スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/05/19更新

Vol.043 海洋冒険家
白石康次郎さん  後編

自分の幸せのために
思いの方向に舵を切ろう

白石 康次郎 (しらいし こうじろう)
1967年東京生まれ鎌倉育ち。神奈川県立三崎水産高校在学中に、単独世界一周ヨットレースで優勝した故・多田雄幸氏に弟子入り。1994年には史上最年少(当時)となる26歳で、ヨットによる単独無寄港無補給世界一周という偉業を成す。その後も数々のヨットレースで活躍し、2016年には最も過酷な単独世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローヴ」にアジア人として初出場を果たすも無念のリタイア。ヨットレーサーとしての活動以外にも、子どもたちと海や森で自然学習を行う体験プログラムも主宰する。

数々の国際的なヨットレースに挑む一方で、子どもたちに自然の尊さと夢の大切さを伝え続けている海洋冒険家の白石康次郎さん。子どもの頃に抱いた「船で海を渡る」という夢に向かって、さまざまな荒波を乗り越えてきました。夢をかなえる力、そして旺盛なチャレンジ精神と行動力の源泉についてお話をうかがいました。

電話帳で調べて「海の寅さん」に「弟子入り」
人生を教わった師匠との出会い

水産高校在学中に、師匠となる多田雄幸さんが第1回単独世界一周ヨットレースで優勝しました。その様子が書かれた本を読んで、自分の目標を「船で外国に行く」からさらにハードルを上げて、「一人でヨットで世界一周をする」と決めました。ヨットといえば、僕ら庶民には手が届かないと思うでしょう?でも多田さんは個人タクシーの運転手だった。そしてヨットを自分で作って世界のレースで優勝した。

その事実に希望が湧いたんです。とにかく本人に話が聞きたかった。それで東京駅まで行って電話ボックスの電話帳で調べて電話しました。アパートに押しかけて、どうしてもヨットに乗りたい、と頼み込んだんです。

多田さんは、理詰めの僕とは真逆のタイプ。感覚的でアーティスト。一言で表すと、「行雲流水」。とどまることなく自由に生きた人で、作家の沢木耕太郎さんは「海の寅さん」と表現されました。僕は師匠から「人生の楽しさ」を学びました。師匠とのエピソードはたくさんありますよ。ひどい荒海のとき、僕がつらいと思っていても、師匠は船の中で餃子の皮を作っていたり。あれを見せられたら、もう何も言えません。少しの間でしたが、一緒にいられて幸せでした。

 


©YOICHI YABE

亡き師匠の船を改造して、26歳で無寄港無補給で単独世界一周を果たしたときは「初めてみんなにお礼を言える」ことがうれしかった。それまでに2回失敗していて、「すみません」「お願いします」しか言えませんでしたからね。このときのレースでは176日かけてゴール。こんなに時間のかかるスポーツは他にないですよね。

単独レースでは、ヨットの上はもちろん自分ただ一人。だから24時間体制で、1時間以上は連続して寝られない。何かあったら飛び出せないから寝袋は使わないし、トイレはバケツででんぷんでできている袋に入れて廃棄します。食事はレトルトのアルファ米。野菜がとれないぶん、ビタミン剤も飲んでいます。こんなふうに船の上ではすべてが不便。クジラに激突する危険もあるし、何が起こるか分からない。死ぬことだって想定内です。

白石さんがヨットに乗る理由とは?

関連記事

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2016/12/22更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

2016/12/16更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

バックナンバー

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.365
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点④            <家庭教育>
Vol.364
本のなかで、自由な心で過ごしてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 夏休みに 読んでみたい本
Vol.363
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)
親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~
Vol.362
浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」
裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.070 後編
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしかできないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
Vol.070 前編
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
Vol.069
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!