KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/12/24更新

Vol.068

街角のKUMON-フィリピン・インドネシア・オーストラリア  

なぜ48地域
KUMONは広がっているのか?
オリジナル教材と個人別学習、そして世界各地の指導者

KUMONの海外展開をマスコミなどで紹介いただく機会が多くなるにしたがい、お問い合わせやご質問もとても増えてきました。今回は、フィリピン、インドネシア、オーストラリアの教室の写真をご紹介しながら、最近とくに増えた質問のひとつ、「なぜKUMONは48の国と地域に広がっているのですか?」についてお答えします。

高い基礎学力の養成をめざしたKUMONオリジナルの教材と個人別学習

文化や価値観、教育システムが異なる海外で、KUMONが受け入れられている大きな理由のひとつは、教育の根幹となる「高い基礎学力の養成」をめざしていること。そして、そのために、易しい内容から高度な内容へとスモールステップで構成されたKUMONの教材があることです。

この教材は、どの国の教育システムにも準拠していません。子どもたちがいつでも意欲的に学んでいけるよう、KUMONがオリジナルで創りあげた教材です。また、この教材は紙と鉛筆さえあれば、どんな国でも学習でき、一人ひとりの学力とペースに合わせた個人別学習ができるという特長もあります。

世界各地のKUMON指導者共通の願い「子どもたちの可能性を最大限に伸ばしたい」

世界に広がっているもうひとつの大きな理由は、世界各地にある教室の指導者の存在です。国や民族の違いはありますが、「どの子にも学ぶ喜びを知ってほしい」「子どもたちの可能性を最大限に伸ばしたい」という、同じ願いをもったKUMONの指導者がいます。

指導者は子どもたち一人ひとりの学力を見極め、その子にあった教材を提供し、できたことを認め・ほめながら、みずから学ぶ姿勢と確固たる基礎学力を育んでいきます。そのことが、地域を、さらには国を良くしていくことにつながると信じているからです。

「将来は途上国で」故・公文毅社長の思い

1990年12月9日付『毎日新聞』の「これからどうなる」というコーナーに、故・公文毅社長(くもん たけし、当時公文教育研究会代表取締役)のインタビュー記事が掲載されています。「発展途上国にとって人づくりが最も大切ですが?」という質問に答えてのコメント。四半世紀近く前の1990年というと、海外の学習者数がようやく17万を超えたころです(現在は約281万、2014年3月)。

「われわれのメソッドは紙とエンピツがあればよく、安い費用で普及できます。しかし、先進国にしても教育予算の削減で四苦八苦しているのですが、途上国の場合、それ以上に予算の壁があります。政府や有力企業の応援で教育面にも海外援助の資金が回るようになると良いのですが。わたしの希望は、将来、発展途上国や難民など教育条件に恵まれない国の子どもたちの学力向上に公文の教育システムが役立つことなのです。21世紀に向かって環境問題がクローズアップされていますが、教育はそれと同じくらいの大切な問題です。」<原文のまま>

私たちは、毅社長のこの思いを一日でも早く実現できるように、これからも真摯に活動していきたいと考えています。

フィリピン
1階はコーヒーハウスとグリル料理のレストラン、2階がKUMONの教室です。ホッとくつろぐ空間と学びにいそしむ場という対比が絶妙で、不思議と生きるエネルギーを感じてしまう建物です。小さくて見えにくいですが、2階のKUMON教室のベランダ中央には、フィリピンではおなじみのマリア様の絵が飾られていて、生徒さんたちを見守っています。

インドネシア
経済発展が著しいインドネシアでは、モーターバイクは庶民の足。教室のおとなりのバイク屋さんにもところせましと並べられています。きょうは教室がお休みの日なので、ちょっとだけバイクがはみだしているのはご愛嬌。教室日には学習が終わった子たちがバイクを興味深げにながめ、店員さんを質問攻めにすることもあるそうです。

オーストラリア
ガラス面に貼られたクリスマスツリーやリボンのデコレーションにご注目。でも、街も陽射しも夏の装い…。そう12月のオーストラリアは真夏。北半球では「ホワイトクリスマス」ですが、こちらでは「グリーンクリスマス」と言うそうです。サンタクロースの服装はというと、これは北半球といっしょですが、さすがに薄手の生地。でも最近は、半袖・短パン・サングラスのサンタさんもいるとか。見てみたいですね。

関連リンク
『KUMON now!』トピックス Vol.064世界へ広がった経緯|What’s KUMON?

タグ
関連記事

KUMONグループの活動  2014/10/14更新

Vol.058 街角のKUMON-KUMONロゴ

世界各地の街角に 溶け込むKUMONブルー KUMONロゴのなかの”顔”の意味、ブルーに込められた願い

KUMONグループの活動  2015/02/03更新

Vol.073 街角のKUMON-タイ・ベトナム・ブラジル

ひと組の親子の絆から生まれた KUMON公文式が生まれるきっかけはひとりの少年が家に持ち帰った算数の答案用紙でした

KUMONグループの活動  2014/11/25更新

Vol.064 街角のKUMON-ニューヨーク・シンガポール・南アフリカ

KUMONの海外展開は 40年前にスタート「少子化だから」ではなく、「現地からの依頼に応えて」の展開

調査・研究・アンケート  2014/05/20更新

Vol.037 ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON

KUMONがより身近になる一冊『子どもの”自学”する力を育むKUMON』がPHP研究所より刊行されました

KUMONグループの活動  2014/02/04更新

Vol.022 外部から見たKUMON-外部識者

心理学、認知リハビリ、脳科学、 小児科から見た公文式 外部識者が発信する新たなKUMONの価値

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!