トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者 赤間亮先生(後編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生  後編

世の中貢献するために
自分の好きなこと突出させよう

赤間 亮 (あかま りょう)
北海道生まれ。都留文科大学卒業後、早稲田大学大学院文学研究科に進学。早稲田大学演劇博物館を経て、1991年より立命館大学に着任。現在、文部科学省グローバルCOEプログラム・立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ」拠点リーダー。日本演劇・日本美術を専門として、著書に『日本文化デジタル・ヒューマニティーズの現在』『イメージデータベースと日本文化研究』(共著、ナカニシヤ出版)、『岩波講座歌舞伎文楽 第四巻 歌舞伎文化の諸相』(共著、岩波書店)など。

日本および世界における博物館・美術館のデジタル・アーカイブの第一人者、赤間亮教授。デジタル・アーカイブとは、有形・無形の文化資源(文化財)をデジタル化して保存し、広く情報を公開することです。赤間先生は、世界に散在する浮世絵などの貴重な史料のデジタル・アーカイブ化に取り組まれています。いまでこそ、世界中の研究者が手軽に史料にアクセスできるとして広く普及しているデジタル・アーカイブですが、赤間先生が着手された当時は、決して関心は高くありませんでした。それをものともせず、地道なこの研究を続けてこられたのはなぜでしょうか。活動の源にある思いや研究のきっかけについてうかがいました。

誰もが閲覧できるオープンな博物館を目指したい

vol37_2_img1

私がデジタル・アーカイブに熱心なのは、「誰もが自由に有形・無形の文化資源を閲覧できるようにしたい」との思いがあるからですが、それは学部の卒業論文を書くときに体験した、ある悔しさが原動力になっているのかもしれません。

卒論のため、江戸期の歌舞伎作者の自筆台本などの原本を確かめたいと、早稲田大学の演劇博物館へ行ったのですが、学部学生には原本の閲覧は許可してもらえませんでした。それでも何度も足を運んでお願いし、ようやく見せてもらうことができました。

その後、その演劇博物館のある早稲田大学大学院に進学したのですが、私の研究対象は、舞台そのものから日本演劇の歴史的な史料そのものへと変わっていきました。そもそも大学院では、私より歌舞伎や演劇に詳しい院生がたくさんいて、なかなか太刀打ちできませんでした。そこで、くずし字が読めるという自分の得意なことを活かせる分野に進んだのです。

ちょうどその頃、研究室にコンピュータを導入することができたのは幸いでした。これまで手作業でカードに書いていたものを、コンピュータにどんどん入力していく仕事を買って出て、一晩寝ずに入力することもありました。この情報整理が当時の私の役割で、今振り返ると、これがデジタル・アーカイブの始まりでした。地道な入力作業は大変と思われるかもしれませんが、好きなことなので楽しかったですね。

折しも、私の指導教授で、江戸歌舞伎研究者の鳥越文蔵先生が、第5代目の演劇博物館館長に就任されました。鳥越先生は、演劇博物館を開放的にしていくプロジェクトに取り組まれたのです。鳥越先生は、史料好きの私をこのプロジェクトを推進するために博物館所属の助手として抜擢してくださり、まずは博物館の所蔵品の情報共有化に着手することになりました。とはいえ、すべての情報を公開できるようにするには、技術がないと難しく、工夫が必要でした。そこで、コンピュータを活用したデジタル・アーカイブへと踏み出したのです。

大変な作業を大変にしないための「工夫」のコツとは?

関連記事

2016/10/21更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.303
公文式の学校導入―村上学園高等学校
<全日制スタイルの通学型・通信制高校>
「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」
Vol.302
TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編
自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLに スピーキングテストができました!~
Vol.301
家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(3)
Vol.300
ヨーロッパの指導者
仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。