トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 関西大学 外国語学部・関西大学 大学院外国語教育学研究科 教授 竹内理先生 前編

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生  前編

ふれて、使って、気づいて、直す」
外国語習得の効果的なサイクル
自分の目的にあった英語力を育てよう

竹内 理 (たけうち おさむ)
1962年兵庫県生まれ。専門分野は、英語教育学、応用言語学、第二言語習得。神戸市外国語大学外国語学部および同大学院外国語学研究科(英語学)を修了後、同志社女子大学研究助手に着任。専任講師時代にフルブライト奨学金を得て米国に留学。カリフォルニア州のモントレー大学院を首席で修了(英語教育学)。帰国後、同志社女子大学助教授および関西大学総合情報学部助教授などを経て、現在に至る。博士(学校教育学)。著書に、『達人の英語学習法——データが語る効果的な外国語習得法とは』(草思社)、他。国際研究誌にも論文多数。文科省検定英語教科書(小中高)の執筆にも携わっている。

「英語(外国語)教育学」という学問分野が、まだ十分に確立されていなかった17年前、外国語教育学を専門に学ぶ大学院の創設に尽力された竹内理先生。自身が学び始めた頃は、英語があまり好きでなく、成績も芳しくなかったとのこと。しかし、中2の時のある先生との出会いにより成績がぐっと伸び、英語を学ぶ楽しさを知ったそうです。そんなご自身の体験を踏まえ、英語学習は「ネイティブのように話す」ことではなく、「英語を使って自らの目的を叶える」ことを目指そうと提案されています。そんな先生に、英語の学習法や今の時代に必要な「英語力」、そして「学びのあり方」などについて、うかがってみました。

外国語の学び方や教え方を研究

私の専門分野は、外国語教育学、第二言語習得論です。もう少し具体的にいうと、その中でも、「学習方略(ストラテジー)論」と呼ばれる分野、つまり、学習者がどのように学習すれば、外国語が効果的に学べるのかを研究しています。外国語学習に成功した人の研究を行う一方で、やる気をなくした学習者にモチベーションをどのように持ってもらえるのか、という「動機づけ」の研究も行っています。また、先生たちが学校で生徒にどう英語を教えるとよいのか、これは「教授法」といいますが、この分野の研究にも取り組んでいます。つまり、学ぶ側と教える側の両方の研究をして、その接点を探っていこうとしているわけです。

これまでの研究結果からわかってきたことを、いくつかお伝えしましょう。ひとつは、外国語学習というのは、音読や繰り返しといった練習も大切ですが、学習の目標や計画を立てて、その計画をどう実行するのか ――これは「メタ認知」とよばれていますが、この能力が長けている人は成功する傾向があるということです。一つひとつの勉強の仕方はとても良くても、計画性がなかったり持続性がなかったりすると、結果的にはうまくいきません。これは英語の学習だけでなく、ほかの教科の学習にもいえることです。

動機づけについては、自分がおもしろいと思っていることを対象として、計画を立てながら、「このあたりでよいかな」、「もう少しやれるかな」と、自分で決めていける度合いが高いほど、学習意欲が高まることがわかっています。しかし人間は弱いもので、一人ではなかなか動機を維持できません。そこで、他者と一緒に行う協働学習も大切になってきます。

ただ、「この勉強法をしたら外国語が必ずうまくなる」という決定的な方法はないことも分かっています。個人の目的と環境にあった計画をたて、それをスモールステップの目標に落とし込んで実行し、必要に応じて修正する。こういうことを地道に続けていき、その過程で他者をうまく巻き込んでいく。これが効果的な学びのサイクルなのです。

竹内先生が考える「英語を使う」ということとは

関連記事

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

バックナンバー

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
Vol.366
浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」
災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~
Vol.365
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点④            <家庭教育>
Vol.364
本のなかで、自由な心で過ごしてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 夏休みに 読んでみたい本
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.071 前編
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
Vol.069
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!