スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生  後編

ふれて、使って、気づいて、直す」
外国語習得の効果的なサイクル
自分の目的にあった英語力を育てよう

竹内 理 (たけうち おさむ)
1962年兵庫県生まれ。専門分野は、英語教育学、応用言語学、第二言語習得。神戸市外国語大学外国語学部および同大学院外国語学研究科(英語学)を修了後、同志社女子大学研究助手に着任。専任講師時代にフルブライト奨学金を得て米国に留学。カリフォルニア州のモントレー大学院を首席で修了(英語教育学)。帰国後、同志社女子大学助教授および関西大学総合情報学部助教授などを経て、現在に至る。博士(学校教育学)。著書に、『達人の英語学習法——データが語る効果的な外国語習得法とは』(草思社)、他。国際研究誌にも論文多数。文科省検定英語教科書(小中高)の執筆にも携わっている。

「英語(外国語)教育学」という学問分野が、まだ十分に確立されていなかった17年前、外国語教育学を専門に学ぶ大学院の創設に尽力された竹内理先生。自身が学び始めた頃は、英語があまり好きでなく、成績も芳しくなかったとのこと。しかし、中2の時のある先生との出会いにより成績がぐっと伸び、英語を学ぶ楽しさを知ったそうです。そんなご自身の体験を踏まえ、英語学習は「ネイティブのように話す」ことではなく、「英語を使って自らの目的を叶える」ことを目指そうと提案されています。そんな先生に、英語の学習法や今の時代に必要な「英語力」、そして「学びのあり方」などについて、うかがってみました。

子どもがやりたいと思ったことをサポートしてあげる

関西大学 外国語学部・関西大学 大学院外国語教育学研究科 教授 竹内理先生

これからの世界を生きていく子どもたちは、「英語力」のほかに、様々な領域での「幅広い知識」、「論理的な思考力」、そして「相手への共感力」を身につけることが必要だと思います。幅広い分野での教養に裏打ちされた内容を、相手のことも考えながら、論理的に組み立てて伝える。そして、それを母語はもちろんのこと、外国語でも出来る。そんな能力・資質がこれからは必要だと思います。

保護者の方には、「自分が身に付けたかったこと」を子どもに押しつけるのではなく、「子どもがやりたいこと」を伸ばしてあげてほしいと思います。子どもは、私がそうであったように、自分からやる気になったら劇的に変わります。だからこそ、子どもたちには、「興味をそそるもの、楽しいものを見つけて、どんどんやってみよう」と伝えてあげてほしいのです。また「できない」なんて、決して思わせないことが大切です。少しだけ助けて、足場をかけて、「できる」という気分を体験させてあげてください。また、成績はあくまでひとつの尺度にしか過ぎません。保護者の皆さんは、「この子は毎日を楽しんでいるのか」「興味をもってやっているのか」といった異なる尺度も導入して、わが子を見守ってあげてください。そして、基本は「この子はきっとできる」と親が信頼することですね。

英語学習について言えば、「全部わからなくても構わない」と伝えてあげると良いと思います。わからないところは推測すればよい、補えばよい、聞けばよいのだから。また、「正確さ」よりも「目標を達成すること」の方が大切、という考え方も伝えてあげてください。「正確さ」は後から付いてくれば良いのです。

私の目下の目標は、今年10月、大阪で開催される学習方略の国際学会 (SSU3) を成功させることです。英語学習はもちろんのこと、さまざまな外国語の学習法、さらには(海外の学習者の視点から見た)日本語学習法についての発表などもあります。この学会は、これまでオーストリアやギリシャで開催されてきましたが、日本で開催することで、「外国語教育学」という学問分野の存在を、国内に向けてもアピールできると思っています。個人の経験だけではない、しっかりとした科学に根ざした「学習法の研究」の現在と未来をご覧になりたい方は、ぜひ参加ください。

日本では、外国語教育を学問として取り扱う伝統がありませんでした。私は外国語教育を「学問」にしたくて、体系性をつくること、方法論を確立すること、研究者を育てること、の3つに着目して、17年前に日本で初めての外国語教育学研究科をつくり、ともに歩んできました。当初の学生は日本人が中心でしたが、今や半分は海外からの学生です。ということで、中期の目標としては、もっと世界中から学生が集まる組織にして、外国語教育学の普及を国内外で目指していきたいですね。

また、長期的には、ライフワークとなるかもしれませんが、英語(外国語)を「使い」ながら学び、その過程でもっと学んでみたい、もっと知りたい、そして、なぜだろうと考える人たちを増やしていきたいですね。強制されて学ぶよりもずっと楽しくなる、主体的な英語の学びを、教育現場で実現していきたいと思います。

 

関連リンク
関西大学外国語学部
Situating Strategy Use 2019 (SSU3)


 

関西大学 外国語学部・関西大学 大学院外国語教育学研究科 教授 竹内理先生  

前編のインタビューから

-研究からわかった効果的な学習法とは
-竹内先生が考える「英語を使う」ということ
-目標を定めることの大切さとは

 

関連記事

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.381
おもちゃで楽しく英語が学べる
KUMON TOY Englishシリーズの2商品 英語で伝え合う力を養う
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!