スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生  前編

江戸の知恵には学びがあふれている
“好き”をとことん掘り下げて
出会いを引き寄せよう

小泉 吉永 (こいずみ よしなが)
東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、学校教員や出版社編集者を経て、現在、立正大学および人間総合科学大学非常勤講師、学術博士(金沢大学)。江戸時代の教育や庶民文化に関する講演・執筆や展示企画の傍ら、各種メディアにも出演。主要著作に、『往来物解題辞典』『「江戸の子育て」読本』『江戸に学ぶ人育て人づくり』など多数。近著に『心教を以て尚と為す―江戸に学ぶ「人間教育」の知恵』がある。

27歳のとき、古書店でたまたま手にした一冊との出合いを機に、「往来物」といわれる「江戸時代の教科書」の蒐集と研究を始めた小泉吉永先生。研究対象は、江戸時代の教育や庶民文化などにも広がり、現在は大学やメディアなどでご活躍されるほか、「江戸樂舎」を主宰し、誰もが楽しみながら江戸を学べる機会を提供しています。往来物の魅力や、江戸時代と現代の教育との違い、浮世絵のコレクションと研究を続けてきた公文に対する印象などについてうかがいました。

蒐集した“古典籍”は1万点以上
生きるヒントを江戸時代から学び伝える

往来物研究家 小泉吉永先生

私は、江戸時代以前の読み書きの教科書である「往来物」や寺子屋などの庶民教育、庶民文化の研究者として、大学で江戸時代の人間教育を教えたり、江戸時代に関する史料出版や執筆・講演活動をしたりしています。

近年注力しているのが、蒐集した“古典籍”(明治期以前に書写または印刷された文献類)のデジタル化です。データはホームページ「往来物倶楽部デジタルアーカイブス」で販売していますが、最大の目的は、貴重な資料を後世へ伝えるためです。蒐集史料には現存唯一のものもあり、何かで消失してしまうともう手に入りません。そこで、国文学研究資料館に無償で寄贈しています。デジタル化の目標は1万点で、現在4,000点ほど実現できました。70歳までには達成したいと思っています。

そのほか、貴重な往来物を多数所蔵する広島県三次市立図書館では、貴重書のデジタル化をお手伝いしたご縁で、3年前に一般向けのネット講座「おとなの寺子屋」を立ち上げました。埼玉県の拙宅と、図書館の専用パソコンをオンラインでつなぎ、三次市重要文化財の往来本(往来物。読み書き教科書)などを学ぶ講座です。データを瞬時に画面共有できて、しかもきれいで拡大も自在。原本を回覧するよりも効率がよく、ICT教育の良さを実感しています。受講生が図書館に集まる形式のため、今年度はコロナ禍の影響で休講中ですが、こうした遠隔教育は公立図書館では先駆的な取り組みだと思います。

また、関東を中心に「江戸樂舎」の各種講座を主宰しています。江戸時代の庶民教育や生活文化などに関する座学の講座である「聴いて楽しむ」、江戸時代の古典籍を読み解く「読んで楽しむ」、江戸を体感する史跡巡りの「歩いて楽しむ」という、3つのメニューを用意しています。

このうち「歩いて楽しむ」は、『江戸名所図会』の風景を現在の風景と対比しながら歩いたり、著名人のお墓巡りをしながらその人の生き方を学んだり、書物と現場を結びつけ、より深く江戸を楽しめる講座です。これらは単発での参加も可能ですが、会員になっていただければ、インターネットでの講座も視聴できるので、興味のある方はぜひホームページをのぞいてみてください。

私がこうした活動を続けているのは、江戸時代の文献には、人として大切なことがたくさん書かれ、学ぶべきことが多いと痛感しているからです。知的好奇心だけでなく、生きるためのヒントやメッセージを江戸から学んで多くの人に伝えたいと思っています。

寺子屋と公文式に共通するものとは?

関連記事

2020/09/04更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!