スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/01/20更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん  前編

「想像力」「創造力」
2つの「そうぞうりょく」が
生きていく力になる

たかいよしかず (たかいよしかず)
大阪府出身。大阪芸術大学デザイン学科卒業。現在株式会社京田クリエーション代表取締役。明治「マーブル チョコレート」キャラクターの「マーブルわんちゃん」、兵庫県西宮市観光キャラクター「みやたん」などキャラクターデザインの他、「怪談レストラン」シリーズ(童心社)のイラスト、「おはなし・くろくま」「わくわく・くろくま」シリーズ(くもん出版)など数多くの絵本も手掛ける。

Baby Kumonのキャラクター「くろくまくん」の生みの親であるたかいよしかずさん。昆虫や怪獣に魅せられた少年は、いかにして世の中を明るく照らすような作品を生み出す「ハッピークリエイター」となったのでしょうか。つねに前向きに楽しいことを追求し、新しいことにチャレンジし続けるたかいさんの原動力を探ります。

肩書きはハッピークリエイター
「楽しくなければ仕事じゃない」

いま僕の名刺には、「ハッピークリエイター」と書いてありますが、この会社に入った当時は「イラストレーター」でした。いや、「いなせなイラストレーター」でした(笑)。そういう肩書きにしていたんです。でもね、あるとき“自分はこれからイラストの域を超えて、もっといろんな仕事をしていきたいな”と思うようになったんです。だとすると、この「イラストレーター」という肩書きはちょっと違ってくるよな、と思ったんです。

たとえば、今だと「くろくまくん」のお仕事ではお話も書いています。僕は兵庫県西宮市に住んでいるのですが、西宮市のキャラクター「みやたん」は、デザインだけじゃなくて『みやたんマーチ』『みやたん音頭』『みやたんえかきうた』っていう歌も作詞作曲してるんですよ。とりあえずできることは何でもやってみたいと思う。やりたいと思ったことはやってみる。そういう感じですね。

一方では、クリエイター集団の会社の代表取締役でもあります。ただ、社長とはいえ一人のクリエイターですし、僕は絵を描くためにこの会社にいると思っているので、一番大事なのは絵を描くための時間をとりたいということです。極端な話、「絵を描く」以外のことなら、それが得意な他のスタッフさんにやってもらおうと。そうはいっても、会社のこれからの方向性を決めたり、何かしらミスがあったときに「ごめんなさい」と謝りに行くとか、そういうのは社長の仕事ですね。あとはまわりのスタッフにほんと助けてもらってます。僕は「楽しくなければ仕事じゃない」と思ってるんですよ。社員にも「みんな楽しくやろうや~」って。

たかいよしかずさん(さく・え)の「くろくまくんのかたりかけえほん」シリーズ 全3巻(各540円税別)
くもん出版より1月30日に刊行

たかいさんが絵を描くことを続けてこられた理由とは?

関連記事

2017/01/27更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん

「想像力」と「創造力」 2つの「そうぞうりょく」が 生きていく力になる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!