感謝している習い事のトップは、意外にも「スポーツ系」!

「親にしてもらって感謝している教育」で、習い事について詳しく聞いてみました。すると、意外や意外、トップは塾などの学習系ではなく“スポーツ系”の習い事。

代表的なコメントをご紹介します。

「なんだかんだ基礎体力がついたと思うし、イヤで辛いときも頑張ることができる精神力がついたのかもしれない」(文系3年・男)
「いまでもスポーツが自分の生活の一部になっていて、それらが自分の人生を豊かにしていると実感している」(文系4年・男)

これ以外にも、スポーツを通じて忍耐力や交友関係が広がったというコメントが多く寄せられています。「文武両道」とはいかないまでも、スポーツと勉学をバランスよくしてきた学生さんが多いようです。

習い事の第2位は学習系、第3位は音楽系でした。音楽系と答えた学生さんのコメントではこんなコメントに注目しました。

「芸術方面に対する感性が育てられ、また学校とは違う世界での友人や人脈もつくることができてよかったです」(文系2年・女)。

音楽や芸術といった、勉学以外の世界での人との出会いや活動の場の広がりを実感している学生さんが多いようです。

100人中、28人の東大生が元KUMON生。そのうち、5年以上通っていた学生が46%とほぼ半数。

回答してくださった多くの学生さんに共通していたKUMONの効果を列挙してみると…。

「学習習慣が身についた」
「自らの学力の基礎づけとなった」
「計算力と国語力がついた」
「難しい問題に取り組むときの姿勢が身についた」

計算力や国語力が身についただけではなく、すべての教科の学習に不可欠な「基礎学力」「自ら学ぶ習慣」「学習姿勢の形成」などに、KUMONは大きく役立ったようです。

5年以上通っていた学生さんが予想以上に多いことに驚かされました。幼児から大学教養レベルまでの教材がそろっているKUMONならではの結果ではないかと推測しています。

 

 

 

 

調査メンバーの現役東大生3人が見るポイント!!

「自分の周りにいる、勉学のみならず、さまざまな分野で秀でる学生を日々見ているので、ある意味では予想通りの結果でした。自由にいろいろなことにチャレンジできる気持ちを育てるという、家庭環境の大切さがアンケートからもたくさん見てとれました。自分自身も、親に小さいころからさまざまな機会を与えられ、読み聞かせをたっぷりしてもらったことを思い出しました。ほんとうに感謝しています」(長田さん、写真中央)

「ほめてもらうことで身についた自信、いつも支えてくれる人がいるという安心感。それに加え、さまざまな習い事をする機会をつくるのに労力を惜しまないご両親の姿勢が、学力だけではなく、積極性や向上心を高く育てることにつながっているのではないのかな、と思いました」(手嶋さん、写真左)

「私自身も、小学生のころに公文にお世話になったので、今回の調査はとても感慨深く、また自分の幼少期をふり返る良いきっかけとなりました。今回の調査結果を読んでくださる方たちが、ご自身の幼いころに大切にしていたものや親への感謝の気持ちを再認識するきっかけとなったり、子育てを考える一助となったりすれば、とてもうれしいです」(衛藤さん、写真右)

関連リンク
片平ゼミ「元東京大学教授、丸の内ブランドフォーラムの片平秀貴代表のゼミ」
(今回の調査にあたった東大生3人がこちらのゼミで学んでいます。)
歌と読み聞かせの効果の科学的な解明|KUMON now!
KUMON now! Facebook

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!