スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/02/08更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生  後編

江戸文化に「遊び心」があふれていたように
学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

藤澤 紫 (ふじさわ むらさき)
東京都生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期過程満期終了。博士(哲学)。2011年より國學院大學大学院文学研究科客員教授。2014年より同大学文学部教授。国際浮世絵学会常任理事。主な著書に『くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵 江戸の子ども絵・おもちゃ絵大集合!』(青幻舎)、『遊べる浮世絵 体験版・江戸文化入門』(東京書籍)、『別冊太陽 鈴木春信 決定版 恋をいろどる浮世絵絵師』(平凡社)など。

日本近世絵画史、中でも浮世絵を専門に研究されている藤澤紫先生。30代という若さで国際浮世絵学会の常任理事に就任し、以後も同会の国際大会の委員長を務めるなど、浮世絵の普及に尽力されています。新たに始まったNHK BS4Kの番組『浮世絵EDO-LIFE』で監修を務められているほか、公文教育研究会が所蔵する浮世絵などの作品を閲覧できるウェブサイト「くもん子ども浮世絵ミュージアム」の解説執筆にも関わってくださっています。実はもともと西洋美術に関心があったという藤澤先生、浮世絵のどんな魅力に引き寄せられたのか、お話を伺いました。

自分に向けて投げられたボールはできるだけ打つ

國學院大學文学部哲学科教授 藤澤紫先生

そうして教壇に立つようになるのですが、まさか、自分の興味がここまで広がり、教える立場になるとは思っていませんでした。自分としては、目の前のボールを打ち続けてきたという感じで、それがどこに飛んでいっているか、次のボールがあるかどうかもわかりませんでした。ただ、投げていただいたものはできるだけしっかり返そうと思って、ここまできました。

私はさまざまな大学で、美術史を中心に、染織や服飾、江戸文化論など多彩な講義を受け持たせていただきました。その時々で私にとってはチャレンジなのですが、それらすべてが今の研究の基盤となっていると感じます。これまでファウルも空振りもあったかもしれません。けれども自分なりにがんばったと感じた時、何かが残ります。私の場合、「経験」であり、「人とのつながり」であったと思います。だからこそ、若い人には目の前のことを一生懸命にやり続けて何か成し遂げて欲しいですね。

「いまの学生について思うことは?」と聞かれると、自分の大学生時代もいろいろ言われていたと思いますし、そもそもいつの時代も「若者はここがいけない」と言われてきました。江戸時代でもそうだったんですよ。簡単に「いまの学生は」とは言えないなというのが実感です。学生は自身の鏡でもあると思っていますし、私としては一人ひとりをどう見ていくかが自分の課題だと感じています。ただ、彼らが大学を卒業後、「大学っていいところだったな」と思ってくれたらいいですし、できれば在学中に、「限られた時間の大切さ」を知って欲しいですね。

私は「学び」と「遊び」は似ていると思います。共通しているのは好奇心。やる気があれば社会人になってからでも学べます。いつの時点で学んでも「学べるのは楽しいことだ」と思って欲しいと思います。江戸文化に遊び心があふれていたように、自分の学びの中に楽しみや自分なりの遊び心を見つければ、それは一過性のものではなくライフワークになる可能性を秘めています。

藤澤先生から保護者の方へのメッセージ

関連記事

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

KUMONグループの活動  2020/07/07更新

Vol.362 浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」

裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~

2020/09/04更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2017/12/26更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!