スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/09/04更新

Vol.063

往来物研究家
小泉吉永先生  後編

江戸の知恵には学びがあふれている
“好き”をとことん掘り下げて
出会いを引き寄せよう

小泉 吉永 (こいずみ よしなが)

東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、学校教員や出版社編集者を経て、現在、立正大学および人間総合科学大学非常勤講師、学術博士(金沢大学)。江戸時代の教育や庶民文化に関する講演・執筆や展示企画の傍ら、各種メディアにも出演。主要著作に、『往来物解題辞典』『「江戸の子育て」読本』『江戸に学ぶ人育て人づくり』など多数。近著に『心教を以て尚と為す―江戸に学ぶ「人間教育」の知恵』がある。

27歳のとき、古書店でたまたま手にした一冊との出合いを機に、「往来物」といわれる「江戸時代の教科書」の蒐集と研究を始めた小泉吉永先生。研究対象は、江戸時代の教育や庶民文化などにも広がり、現在は大学やメディアなどでご活躍されるほか、「江戸樂舎」を主宰し、誰もが楽しみながら江戸を学べる機会を提供しています。往来物の魅力や、江戸時代と現代の教育との違い、浮世絵のコレクションと研究を続けてきた公文に対する印象などについてうかがいました。

教師の夢をあきらめて就職したことが今の研究のきっかけに

往来物研究家 小泉吉永先生

教員採用試験はなかなか厳しく、代用教員や講師をしながら5年ほどチャレンジしましたが合格できませんでした。そこで、高校時代の級友の紹介で公的団体(全国青色申告会総連合)に就職したのですが、これが現在の私を方向付けるきっかけとなりました。職場は神田神保町に近く、仕事帰りによく古書店巡りをし、そこで何気なく手にした一冊が『庭訓往来』でした。27歳のときです。

「往来物」の存在は知っていましたが、実際に江戸時代の本が店頭に並んでいることに驚き、開いてみて、「くずし字」がとてもきれいで、木版技術が素晴らしかったことに感嘆しました。くずし字はほとんど読めませんでしたが、「この字を読めるようになりたい」と強く思い、それを1,500円程度で買い求め、以来、2冊3冊と往来物を集めるようになり、くずし字も独学で学び始めました。

ちょうどその頃、ある本に「好きなことを毎日30分、それを10年間続けたら、その道のエキスパートになれる」と書かれていたのを真に受けて「毎日30分」を実行しました。筆ペンでノートにくずし字を写し、読めない字を解読辞典で調べました。どんなに遅くまで残業しても、お酒を飲んで帰っても、30分は難しくても、とにかく毎日、往来物を開いて眺める。これを続けたら、3年目くらいには7割方読めるようになりました。

そうなると、書かれている内容がとても面白く、未知の世界の謎を解き明かすような感興も手伝って、江戸時代にのめり込みました。やがて、石門心学(※石田梅岩が始めた庶民の実践道徳)や、通俗教訓書なども研究するようになりました。公的団体では間もなく広報誌の編集担当に抜擢されたので、江戸時代の商人心得を紹介する「あきんどマインド」というコーナーを設けて執筆もしました。けっこう反響がありうれしかったですね。

やがて、通俗教訓書や往来物にも子育てに関する記述が多くあることに気づきました。読んでみると、現代でも通用する「知恵」や「秘訣」が書いてあるのです。そこで、江戸時代の育児書も丹念に集めるようになりました。やがて、江戸関連の書籍を出している出版社へ転職し、『往来物大系』全100巻をはじめ、10年がかりで約1650頁の『往来物解題辞典』全2巻を編集するなど、多くの江戸関連の書籍を世に出すことができました。

学びに一番大切なのは?

関連記事

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2019/02/08更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2015/12/18更新

Vol.027 武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生

間違いや失敗を恐れずに 好奇心や疑問をもって 心から「好き!」なことを見つけよう

2016/10/21更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!