スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/03/25更新

Vol.030

劇団目覚時計 代表 稲垣美穂子さん  後編

心に響く“ことば”の力
感動共有することで
子どもの心豊かに育つ

稲垣 美穂子 (いながき みほこ)

東京都生まれ。日本女子大学文学部在学中に、日活映画『孤独の人』皇太子の恋人役でデビュー。日活で活躍後、俳優座養成所に13期生として入所、本格的女優を目指す。俳優座養成所卒業後は、フリーで映画、舞台、テレビに出演して活躍。1977年に劇団目覚時計を立ち上げ、オリジナルのファミリーミュージカルを全国各地で公演する。1986年には劇作家の内村直也氏を中心に、東急・五島昇氏、元副総理・後藤田正晴氏、ソニー創業者・井深大氏らとともに「青少年の心を育てる会」を設立。演劇を“家族のふれあいの場”と位置づけて活動を続けている。

大学時代に女優として映画デビューし、その後は自ら劇団を旗揚げして、プロデューサーとしても精力的に活動されている稲垣美穂子さん。演劇を通して子どもたちが抱える問題に向き合い、旗揚げ以来40年、親子のきずなや友情などをテーマに各地で公演を続けています。信念と行動力を持ち合わせた稲垣さんは、あのマンガ家で絵本作家のやなせたかしさんをして、「かぼそい身体に宿った強い精神で砂漠に花を咲かせるような仕事を続けていかれるだろう」と言わしめたほど。その情熱の源や演劇活動を長く続けられてきた背景をうかがいました。

「かわいいね」と、まず抱きしめよう

女優 稲垣美穂子

わたしは子どもがいないので、子育てについて自分の体験としては語れませんが、「かわいい子ね!」と思って抱きしめるところから始めればいいのではないかと、よく思います。人は抱きしめられると安心します。安心すると優しく嬉しいエネルギーが身体中に広がって、深い呼吸がわいてきて、リラックスできる。「かわいい」と本当に思えば、声も態度も変わります。子どもは感覚が鋭いので、ちゃんと見ていますし、伝わります。イヤイヤやっていると、すぐ見抜かれますから。

向き合っての会話も大事。芝居ではよく言われるのですが、しゃべるときにおへそとおへそを向き合わせると、会話になります。おへそが反れていたら会話にならない。要はストレートに向き合うことではないでしょうか。大きな声を出すことも、自分の意思を他人に伝えるコミュニケーションの第一歩。ぜひ挑戦してもらいたいですね。

失敗も大事だと思います。なぜなら、その失敗を踏み台にして生きることができるから。「これで失敗したのだから、別の方法でやってみよう」と、他のアイデアが出てきますよね。でも最近は親も失敗させないようにし過ぎだと感じています。「育てる」なんてしなくても「見守って」いてあげればいいんじゃないでしょうか。

わたしもそうだったように、幼いころ親から注意されて残っている言葉ってそうたくさんはないでしょう?はっきり記憶しているのは中学くらいからで、そこまでは親が自分の人生の中で“生きていくために大切だな、必要だなと思った知恵を身につけさせる”。それで十分なのではないでしょうか。親御さんがもっと自信を持ったら良いと思います。

ミュージカルのパンフレットの鼎談で、やなせ先生とNHK元会長・川口幹夫氏(当会三代目会長)と3人でお話をしたとき、私は「わたしたちのミュージカルの対象は0歳から99歳までなので、ターゲットは?と聞かれるととても困る」というご相談をしました。川口氏は「テレビ番組でもね、企画書には必ず年齢層や性別と言ったターゲットが必要です。しかし必ずしも当たるとは限らない。むしろ特定の個人を想定した方が番組としてあたる」とおっしゃいました。やなせ先生も「自分の中で規制をつくらないで」そして「稲垣さんがやりたいと思うこと、ステキだと思うことを……」「やればいいんですね?!」と私。「そう!!」とお二人。うれしかったですね。そして自分がやりたいと思うこと、素敵だと思うことをしっかり見定めて、ゆっくり歩いていけたらと思っています。

今の私のキャッチフレーズ。これは昨年の暮れに初演したミュージカル「小公女セーラ」のそれでもあるのですが、夢見る力は、生き抜く力。こんな時代ですもの。お互いに大きくて力強い夢を追いかけましょう。

 

関連リンク

劇団目覚時計
青少年の心を育てる会
※3月30日(水)に青少年の心を育てる会主催のイベントがございます。
   詳細については、こちらのサイトでご確認ください。

 


 

女優 稲垣美穂子  

前編のインタビューから

-愛があふれる家庭で育った子ども時代
-稲垣さんが日活映画デビューするまでの道のりとは?
-「劇団目覚時計」立ち上げのきっかけとは?

 
関連記事

2016/03/18更新

Vol.030 劇団目覚時計 代表 稲垣美穂子さん

心に響く“ことば”の力 感動を共有することで 子どもの心は豊かに育つ

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!