トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 関西大学 外国語学部・関西大学 大学院外国語教育学研究科 教授 竹内理先生 後編

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生  後編

ふれて、使って、気づいて、直す」
外国語習得の効果的なサイクル
自分の目的にあった英語力を育てよう

竹内 理 (たけうち おさむ)
1962年兵庫県生まれ。専門分野は、英語教育学、応用言語学、第二言語習得。神戸市外国語大学外国語学部および同大学院外国語学研究科(英語学)を修了後、同志社女子大学研究助手に着任。専任講師時代にフルブライト奨学金を得て米国に留学。カリフォルニア州のモントレー大学院を首席で修了(英語教育学)。帰国後、同志社女子大学助教授および関西大学総合情報学部助教授などを経て、現在に至る。博士(学校教育学)。著書に、『達人の英語学習法——データが語る効果的な外国語習得法とは』(草思社)、他。国際研究誌にも論文多数。文科省検定英語教科書(小中高)の執筆にも携わっている。

「英語(外国語)教育学」という学問分野が、まだ十分に確立されていなかった17年前、外国語教育学を専門に学ぶ大学院の創設に尽力された竹内理先生。自身が学び始めた頃は、英語があまり好きでなく、成績も芳しくなかったとのこと。しかし、中2の時のある先生との出会いにより成績がぐっと伸び、英語を学ぶ楽しさを知ったそうです。そんなご自身の体験を踏まえ、英語学習は「ネイティブのように話す」ことではなく、「英語を使って自らの目的を叶える」ことを目指そうと提案されています。そんな先生に、英語の学習法や今の時代に必要な「英語力」、そして「学びのあり方」などについて、うかがってみました。

5段階評価で2だった英語の学習が楽しくなったわけ

私は小さい時から、関心をもったことのみに熱中するタイプでした。たとえば、歴史が好きで、お城、特に石垣が好きだったので、その専門書を小学校の時に買ってもらい、愛読していました。辞書を引きながら、一生懸命に理解して。でも関心のないことはからっきしダメ。恥ずかしい話ですが、実は英語は、中学1年の時点で5段階評価の2の成績でした。ところが中学2年生で出会った先生が教えてくれた勉強法のおかげで、英語が嫌いでなくなりました。音声をしっかり聞いたあと、内容を理解して、教科書を音読するというオーソドックスな方法でしたが、実践すると成績が上がり、とにかく教科書を繰り返し学ぶことが重要だと気づかされました。教科書には必要なことがすべて盛り込まれています。それをないがしろにして他の教材などをやるから、なかなか成績が上がらないのだと思います。

そのあと、当時はやっていた短波ラジオから世界の放送が英語で聞けることに興味をもち、ニュースで何をしゃべっているのか、どうしても知りたくなりました。こういう具体的な目標を持つと、英語の学習がおもしろくなり、いろいろと工夫するようになります。VOA(アメリカ国営放送)のスペシャル・イングリッシュという、ややゆっくり話してくれる放送を聞きながら、その内容をタイプライターで打ち、ディクテーション(書き取り)するということもやりました。あとで知ったのですが、著名な通訳者と同じ学習方法でした。こうやって、英語を知識としてだけでなく、特定の目標の達成のために「使って」勉強をしていったことが良かったのだと思います。

英語を使い海外と関係していく仕事に就きたくて、大学は外国語学部を目指すことにしました。志望していた大学の入試にはリスニングがあったため、高校の先生に助言を求めたところ、「耳から血が出るほど聞きなさい」と言われてしまいました。「こんな精神論はおかしい。この先生はよくわかってないのだな」とちょっとした憤りを感じ、これを機に「コトバはどう学ぶべきなのか」というテーマに対して興味が湧いてきました。

大学入学後は、外国語習得の仕組みをテーマに勉学を進めました。卒業時には、民間企業の内定や高等学校教員採用試験の合格も頂いていたのですが、この程度の英語力や知識ではまだなにも出来ない、もっと学んで、経験を積んで、可能なら「高み」を見たいと思い、大学院に進みました。その時からAD ALTIORA SEMPER(常に高みをめざして)が私のモットーになり、その結果、フルブライト奨学金を頂き米国の大学院に留学したり、国際学会で英語を使い討論したり、国際的な研究誌に英語で論文を発表したりする現在があるのです。

竹内先生の研究や勉強に行き詰った時の解決法は?

関連記事

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

バックナンバー

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.311
公文書写-百人百筆編
世代を超えて楽しむ ちょっとすてきな「書写のあるくらし」 ~公文エルアイエル~
Vol.310
社員の学び合い
より多くの子どもたちに 公文式を届けたい ~国や地域を越えて学び合う社員~
Vol.309
KUMONの海外展開~ルーマニア~
ルーマニアに公文式教室開設
Vol.308
現役大学生が考える英語とは②
イマドキの大学生の 英語観の変化とは? 「関西学生Jazz Festival 2019 大学生アンケート」結果
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.062 後編
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
Vol.062 前編
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
Vol.061
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。