スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2017/01/27更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん  後編

「想像力」「創造力」
2つの「そうぞうりょく」が
生きていく力になる

たかいよしかず (たかいよしかず)
大阪府出身。大阪芸術大学デザイン学科卒業。現在株式会社京田クリエーション代表取締役。明治「マーブル チョコレート」キャラクターの「マーブルわんちゃん」、兵庫県西宮市観光キャラクター「みやたん」などキャラクターデザインの他、「怪談レストラン」シリーズ(童心社)のイラスト、「おはなし・くろくま」「わくわく・くろくま」シリーズ(くもん出版)など数多くの絵本も手掛ける。

Baby Kumonのキャラクター「くろくまくん」の生みの親であるたかいよしかずさん。昆虫や怪獣に魅せられた少年は、いかにして世の中を明るく照らすような作品を生み出す「ハッピークリエイター」となったのでしょうか。つねに前向きに楽しいことを追求し、新しいことにチャレンジし続けるたかいさんの原動力を探ります。

絵本を通して子どもたちに伝えたいこと

芸大受験のための絵画教室の先生には、本当にお世話になりました。何とか合格して、報告に行った僕に先生はこう言ったんです。「あんたな、入学金は親に出してもらうかもしれへんけど、授業料は自分で稼ぎなさい」って。「うちの旦那が市場でお店をやってるから、あんたそこで雇ってもらったる」って言うんですね。

そんな感じで2年間、そのお店で働きました。朝の4時半に起きて5時からお店に立って8時までアルバイトしていました。でも今考えたら、「なんで僕にやらせたんやろなぁ」と思います。絵画教室には自分以外にもたくさん生徒がいて、そのなかでなぜ僕に声かけたんやろって。ところでこの先生、人に僕を紹介するとき、「この子は表に10円って書いてあって、ひっくり返しても10円って書いてあるような子なんです」って。つまり「裏表がない」と。たぶんそれは僕の個性だから?大事にしていかなあかんなーて思ってます。

「裏表がない」性格だからか、会いたいと思う人にはすぐ会いに行くし、やりたいと思ったらすぐ行動します。僕、中学生のときの夢は漫画家だったんですが、高校で「アニメーター」という職業があることを初めて知ったんですね。アニメーターって面白そうだなと思って、大学2回生のときに、東京のアニメプロダクションに手紙を書いて、スタジオを見学させてもらいに行ったんです。そのときにプロダクションの原画担当の方が紙の束を持ってきてくれて、僕の目の前でパラパラパラっと見せてくれたんですね。「これで、映像にして2~3秒くらいかな」って。衝撃を受けました。その時の僕は、「あっ無理、こんなに根気続かへーん」と思い、行動をしたもののそのときはあっさりあきらめました。

「教育」も興味のある分野のひとつでした。僕、教員免許を取ったんですよ。ただ、2週間の教育実習を通じて思ったのは、自分の専門教科が2割、あとの8割は生徒たちに生活指導ができる人でないと先生にはなれないな、ということ。自分がその役割を担うのは難しいと感じました。ただ、子どもたちに伝えたいことは何かしらあるような気がしていました。だから僕は将来、絵本作家になることでそれを果たそうと決意しました。絵本を通じて子どもたちに思いを伝えたいって。

そのときから20年ほどかかりましたが、絵本を世に出すことができました。それから10年が経った昨年、『ともだちのつくりかた』(大日本図書)いう絵本を出したんです。以前、中学生の男の子が友人に殺されたというニュースを見て、「ありえへん」と思いました。なんでこんなことが起こったんやろって。そのときに考えたんです。「親は選べへんけど、友だちは選べる」って。いい友だちにめぐり逢えたら、こんな悲しい事件は起こらへんかったやろと。それは、きっと大学4回生のときに僕が子どもたちに伝えたかった何かのうちの1つでもあると思うんですよ。

たかいさんから子どもたちへのメッセージ

関連記事

2017/01/20更新

Vol.040 ハッピークリエイター
たかいよしかずさん

「想像力」と「創造力」 2つの「そうぞうりょく」が 生きていく力になる

2016/09/30更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2016/01/29更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!