スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/09/04更新

Vol.063

往来物研究家
小泉吉永先生  後編

江戸の知恵には学びがあふれている
“好き”をとことん掘り下げて
出会いを引き寄せよう

小泉 吉永 (こいずみ よしなが)

東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、学校教員や出版社編集者を経て、現在、立正大学および人間総合科学大学非常勤講師、学術博士(金沢大学)。江戸時代の教育や庶民文化に関する講演・執筆や展示企画の傍ら、各種メディアにも出演。主要著作に、『往来物解題辞典』『「江戸の子育て」読本』『江戸に学ぶ人育て人づくり』など多数。近著に『心教を以て尚と為す―江戸に学ぶ「人間教育」の知恵』がある。

27歳のとき、古書店でたまたま手にした一冊との出合いを機に、「往来物」といわれる「江戸時代の教科書」の蒐集と研究を始めた小泉吉永先生。研究対象は、江戸時代の教育や庶民文化などにも広がり、現在は大学やメディアなどでご活躍されるほか、「江戸樂舎」を主宰し、誰もが楽しみながら江戸を学べる機会を提供しています。往来物の魅力や、江戸時代と現代の教育との違い、浮世絵のコレクションと研究を続けてきた公文に対する印象などについてうかがいました。

子は親の勤勉な姿を見て学ぶ
『心教を以て尚と為す』で育てよう

往来物研究家 小泉吉永先生

幼児の頃、母が私に「幼稚園に行きたいか」と尋ねたところ、私が「行きたくない」と答えたので入園させなかったそうです。こんな調子ですから、私は親から「勉強しろ」と言われたことはありませんでした。私も息子たちに「勉強しろ」とは言いませんでした。代わりに、「時間を大切にしろ」「掃除をしろ」と言ってきました。週1回は掃除の日をつくって家族全員で掃除をすることを習慣にしていたので、会社員になった息子たちは、今でも週1回は自主的に掃除をしているようです。

私は「勉強しろ」と子どもに言うよりも、親が何ごとにも勤勉な姿を見せることが大事だと思います。親が勉強したり本を読んだりして楽しむ姿を子どもに見せ、子どもから「そんなに面白いの?」と聞かれたらしめたもの。面白さは本人が感じることですから、言葉で伝わらなくても、側で見ていて何かを感じ取るものです。

私はこの7月に、江戸時代の育児書100余点が伝える子育てや人づくりの知恵をまとめた書籍を出版しました。タイトルである『心教を以て尚と為す』は、江戸時代の教育のもっとも大事な教えを表現した言葉です。

「心教」とは心をもって相手を感化することで、ほかに、言葉で教える「言教」、行動やふるまいで示す「躬教(きゅうきょう)」という教えのスタイルがあります。言葉でも行動でも教えず、その人に接しているうちに自然と身につく、その人の影響を受けて良い方に導かれるというのが「心教」で、これは教育の最も理想的な形です。

このような日本人の姿勢は、欧米諸国の人からみると「主張も指導もしない」と捉えられますが、“意図しないところ”を大事にしたのが日本の教育文化の一つです。教育に限らず言葉で伝えることは、多少の効果はあっても、強い影響力は期待できません。例えば、人を判断する時に、その人の言葉より、その人の振る舞いを見て判断するのではないでしょうか。口先の言葉よりも、無意識の行動のほうが相手に強いメッセージを与えていると思ったほうがよいでしょう。

いずれにしても、江戸時代は知れば知るほど面白く、その奥行きに興味が尽きることはありません。人生は学びの連続です。ぜひ拙著にあるような江戸時代の知恵に学び、子育てはもちろん、自分の人生を謳歌してほしいと願っています。

 

関連リンク
小泉吉永ホームページ
往来物倶楽部
江戸樂舎
三次市立図書館発「おとなの寺子屋―ネットで学ぶ往来本―」
小泉吉永著『心教を以て尚と為す─江戸に学ぶ「人間教育」の知恵─』(敬文舎) 


 

往来物研究家 小泉吉永先生  

前編のインタビューから

-生きるヒントを江戸時代から学び伝える
-寺子屋と公文式に共通する「自学自習」
-「学びを味わう」楽しさを知った高校時代

 
関連記事

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2019/02/08更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2015/12/18更新

Vol.027 武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生

間違いや失敗を恐れずに 好奇心や疑問をもって 心から「好き!」なことを見つけよう

2016/10/21更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.432
「第10回 日本医師会 赤ひげ大賞」功労賞に
田仲みすず先生
高齢者がいくつになっても 生きがいを持てる 質の高い生活を支える認知症サポート医 ~学習療法・脳の健康教室を活かした14年間の功績~
Vol.431
公文書写-夫婦で長く続けることが目標
夫婦で楽しく学べる書写は、 二人と町をつなぐ糸 ~ゆっくり丁寧に、 優しい気持ちで続けていきたい~
Vol.430
浮世絵に描かれた江戸時代のくらし
「雪のあした」
お正月の井戸端の様子を描いた 「雪のあした」 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
Vol.429
KUMONの各事業トピックス2021
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2021年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.085 後編
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
Vol.085 前編
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
Vol.084
劇団四季 俳優
金子進太郎さん
奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい
Vol.083
映画監督
大川史織さん
「楽しい」を真ん中に やりたいことを全力で続けていれば 出会いを手繰り寄せられる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!