トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 関西大学 外国語学部・関西大学 大学院外国語教育学研究科 教授 竹内理先生 後編

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/05/24更新

Vol.054

関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生  後編

ふれて、使って、気づいて、直す」
外国語習得の効果的なサイクル
自分の目的にあった英語力を育てよう

竹内 理 (たけうち おさむ)

1962年兵庫県生まれ。専門分野は、英語教育学、応用言語学、第二言語習得。神戸市外国語大学外国語学部および同大学院外国語学研究科(英語学)を修了後、同志社女子大学研究助手に着任。専任講師時代にフルブライト奨学金を得て米国に留学。カリフォルニア州のモントレー大学院を首席で修了(英語教育学)。帰国後、同志社女子大学助教授および関西大学総合情報学部助教授などを経て、現在に至る。博士(学校教育学)。著書に、『達人の英語学習法——データが語る効果的な外国語習得法とは』(草思社)、他。国際研究誌にも論文多数。文科省検定英語教科書(小中高)の執筆にも携わっている。

「英語(外国語)教育学」という学問分野が、まだ十分に確立されていなかった17年前、外国語教育学を専門に学ぶ大学院の創設に尽力された竹内理先生。自身が学び始めた頃は、英語があまり好きでなく、成績も芳しくなかったとのこと。しかし、中2の時のある先生との出会いにより成績がぐっと伸び、英語を学ぶ楽しさを知ったそうです。そんなご自身の体験を踏まえ、英語学習は「ネイティブのように話す」ことではなく、「英語を使って自らの目的を叶える」ことを目指そうと提案されています。そんな先生に、英語の学習法や今の時代に必要な「英語力」、そして「学びのあり方」などについて、うかがってみました。

5段階評価で2だった英語の学習が楽しくなったわけ

関西大学 外国語学部・関西大学 大学院外国語教育学研究科 教授 竹内理先生

私は小さい時から、関心をもったことのみに熱中するタイプでした。たとえば、歴史が好きで、お城、特に石垣が好きだったので、その専門書を小学校の時に買ってもらい、愛読していました。辞書を引きながら、一生懸命に理解して。でも関心のないことはからっきしダメ。恥ずかしい話ですが、実は英語は、中学1年の時点で5段階評価の2の成績でした。ところが中学2年生で出会った先生が教えてくれた勉強法のおかげで、英語が嫌いでなくなりました。音声をしっかり聞いたあと、内容を理解して、教科書を音読するというオーソドックスな方法でしたが、実践すると成績が上がり、とにかく教科書を繰り返し学ぶことが重要だと気づかされました。教科書には必要なことがすべて盛り込まれています。それをないがしろにして他の教材などをやるから、なかなか成績が上がらないのだと思います。

そのあと、当時はやっていた短波ラジオから世界の放送が英語で聞けることに興味をもち、ニュースで何をしゃべっているのか、どうしても知りたくなりました。こういう具体的な目標を持つと、英語の学習がおもしろくなり、いろいろと工夫するようになります。VOA(アメリカ国営放送)のスペシャル・イングリッシュという、ややゆっくり話してくれる放送を聞きながら、その内容をタイプライターで打ち、ディクテーション(書き取り)するということもやりました。あとで知ったのですが、著名な通訳者と同じ学習方法でした。こうやって、英語を知識としてだけでなく、特定の目標の達成のために「使って」勉強をしていったことが良かったのだと思います。

英語を使い海外と関係していく仕事に就きたくて、大学は外国語学部を目指すことにしました。志望していた大学の入試にはリスニングがあったため、高校の先生に助言を求めたところ、「耳から血が出るほど聞きなさい」と言われてしまいました。「こんな精神論はおかしい。この先生はよくわかってないのだな」とちょっとした憤りを感じ、これを機に「コトバはどう学ぶべきなのか」というテーマに対して興味が湧いてきました。

大学入学後は、外国語習得の仕組みをテーマに勉学を進めました。卒業時には、民間企業の内定や高等学校教員採用試験の合格も頂いていたのですが、この程度の英語力や知識ではまだなにも出来ない、もっと学んで、経験を積んで、可能なら「高み」を見たいと思い、大学院に進みました。その時からAD ALTIORA SEMPER(常に高みをめざして)が私のモットーになり、その結果、フルブライト奨学金を頂き米国の大学院に留学したり、国際学会で英語を使い討論したり、国際的な研究誌に英語で論文を発表したりする現在があるのです。

竹内先生の研究や勉強に行き詰った時の解決法は?

関連記事

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 後編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!