スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/05/19更新

Vol.043

海洋冒険家
白石康次郎さん  後編

自分の幸せのために
思いの方向に舵を切ろう

白石 康次郎 (しらいし こうじろう)

1967年東京生まれ鎌倉育ち。神奈川県立三崎水産高校在学中に、単独世界一周ヨットレースで優勝した故・多田雄幸氏に弟子入り。1994年には史上最年少(当時)となる26歳で、ヨットによる単独無寄港無補給世界一周という偉業を成す。その後も数々のヨットレースで活躍し、2016年には最も過酷な単独世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローヴ」にアジア人として初出場を果たすも無念のリタイア。ヨットレーサーとしての活動以外にも、子どもたちと海や森で自然学習を行う体験プログラムも主宰する。

数々の国際的なヨットレースに挑む一方で、子どもたちに自然の尊さと夢の大切さを伝え続けている海洋冒険家の白石康次郎さん。子どもの頃に抱いた「船で海を渡る」という夢に向かって、さまざまな荒波を乗り越えてきました。夢をかなえる力、そして旺盛なチャレンジ精神と行動力の源泉についてお話をうかがいました。

地球で遊び、
嵐を乗り越えるような子どもたちを育てたい

海洋冒険家 白石康次郎さん
 

僕は10年以上前から子ども向けにいろんな海洋教室を開催していますが、「ヨットに親しんでもらいたい」とは思っていません。子どもの仕事は遊びですから。子どもたちと一緒に自然の中に入って、いろんなことを体験するのが目的です。

「リビエラ海洋教室」は一泊二日で、シーカヤック、ディンギー、釣り、森林探索、焚き火……いろいろやります。沖縄に行ったらガジュマルの木をのぼったり。要は、そこにある自然を使って遊ぶ。「地球を遊ぶ」ってことです。

「大島チャレンジ」は児童養護施設の子どもたちと、ヨットで逗子から伊豆大島へ往復航海にチャレンジする。「勇気の教室」は、僕の船を使っての乗船体験。これは少しヨットを体験してみたいという「レベル1」から、相当な覚悟が必要な「レベル5」までレベルに分かれていて、大人も参加できるものもあります。

僕はこうしたプログラムで、「嵐を乗り越えられる」子どもたちを育てたいんです。人生いろんなことがありますからね。僕は子どもたちに環境を整えてあげることはできないけれど、見方を変えてみようよと気づかせることはできる。状況は変わらなくても、向きを変えれば見え方が違ってくるんです。これは船と同じです。

僕自身のこれからは、2020年のヴァンデ・グローブ初完走を目指して準備を進めること。今回はリタイアしましたが、3回連続でリタイアしているスキッパー(ヨットの操縦者)もいます。普通は信用失いますよね。それでも腐らないで、スポンサーを探してくる。だから僕は、1回失敗したくらいでくよくよしてたら笑われちゃうんです。そりゃ、30年かけてスタートしてリタイアして、涙も枯れ果てたけど、まだまだ「ヴァンデ・グローブ」には通用しなということなんだね。

もっと修行してもっと自分を高めていかないといけない。だからスポンサー企業に対しても、子どもたちに対しても、こうした取材に対しても、誠心誠意、対応する。その一つひとつが僕を成長させてくれると信じています。

次の「ヴァンデ・グローブ」では、できれば日本の進んだ科学技術を使って、すべてをメイド・イン・ジャパンの船で挑戦して優勝を目指したい。僕の代では難しいかもしれないけれど、次の世代にもつなげたいと思います。

そして、もっとその先にある僕の夢は、「世の中を明るく元気にしたい」、ただそれだけのこと。それが僕の舵を切る方向です。だから僕は、まず自分から「明るく元気に」を心がけているんです。

 

関連リンク
白石康次郎さん公式サイト


 

海洋冒険家 白石康次郎さん  

前編のインタビューから

-白石さんがヨットに乗るようになったきっかけ
-子ども時代にお父さまに言われていた唯一の言葉とは?
-厳しかった水産高校での教育

 
関連記事

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2016/12/22更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2016/12/16更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!