スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生  前編

ふれて、使って、気づいて、直す」
外国語習得の効果的なサイクル
自分の目的にあった英語力を育てよう

竹内 理 (たけうち おさむ)
1962年兵庫県生まれ。専門分野は、英語教育学、応用言語学、第二言語習得。神戸市外国語大学外国語学部および同大学院外国語学研究科(英語学)を修了後、同志社女子大学研究助手に着任。専任講師時代にフルブライト奨学金を得て米国に留学。カリフォルニア州のモントレー大学院を首席で修了(英語教育学)。帰国後、同志社女子大学助教授および関西大学総合情報学部助教授などを経て、現在に至る。博士(学校教育学)。著書に、『達人の英語学習法——データが語る効果的な外国語習得法とは』(草思社)、他。国際研究誌にも論文多数。文科省検定英語教科書(小中高)の執筆にも携わっている。

「英語(外国語)教育学」という学問分野が、まだ十分に確立されていなかった17年前、外国語教育学を専門に学ぶ大学院の創設に尽力された竹内理先生。自身が学び始めた頃は、英語があまり好きでなく、成績も芳しくなかったとのこと。しかし、中2の時のある先生との出会いにより成績がぐっと伸び、英語を学ぶ楽しさを知ったそうです。そんなご自身の体験を踏まえ、英語学習は「ネイティブのように話す」ことではなく、「英語を使って自らの目的を叶える」ことを目指そうと提案されています。そんな先生に、英語の学習法や今の時代に必要な「英語力」、そして「学びのあり方」などについて、うかがってみました。

ネイティブをモデルにしない

「学ぶ意欲さえ高ければ、99%の学習者は、外国語をうまく活用できるレベルまで到達できる。」外国語学習における動機づけ研究の大家ゾルタン・ドルニエ先生(英国ノッティンガム大学)はこう言い切ります。そして、到達すべきレベルは「ネイティブ話者のように」ではなく、「仕事(あるいは自分の定めた目標の達成)が差し障りなく出来る程度」というわけです。これを受けて、これからの英語教育では「目標が達成できればそれで良い」と学習者側が思うような環境を教員が作って、そこで言語活動をさせることが大切となります。「正確に言いたい」と必要性を感じるようになれば、放っておいても、正確さに向けて学習者は自ら学ぶようになるでしょう。

以前、中学の授業で生徒たちに「なぜ英語を勉強するの」と聞いたところ、「受験のため」、「なんとなく」といった回答がほとんどで、英語の使用目的や学習目標がはっきりしていませんでした。何のために使いたいのかによって、学び方も比重の置き方も違ってきます。例えば外交官になりたいのなら、英語の新聞や論文・報告書を高度に読みこなすことが必要ですし、発話もかなりの正確さが求められます。でも、海外旅行で困らない程度に、と思ったら、こんな高い水準は不要ですよね。

つまり、必要な「英語力」とは、それぞれの学習者の目的によって違い、自分の目的にあった英語力を身に付けることが大切だ、ということになります。ただ、現時点での必要性は「海外旅行で困らない程度」であっても、将来的に旅行以外で英語が必要となるかもしれません。可能性はいくらでもあるので、「自分はこれで十分」と思わずに、これからの学びの基礎になる部分は、しっかりマスターしておいた方が良いと思います。TOEFL Junior(R)やTOEFL Primary(R)などのテストは、スコアを競うのではなく、自分の基礎の弱い部分を客観的に振り返る材料に使うといいでしょう。テストは強制されて受けてもあまり意味はありません。何のために受験するのか、その目的をしっかりと考えて、結果を学習に利用する気持ちで受験してほしいですね。

学校での学びは、他者と足並み揃えることが求められるので、自分が先に進みたくても、スピードを落とさないといけない場合があります。あるいは、逆に進度が速すぎてついていけない場合もあります。でも本来、「知りたい」「進みたい」、「わかった」「腑に落ちた」と思った時の学びが一番身につくものです。そこで、小さなステップで目標を意識しながら一つずつ進んでいく公文式は、個々人の進度に合わせて学べる良い方法だと考えています。難しい内容でも、自分がおもしろいと思えば、あるいは自分に大きな目的があれば、それに向けてどんどん進んでいけます。腑に落ちるまでは進めないということであれば、じっくり学べばよいわけです。あとは、学んだことを知識レベルだけに終わらせないように、積極的に「使う」機会へと結びつけられると、さらに良いと考えています。

 

関連リンク
関西大学外国語学部
Situating Strategy Use 2019 (SSU3)


 

 

後編のインタビューから

-5段階評価で「2」だった英語が急におもしろくなったわけ
-研究や勉強に行き詰った時の解決法は?
-竹内先生から保護者の方々へのメッセージ

 

関連記事

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!