スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/09/04更新

Vol.063

往来物研究家
小泉吉永先生  後編

江戸の知恵には学びがあふれている
“好き”をとことん掘り下げて
出会いを引き寄せよう

小泉 吉永 (こいずみ よしなが)

東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、学校教員や出版社編集者を経て、現在、立正大学および人間総合科学大学非常勤講師、学術博士(金沢大学)。江戸時代の教育や庶民文化に関する講演・執筆や展示企画の傍ら、各種メディアにも出演。主要著作に、『往来物解題辞典』『「江戸の子育て」読本』『江戸に学ぶ人育て人づくり』など多数。近著に『心教を以て尚と為す―江戸に学ぶ「人間教育」の知恵』がある。

27歳のとき、古書店でたまたま手にした一冊との出合いを機に、「往来物」といわれる「江戸時代の教科書」の蒐集と研究を始めた小泉吉永先生。研究対象は、江戸時代の教育や庶民文化などにも広がり、現在は大学やメディアなどでご活躍されるほか、「江戸樂舎」を主宰し、誰もが楽しみながら江戸を学べる機会を提供しています。往来物の魅力や、江戸時代と現代の教育との違い、浮世絵のコレクションと研究を続けてきた公文に対する印象などについてうかがいました。

教師の夢をあきらめて就職したことが今の研究のきっかけに

往来物研究家 小泉吉永先生

教員採用試験はなかなか厳しく、代用教員や講師をしながら5年ほどチャレンジしましたが合格できませんでした。そこで、高校時代の級友の紹介で公的団体(全国青色申告会総連合)に就職したのですが、これが現在の私を方向付けるきっかけとなりました。職場は神田神保町に近く、仕事帰りによく古書店巡りをし、そこで何気なく手にした一冊が『庭訓往来』でした。27歳のときです。

「往来物」の存在は知っていましたが、実際に江戸時代の本が店頭に並んでいることに驚き、開いてみて、「くずし字」がとてもきれいで、木版技術が素晴らしかったことに感嘆しました。くずし字はほとんど読めませんでしたが、「この字を読めるようになりたい」と強く思い、それを1,500円程度で買い求め、以来、2冊3冊と往来物を集めるようになり、くずし字も独学で学び始めました。

ちょうどその頃、ある本に「好きなことを毎日30分、それを10年間続けたら、その道のエキスパートになれる」と書かれていたのを真に受けて「毎日30分」を実行しました。筆ペンでノートにくずし字を写し、読めない字を解読辞典で調べました。どんなに遅くまで残業しても、お酒を飲んで帰っても、30分は難しくても、とにかく毎日、往来物を開いて眺める。これを続けたら、3年目くらいには7割方読めるようになりました。

そうなると、書かれている内容がとても面白く、未知の世界の謎を解き明かすような感興も手伝って、江戸時代にのめり込みました。やがて、石門心学(※石田梅岩が始めた庶民の実践道徳)や、通俗教訓書なども研究するようになりました。公的団体では間もなく広報誌の編集担当に抜擢されたので、江戸時代の商人心得を紹介する「あきんどマインド」というコーナーを設けて執筆もしました。けっこう反響がありうれしかったですね。

やがて、通俗教訓書や往来物にも子育てに関する記述が多くあることに気づきました。読んでみると、現代でも通用する「知恵」や「秘訣」が書いてあるのです。そこで、江戸時代の育児書も丹念に集めるようになりました。やがて、江戸関連の書籍を出している出版社へ転職し、『往来物大系』全100巻をはじめ、10年がかりで約1650頁の『往来物解題辞典』全2巻を編集するなど、多くの江戸関連の書籍を世に出すことができました。

学びに一番大切なのは?

関連記事

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2019/02/08更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/05/15更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

バックナンバー

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.402
公文国際学園のオンライン英語版模擬国連2021
自らの意志で参加し、主体性をもって 英語で国際平和を議論する経験が 生徒の内面的成長を促す
Vol.401
浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」
浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.077 前編
株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん
人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう
Vol.076
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!