トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者 赤間亮先生(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/10/21更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生  前編

世の中貢献するために
自分の好きなこと突出させよう

赤間 亮 (あかま りょう)
北海道生まれ。都留文科大学卒業後、早稲田大学大学院文学研究科に進学。早稲田大学演劇博物館を経て、1991年より立命館大学に着任。現在、文部科学省グローバルCOEプログラム・立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ」拠点リーダー。日本演劇・日本美術を専門として、著書に『日本文化デジタル・ヒューマニティーズの現在』『イメージデータベースと日本文化研究』(共著、ナカニシヤ出版)、『岩波講座歌舞伎文楽 第四巻 歌舞伎文化の諸相』(共著、岩波書店)など。

日本および世界における博物館・美術館のデジタル・アーカイブの第一人者、赤間亮教授。デジタル・アーカイブとは、有形・無形の文化資源(文化財)をデジタル化して保存し、広く情報を公開することです。赤間先生は、世界に散在する浮世絵などの貴重な史料のデジタル・アーカイブ化に取り組まれています。いまでこそ、世界中の研究者が手軽に史料にアクセスできるとして広く普及しているデジタル・アーカイブですが、赤間先生が着手された当時は、決して関心は高くありませんでした。それをものともせず、地道なこの研究を続けてこられたのはなぜでしょうか。活動の源にある思いや研究のきっかけについてうかがいました。

埋もれていた文化資源を見つけ、育てていく

vol37_1_img1

私はもともと日本の文化、特に江戸時代の文学・芸術・芸能が専門です。学びのジャンルが広がったいま、文化は情報としてとらえられていて、今は「日本文化情報専攻」の教員として学生を教えています。これは、文学、絵画、演劇などを情報の観点で探求することに加え、「資源」を管理・整理する図書館学や書誌学などの視点も導入した学問です。

「資源」とは、かつては「史料」と言われていたものです。「史料」だと専門家のみが使う「価値あるもの」だけになってしまいますが、そうではなく、いままで知られていないすべてのものを拾い集め、可能性を広げていくという考え方からきています。これは世界的な潮流となっていて、デジタル・アーカイブの世界でも、「文化財」や「文化遺産」ではなく、「文化資源」と表現する場合が多くなりつつあります。

「資源」は世界中に散らばっており、その一つひとつに命があります。レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画「モナ・リザ」は資源のトップスターと言えるでしょうが、一方でまだ誰にも見向かれない資源もあります。その埋もれていた資源の可能性を見つけ、磨きあげて育てていくのが私の仕事のひとつで、そういう意味では一人ひとりの可能性を見つけて伸ばしていく教育活動と同じですね。

その実現に役立つのがデジタル・アーカイブなのです。大学では、デジタル・アーカイブによる資源の保存や活用を研究しています。今年も、私が指導している大学院生がイギリスにある大英博物館にインターンシップに行ってきました。彼らは研究室で資料の取扱いだけでなく、デジタル技術を修得して、それを武器にして大英博物館が求める「各種コレクションのデジタル化」に貢献できるのです。こうしたデジタル・アーカイブの教育メソッドを実践的につくっていくのも、私の仕事の一つだと思っています。

日本は過去のどの時代においても、世界でもまれにみる魅力的な文化をもっています。海外からは「あれも、これも素晴らしい」と言われるほどですが、当の私たちはそれをあまり意識せずに生活しています。自分たちが考える「価値あるもの」にしか目を向けず、日本文化のもつ可能性を断切ってしまってはいないでしょうか。

しかし、デジタル・アーカイブによって、埋もれている「日本文化の素晴らしさ」にも光が当たる可能性が出てきます。誰もがどこでも閲覧できるので、片隅に転がっていたものが注目を浴びる可能性があるのです。デジタル・アーカイブは学術研究を劇的に変化させましたが、日本への理解が進むことにも貢献すると思っています。

自分で「工夫」をするのが好きだった子ども時代

関連記事

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!