スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/10/21更新

Vol.037

日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生  前編

世の中貢献するために
自分の好きなこと突出させよう

赤間 亮 (あかま りょう)

北海道生まれ。都留文科大学卒業後、早稲田大学大学院文学研究科に進学。早稲田大学演劇博物館を経て、1991年より立命館大学に着任。現在、文部科学省グローバルCOEプログラム・立命館大学「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ」拠点リーダー。日本演劇・日本美術を専門として、著書に『日本文化デジタル・ヒューマニティーズの現在』『イメージデータベースと日本文化研究』(共著、ナカニシヤ出版)、『岩波講座歌舞伎文楽 第四巻 歌舞伎文化の諸相』(共著、岩波書店)など。

日本および世界における博物館・美術館のデジタル・アーカイブの第一人者、赤間亮教授。デジタル・アーカイブとは、有形・無形の文化資源(文化財)をデジタル化して保存し、広く情報を公開することです。赤間先生は、世界に散在する浮世絵などの貴重な史料のデジタル・アーカイブ化に取り組まれています。いまでこそ、世界中の研究者が手軽に史料にアクセスできるとして広く普及しているデジタル・アーカイブですが、赤間先生が着手された当時は、決して関心は高くありませんでした。それをものともせず、地道なこの研究を続けてこられたのはなぜでしょうか。活動の源にある思いや研究のきっかけについてうかがいました。

初めて観た歌舞伎に衝撃を受け、進路を変更

日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者 赤間亮先生

大学では教員になろうと思って勉強を始めましたが、「典型的な教員」に違和感を抱くようになりました。教育者を演じ続けなくてはならない、ということが自分には難しいと思ったのです。

そんなあるとき、たまたま自主ゼミで近松門左衛門の作品をくずし字で読みました。読んでいるうちに、実際に芝居を観てみたくなり、東京の国立劇場まで歌舞伎を観に行きました。いまの四代目坂田藤十郎さんが中村扇雀と呼ばれていたころ、近松作品を上演する「近松座」を結成したのですが、その初回を観ることができたのです。そこで「こんなもの観たことがない!」と大きな衝撃を受けました。すべてが素晴らしかった。これが私の人生の転換点だったと思います。

そこから歌舞伎の勉強をすることに決め、歌舞伎や文楽を見に行ったり本を読んだりして自主的に学びました。好きで勉強しているので、他の学生より詳しくなりますが、当然ライバルも出てきます。
ある学生はたくさんの関連書籍を集めていたので、「負けられない」と、私も集め始めました。やがて6畳の下宿部屋だけでは収まりきれなくなり、大学4年生のときには、同じ長屋の6畳間をもう一部屋借りて、そこを「書庫」にしたほどです。当時、月に10万円くらいは本代に費やしましたね。山中湖畔にある合宿向けの民宿でアルバイトをしてその本代を稼いでいました。

その頃には大学卒業後に教員になるのではなく、大学院で歌舞伎研究をしようと決めていたのですが、背中を押してくれたのが、現在都留文科大学名誉教授の楠元六男先生です。大学1~2年生のとき教えていただいた俳諧の授業に魅了され、親しくなっていきました。私の「書庫」にもよく来てくださり、私にとって兄みたいな存在となっていきました。最終的には楠元先生の勧めで大学院へ行くことを決めたのでした。

関連リンク
立命館大学アート・リサーチセンター


 

日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者 赤間亮先生  

後編のインタビューから

-赤間先生がデジタル・アーカイブに取り組むようになったきっかけとは?
-大変な作業を大変にしないための「工夫」
-赤間先生の考える「学び」とは?

 
関連記事

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

KUMONグループの活動  2022/10/04更新

Vol.457 つくってみよう!遊べる浮世絵

くもん子ども浮世絵コレクションの 「おもちゃ絵」を 実際につくって、遊んで、楽しみましょう!

2015/12/18更新

Vol.027 武蔵大学人文学部教授
小山ブリジット先生

間違いや失敗を恐れずに 好奇心や疑問をもって 心から「好き!」なことを見つけよう

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!